ミルクジャム黒髪戻しよりヘアカラートリートメントが使える!

カラートリートメント 黒髪戻し

髪染めしたもののなんか似合わない・・・、明るすぎるのでやっぱり、黒髪にもどしたいって思うことはありませんか?

 

そんな時は「黒髪戻し」できる毛染め用カラートリートメントを使って黒く染めてみましょう。人気の「黒髪戻し」の商品をピックアップしてみました。
(販売終了になったり、リニューアルするカラートリートメント多いので、購入前に必ずHPでチェックしましょう)

 

ミルクジャムで髪色もどしの成分って大丈夫?

まずは「LUCIDO-L ミルクジャム髪色もどし #ナチュラルブラック」です。こちらはヘアカラーで、2剤タイプのものです。

 

@コスメ黒髪戻し

ミルクジャムを実際に使った人の口コミを見ると「においが残りにくくて良い」とか「とても気に入っている、つやつやな髪になるのでとても良い」、「泡立つのでムラなく染められる。染色後もぱさぱさせずに満足」といった声がありました。

 

刺激や匂いが少ないということ、5分ほどの放置時間できれいに黒に染まるという点が評価を受けています。

 

気になる成分ですが、髪をいたわってツヤを出す成分として「コラーゲン」「パールエキス」「シルクエッセンス」「ツバキオイル」が配合されています。コラーゲンは髪を太くしたり、ぱさぱさ髪にうるおいを戻る効果があり、パールエキスはツヤ出し効果があります。またシルクエッセンスは髪をさらさらに、そしてツバキオイルは毛髪を保護してくれる成分です。口コミの内容を見ても、自然な黒髪戻しをしながらツヤサラヘアが実現できるとして人気の商品です。

 

ただし気になるのは1剤に含まれている「パラフェニレンジアミン」と「レゾルシン」です。

 

パラフェニレンジアミンはジアミン系の代表的なアレルゲン物質で、アレルギーが発症すると皮膚炎を起こし、腫れや湿疹やかゆみが生じる場合があります。

 

またレゾルシンとともに、「メトヘモグロビン血症」という呼吸困難を起こしかねない症状の引き金になることもあります。アレルギーがひどい場合は即救急車で病院行きという可能性もあるので、気になる人はパッチテストは絶対欠かせません

ビューティーン泡立つミルキー髪色もどしの成分と効果は?

続けて「ビューティーン泡立つミルキー髪色もどしナチュラルブラック」です。

 

カラートリートメント 黒髪戻し

ビューティーン泡立つミルキーも2剤タイプの商品です。ナチュラルブラックの場合、黒すぎず自然な色合いの黒色になります。

 

別カラーであるスーパーブラックを使うと真っ黒になります。黒のトーンの好みに合わせてナチュラルかスーパーかを選択できます。

 

髪に優しい成分として「パールプロテイン」や「シルクプロテイン」が配合されています。パールプロテインは毛髪補修成分で、髪にツヤを出す効果があります。またシルクプロテインも髪のダメージを保護&修復してくれ、さらさら効果が期待できます。見た目もそうですが、手触りの良さもあるのが特徴です。

 

また「テアニン」や「タウリン」といった色持ち成分があるので、時間が経過してもきれいな色をキープしてくれます。こちらも名前の通り、しっかり泡立つのでまんべんなく髪全体の黒髪戻しができるようになっています。

 

ビューティーン泡立つミルキーですが、上のミルクジャムと同様、危険性のある成分があります。

 

「トルエン-2,5-ジアミン」と「パラアミノフェノール」です。トルエン-2,5-ジアミンは上記のパラフェニレンジアミンと似た化学構造なので、出る作用も似ている可能性があると指摘されています。またパラアミノフェノールは発疹や発熱、ぜんそくを起こすと言われています。ヘアカラーを使って過去になにかかゆみや刺激を感じたことがある人はこれらの物質には要注意です。

 

やはり使う前には、アレルギーや皮膚炎など起こしやすい人はパッチテストを行う必要ありますね。

白髪染め用ヘアカラートリートメントは黒染めできる?

最近では白髪染め用ヘアカラートリートメントを使用する人もいます。白髪染め用ヘアカラートリートメントとは要はヘアマニキュアのことです。

 

ルプルプ 黒髪戻し

 

ヘアカラーは髪の内部に色を入れますが、ヘアマニキュアは髪の表面に色素を付けていくのが特徴です。

 

色持ちはヘアカラーのほうが良いですが、髪へのダメージはヘアマニキュアの場合ほとんどないのがメリットですし、白髪染め用ヘアカラートリートメントなら頭皮に良い成分や育毛効果も期待できたりするので、これで黒く染まるなら言うことないですよね!

 

白髪染め用ヘアカラートリートメントの場合、色持ちはだいたい1,2週間と言われています。少しずつ黒染めをしていく感じになりますが実際にはどうなのでしょう?

 

基本的にヘアカラーよりも染まりの良さは落ちますが、このタイプで代表的な商品である「ルプルプ」や「利尻昆布ヘアカラートリートメント」などのように、タール系色素やジアミン系酸化染毛剤を使用していないなど、髪や頭皮に、より優しい商品として人気を集めています。頻繁に白髪染めを重ねるという人であれば、白髪染め用ヘアカラートリートメントがさらに安心感のある商品といえます。

 

実際に白髪がない若い女の子が赤く染めすぎた髪色を黒く戻したいときの黒髪戻しってできるのか検証してみました!

ミルクジャム黒髪戻しよりヘアカラートリートメントが使える!明るく染めすぎた髪の黒染め方法関連ページ

カラートリートメントで黒く染めたい!明るい髪色から自然な色にしたい人の染め方!
カラートリートメントで黒っぽく染めたい!茶髪や金髪の明るぎる髪色を自然な色にして落ち着いた髪色にしたいときの染め方を教えます!学生の黒髪戻しにも応用可能です。
利尻ヘアカラートリートメントで黒髪戻し!安全に黒染めできて超簡単!
利尻ヘアカラートリートメントで黒髪戻しできる?刺激のある成分などなく無添加・天然成分で安全に黒染めできます。明るく染めすぎた髪色をもとの黒髪に戻したいならイチオシ!
ヘアカラートリートメントの使い方!乾いた髪と塗れた髪でどっちが良い?
最近多くの人に人気のヘアカラートリートメントですが、より効果的な使い方をするにはどうしたらよいでしょうか?基本的な2パターンの使用方法について、それぞれメリット・デメリットを調査しました!