白髪を治したい!白髪減らしたいなら、白髪が増える原因を!

白髪は改善するのか?白髪の進行は抑えられる?と思ったことありますか?

 

白髪減らす

 

白髪は遺伝的な要素が強いと言われていて、努力で改善させたり、進行を遅らせることは難しいといいます。残念ですが、ほとんどの女性には、いつか白髪を染めないといけない時期がやってきます。

 

でも、強いストレスや栄養の偏り、免疫力の低下、行きすぎたヘアケアなどの体に良くない条件がそろうと、年齢よりも早く白髪が増えてしまいます。

 

遺伝以外の若白髪が出ているとしたら、ストレスや栄養の偏り、免疫力の低下、ヘアケアの行きすぎを見直してみた方がいいでしょう。

 

少しでも進行を遅らせるためには、生活の改善と毛母細胞が必要とする栄養をしっかり取ること、それとストレスの緩和やリラックスした生活が大切なんですね!

白髪を減らすのに成功した口コミ!白髪から黒髪になったという人を紹介!

信じられますか?白髪を減らすのに成功したなんて話。そもそも白髪を減らすことなんてできるのでしょうか…

 

半信半疑でいろいろ調べてみましたところ実際にはあるようですね。

 

70歳過ぎても白髪のない若杉さん

 

実際に変化があったことがわかりました、白髪を減らすことはできるんですね。

 

若杉さんの食生活は日本の昔からある食材がメインで、お肉や乳製品をとらない、ベジタリアンです。

 

カラダにやさしい消化しやすい食生活を続けストレスフリーであることが第一です。

 

しかし、サプリメントも同じような効果があるので、忙しい私たちはサプリも補助食品にいれると効果的です。

 

白髪を減らすのに効果があったサプリ

 

白髪を減らすサプリ!新たに白髪を増やさないで今より白髪を減らす方法

いろいろなメーカーから白髪を減らすサプリメントは販売されていますが、特に女性に人気で効果大のサプリメントを2つ紹介しましょう。

 

食事でもとることができる栄養素が多いですが、定期的に毎日摂るためにはサプリメントがあると便利ですね。

 

ブラックサプリEX

 

美容内科の医師が監修して作られた白髪を減らすサプリメントがこちら『ブラックサプリEX』です。

 

L-リジン(アミノ酸)、黒ゴマセサミ、アルギン酸(水溶性食物繊維)、ビオチン(ビタミンB群)、オルニチン、パントテン酸(ビタミンB群)、亜鉛、ビタミンC、レスベラトロール(ポリフェノール)が主な成分で、これらをバランス良く配合しています。カプセルタイプで1日3粒。

 

  • 定期コース30日分…初回限定価格4,298円(2回目以降は5,378円)送料無料
  • 定期コース90日分…初回限定価格6,458円(2回目以降は12,776円)送料無料

 

ミレットアップ

 

『ミレット』とは、イネ科のキビの一種で、ヨーロッパでは奇跡の穀物といわれています。豊富なミネラルの含有量に加えて、人間の体内で作ることのできないアミノ酸を含んでいるからなんです。

 

髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質で、18種類のアミノ酸からできています。ミレットに含まれている「体内で作ることのできないアミノ酸」もその18種類の一つなので、体内で作れない分、食品やサプリメントなどで補う必要があります。

 

ミレットアップは、コラーゲン(アミノ酸)サプリメントなんですが、ちょっと珍しいドリンクタイプ。10〜30mlが一日の摂取目安です。粒やカプセルよりも5倍の吸収率を誇るドリンクタイプでおちょこ一杯程度ならどんな味でも軽く飲めそうですよね。

 

精製コラーゲン(豚皮由来)、ミレットエキス、ハチミツ、牡蠣エキス、コンドロイチン、フコイダンエキス、ドロマイト(カルシウム、マグネシウム)、セラミド(こんにゃく由来)、グルコサミン、ヒアルロン酸、酸化防止剤(ビタミンC)などから作られたミレットアップは30日間全額返金保証がついていますので安心して試すことができます。

 

  • らくちん定期便1本コース…初回限定価格4,298円(2回目以降は7,776円)送料870円
  • らくちん定期便2本コース…初回限定価格8,596円(2回目以降は15,552円)送料無料

 

ストレスをためない

 

サプリメント以外でも白髪を減らす方法があります。一つ目は『日常生活の改善』ですが、実はこれが一番重要です!

