アレルギー性皮膚炎は治らない!アレルギーと上手に付き合う方法

 

昔からヘアカラーの危険性はよく言われていますが、実際にアレルギー症状が出てしまったという人はたくさんいます。ではもしアレルギーが起きたら症状がおさまるまでどれくらい時間が必要でしょうか?アレルギーのリスクについて紹介します。

 

アレルギー性皮膚炎の症状が引くまでの期間

 

ヘアカラーでアレルギー症状が起きる基本的な原因は「ジアミン系物質」です。「パラフェニレンジアミン」という名前を目にしたことがある人は少なくないと思いますが、このジアミンという物質には発がん性が指摘されてるだけでなく、繰り返し使うことでアレルギー症状性接触皮膚炎も引き起こすという面倒な特徴があります。

 

アレルギー性皮膚炎

 

アレルギーといってもちょっとかゆくなるとか咳が出る、目がかゆいといった軽症ですむと思ったら大間違いです。ヘアカラーが原因の事故としては重い症状も報告されています。肌がひどくかぶれたり、顔が大きく腫れたり赤くなったり、呼吸困難にもつながることもあります。

 

顔の腫れなどはひどい状態が1週間ほどは続き、きちんと落ち着くまでは1カ月近くかかることもあります。ちなみにこのアレルギーですが、これまでヘアカラーを使っても何の問題もなかったという人でも実は起こる可能性があります。

 

突然ヘアカラーできない体質になることがあるんです。アレルギーはよく、コップに水を注いでいき、ふちの所まで来るとあふれる事に例えられます。コップの大きさが人それぞれなように、アレルギーに対する各自の体質もそれぞれです。

 

でもヘアカラー成分の使用を続けていけばいつかは発症するラインまで来てしまうというわけです。

 

ジアミンアレルギーの場合は治らない!症状が引くだけ

 

ではもし一度アレルギーが発症してしまったらどうすればいいんでしょうか?

 

アレルギー性皮膚炎

その場合はもうヘアカラーを2度と使わない事です。なぜかというとジアミンアレルギーはもう治らないからです。

 

むしろそのままヘアカラーを使い続ければ症状がさらにひどくなってしまう可能性すらあります。ですから残念ですが体のことを考えて使用は中止しましょう。

 

ちなみにアレルギーではなくヘアカラーの刺激成分による単純な皮膚炎もありえます。

 

その場合はわりとすぐに症状がクリームでおさまったりすることもあります。しかし、素人判断でアレルギーかどうかを決めるのはあまり良くありませんから、できるだけ皮膚科に相談してみきわめてもらうのが良いです。

 

刺激による皮膚炎の場合、オロナインなどの軟膏を塗ったり、何もしなくても、きちんと水で洗っていて刺激を与えないようにすれば、頭皮や周辺の皮膚は落ち着いてくるために病院にいかずに終わってしまうケースも多いでしょう。

 

しかし、それまでと同じ白髪染め方法を続けるのはやめたほうがいいでしょう。

 

次回の白髪染め(永久染毛剤を使って)はできるだけ長期間避けるようにし、天然染料のヘナやトリートメントタイプの白髪染めに切り替える。また、頻繁にヘアカラーをおこなわないにしても、ブリーチなしのヘアカラーにするようにし、極力刺激の少ない染め方に切り替えるべきです。

 

ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!刺激が少ない永久染毛剤

アレルギー性皮膚炎は治る?ヘアカラーで発症した場合の対処関連ページ

毛染めアレルギーが心配?頭皮が健康かどうかセルフチェック方法
毛染めアレルギーが心配な人は、早めに自分の頭皮がどんな状態なのかを知るといいです。健康な髪づくりの土台となるのは健康な頭皮づくりです。この2つの関係と頭皮のセルフチェック方法について
髪のうねりを簡単に治す方法!うねりやすい髪質の原因とは?
髪のうねりは加齢のせい?なかなかうまく決まらないうねった髪を簡単に治して、自宅でヘアセットする方法を紹介します。 加齢とともに増加傾向にあるうねり髪の原因も解説。
ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーアレルギーの治療!症状別
ヘアカラーアレルギーは、突然だれにでも起こりえるアレルギーです。もしあなたにかぶれなどのアレルギー症状が起きたら、どんな治療が必要でしょうか!?よく使われる薬について調べてみました!
ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?
市販のヘアカラーでオシャレに髪色を整えたり白髪染めをしたりするのに便利ですが、こわいのは皮膚炎などのリスクがあるということですがその中でも頭痛を起こす場合もあります、その仕組みと対策について紹介します。
ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?突然発症するのはどうして?
「ジアミンアレルギー」になる確率ってどのくらいあるのでしょうか?ヘアカラーを使った白髪染めは染め持ちがいいし、美容院で行えば安心できるって思っていましたよね?でも、ヘアカラーで毛染めを続けていたら、今までかぶれたこともない人が突然アレルギー症状を起こしてしまうという事例が多く言われています。その原因、症状、どのくらいの割合で発症するのか?について紹介します。
アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?
白髪染めのヘアカラーは、市販されているし手軽にカラーリングできるので安全だと思っていませんか