 

ある程度決まった時間に起きて、適度な運動をし、だいたい定期的な時間に寝る、といったことが基本なんですが、一番大切なのは「ストレスをためない」ということ。

 

この「ストレス」って「疲れ」と思いますが、それだけではありません。心身ともにストレスを多く抱えるのはよくないのはもちろんだけど、人間の体にとってのストレスが、本当の「ストレス」に当たります。

 

たとえば、食生活においてのストレス、ジャンクフードはもちろんですが、暴飲暴食や偏ったものばかり食べる、または極端に食べないというのもカラダの負担になるストレスにあたります。

 

また、あまりにも運動不足や極端に不規則な生活もストレスにあたるので、どれだけ、自分の体に負担になるか、というものを考えていかないといけません。そういうものをすべて排除するだけで自然に白髪も増えなくなり、だんだんと減っていく傾向になります。

 

人間はストレスを感じると全身の筋肉が緊張して血流がわるくなってしまいます。

 

身体の隅々にまで栄養を届けるための毛細血管に、血液がきちんと届かないなんてこともあり得ます。

 

これがストレスで白髪になる一つの原因で、こめかみや顔周りの髪の毛がとくに白髪になりやすいのは毛細血管の血流がわるくなるからなんです。

 

血液にはたくさんの栄養が含まれて全身を巡っていますが、ストレスを感じると血流がわるくなって、その栄養がこめかみや顔周りの毛細血管に届かないのでとくに白髪になりやすくなります。

 

白髪対策によい栄養素!黒ゴマや黒豆、クコの実

 

肉や魚、大豆など良質のタンパク質などは白髪対策におすすめです。髪はタンパク質からできていますので食事のメニューは以下を意識すといいでしょう。

 

  • アーモンド、大豆、牡蠣、エビ、カニ、レバーなど・・メラニン色素の合成に欠かせない成分をふくみます!
  • 鶏肉、ごま、アーモンド、海藻など・・髪の主原料であるアミノ酸の合成に必要!
  • 黒ゴマ、黒豆、ひじき・・セサミンはメラニンの生成を助け、黒豆、黒ゴマでアンチエイジング!

 

ほかには、色素細胞を活性化させるカルシウムや、毛母細胞に血液を送り届ける効果のあるニンニク、レモンなどの摂取も効果的です。

 

とくに、髪に良い食品として、黒ゴマにはセサミンが、黒豆には植物性たんぱく質がそれぞれ含まれています。セサミンはメラニンの生成を助け、植物性たんぱく質は髪の毛の元になります。

 

黒ゴマと黒豆には、他にも共通してビタミンA、E、B群やアントシアニン・ミネラルが豊富に含まれています。アンチエイジング効果の高いビタミンA・Eや、メラニンを作るアントシアニン、血液を作って身体に循環させる銅や亜鉛(ミネラル)のはたらきで白髪を減らす可能性が高くなります。

 

また、クコの実も黒ゴマ・黒豆に近いビタミンやミネラル・たんぱく質などの豊富な成分を含みます。ビタミンEはありせんがビタミンCが含まれますので、亜鉛の吸収と植物性たんぱく質の髪の毛への生成を助けます。

 

普段からの「食生活の改善」もまた白髪を減らす方法の一つになります。現代では食の欧米化によってたくさんの添加物入りの食品が食卓を占領するようになりました。

 

これらを避けた質の良い自然派の食事(和食)を心がけると、体質改善もできて免疫力の活性化にもつながります。白髪を減らすという、実際にはちょっと厳しそうな話も現実味を帯びてきますよね。

白髪は治せる?白髪を減らす亜鉛の効果

結論から言うと、白髪を治せるかどうか確実なことはまだわかっていません。「一度発症した白髪は治せない」という意見もあれば「白髪から黒髪への復活は可能」という意見もあります。

 

白髪減らす

 

どちらの意見が正しいかは今後の研究調査によりますが、しかし現時点で髪を育てるための努力を行うことはできるので、できることからやってみるのがいいですね。

 

毛髪を作る部位に栄養を行き届かせて、白髪発生を遅らせたり、髪の染色プロセスの復活を前提に積極的に働き掛けることはできます。

 

亜鉛 白髪

最近注目されている「亜鉛」についてですが、亜鉛は細胞分裂に大きな作用があり、たんぱく質を毛髪の栄養分に変える役目を担っています。

 

また「チロシン」も重要な栄養素です。チロシンは平たく言えばメラニン色素の原料です。原料が不足すれば当然毛髪への色素沈着は望めません。さらに「銅」も大事です。

 

さきほどのチロシンは、「チロシナーゼ」という酵素によってメラニン色素となりますが、このチロシナーゼが作用するのに欠かせないのが銅です。ミネラル分である銅の不足も白髪の原因として考えられているので、バランスを保たなければならないのです。

 

サプリメントを利用してこれらの栄養素をバランスよく摂取することが、美しい黒髪を維持するのに一役買ってくれるので、気になる人は試してみるといいでしょう。

 

もちろん規則正しい生活を心がけること、ストレスを適度に減らす努力をすることなど、生活習慣の改善も同時に図ることはかなり大きいので、思い当たる人は、そこから始めるのがオススメです。

 

亜鉛にフコイダンにビオチンも含んだ吸収力抜群のドリンク

ミレットアップ

白髪を減らすのに選ぶべきシャンプーやトリートメントとは?

髪にメラニン色素を入れて元気な黒髪にするのは頭皮の奥にある毛母細胞とそのすぐそばにあるバルジ領域。この細胞の機能が低下するとメラニン色素が髪の毛に入らなくなり白髪が増えます。

 

では、毛母細胞の機能が低下する原因は何でしょう。それは、毛穴に残った皮脂汚れが原因で活性酸素が増えて、頭皮そのものが老化してしまうことなんです。

 

普段から皮脂汚れを毛穴に残さないようにしっかり洗うのが一番大切なんですが、活性酸素が増えてしまった頭皮には『活性酸素分解酵素の入ったシャンプー』を使うと良いでしょう。「SOD」や「カタラーゼ」という酵素の入ったシャンプーがおすすめです。

 

haru黒髪スカルプ・プロ

 

白髪予防や抜け毛対策ができるオールインワンシャンプー。ノンシリコンでアミノ酸系シャンプー。30代からの生えはじめの頃から使えて1本でリンスまでできるシャンプーです。

 

3600円(税別)で初回限定送料無料で買えてプレゼント付き。30日間無料返品保証あり。

 

40代女性向けシャンプー・抜け毛対策!

 

ナンバースリー プロアクション フォーシー シャンプー

 

美容業界では有名なメーカーのカタラーゼ入りシャンプーです。比較的、安全なアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーなので刺激が少ない洗い心地になります。

 

Amazonや楽天などで購入できます。価格は1,000mlで3,500円前後です。

 

マーガレット・ジョセフィン  MJシャンプー

 

こちらはSOD入りのシャンプーです。活性酸素除去酵素の作用で頭皮の環境は整いますが、シャンプーとしての洗浄力が弱いのでたまに洗浄力の強いシャンプーを使うとスッキリします。

 

Amazonや楽天などで購入できます。価格は300mlで1,500円前後です。

 

白髪を隠すカラートリートメントの効果

 

美容院でのヘアカラーは、ジアミンアレルギーがあると染めることができません。ジアミンアレルギーの強い味方がカラートリートメントですよね。一気にガツンとは染まりませんが、何回か続けてトリートメントするうちに徐々に気に入った髪色になっていくタイプです。

 

アレルギーがなくて美容院で染めても、2週間もするとまた生え際に光るものが出てきて、1か月経つころには耐えられなくなってしまいます。そうこうしているうちに染めるスパンが短くなっていくんです。

 

そんな人のためのカラートリートメントでもあったりします。次の美容院までのつなぎにリタッチ感覚で染められるので、美容院に行く時間の短縮や、経済的にも助かるんです。

 

どのメーカーのカラートリートメントも染める方法はほぼ同じ。髪の毛全体にカラートリートメントをまんべんなく塗ったら、濡れた髪なら10分、乾いた髪なら20分ほどの放置時間で色水が出なくなるまですすぎます。

 

たったそれだけで白髪が目立たなくなるなんて使わない手はないですよね。

女性の白髪と薄毛の原因は同じ?白髪の原因のメラノサイトの働き!

白髪と薄毛

「メラノサイト」とは毛根に存在する色素細胞のことです。実は髪の毛は最初から黒いわけではなく、このメラノサイトから作られる「メラニン色素」によって色付けされて黒くなって出てくるんです。

 

ですからもしこのメラノサイトが何らかの原因で正しく働かなくなってしまうと、髪の毛は黒くならずに、白髪として現れてしまうんです。

 

またメラニン色素は「チロシン」と呼ばれる物資が「チロシナーゼ」という酸化酵素によって変化した結果生まれるものです。ですからこのチロシンの量が足りないことでも白髪の原因になる場合があります。言ってみれば工場でなにかの製品を作ろうとしても、原料も入荷しなければ工場の機械も故障しているようなものですね。@@

 

また、女性の薄毛の大きな原因の1つは頭皮環境の悪化です。

 

例えばヘアダイやパーマなどの処置をした結果頭皮が傷つくなら髪の成長が妨げられるのは当たり前ですが、髪の毛はもともと毛乳頭に栄養がしっかり行き渡って、毛母細胞における細胞分裂によって成長します。

 

これが、もし血流が悪くて必要な栄養素がしっかり運ばれなくなると頭皮の健康状態が悪くなり、結果髪の毛の成長がうまくいかなくなって、薄毛につながってしまうんですね。

 

白髪の原因はチロシン不足やメラノサイトが不活発になることで、そもそもメラノサイトが不活発になる原因の一つが血流不全ですから、白髪も薄毛も同時に対策するには、血流をよくするということが大事です。

 

白髪を減らしてくれるサプリ(ビオチン)の効果って?

ピルの副作用で白髪が増える?白髪が増える原因について

産児制限や生理痛や月経前症候群のためにピルを服用する女性は少なくありませんが、ピルのようにホルモンに影響する薬を飲む時に気になるのは、その副作用です。

 

ピルを服用すると白髪など毛髪の問題が起こることってあるんでしょうか?

 

ピルと白髪には直接の関係はある?

 

ピル ホルモン剤

ピルの仕組みについて簡単に紹介します。ピルは「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と呼ばれる2つのタイプの女性ホルモンを含んでいます。

 

これを飲むと視床下部という脳の組織に情報が伝わります。そうすると脳は現在の体の状態をいわば勘違いして排卵が抑制されます。その結果妊娠が起こらなくなるというのが基本的なピルの仕組みです。ホルモンバランスを人工的に操作するのがピルの基本的な役割ということです。

 

ではピルの副作用として白髪が増えてしまうということはあるでしょうか?実はこの点についてはまだ科学的に確実な証拠があるわけではありません。しかしその関係性が全くないとも言いきれません。ピルには頭痛や吐き気やおう吐といった別の副作用をもたらす作用が出ることがあります。

 

もしこうした副作用などによって生活習慣に乱れが出てしまえば、食生活や睡眠に関して不規則な感じになってしまったり、ストレスが蓄積してしまうという可能性があります。これらの状態はいずれも健康全般つまり毛髪や頭皮にとっても良い状態ではありません。ですからピルの成分が直接的に白髪を増やすというわけではないにしろ、関節的に症状が出てしまうことはあり得る話です。

 

ピルを飲むと白髪が減ることはある?

 

ピルを飲んでいる人の中には、ピルを飲み始めてから白髪の数が減ったという人もいます。こちらについても確たる根拠があるわけではありません。

 

しかしやはり関節的に影響が出る可能性は存在します。ピルは女性ホルモンの量を増やすものです。そして白髪の発生は女性ホルモンの低下と連動する傾向があります。

 

女性ホルモン量が増える事で白髪が少なくなるという事もあり得るでしょう。ピルは白髪対策のための薬ではありませんが、そういううれしい副作用があるとしても不思議ではありません。

 

ただだからといってそのために意味なくピルを服用すると別の副作用の影響も心配ですので、あくまで避妊や生理関連の症状のために用いるようにしましょう。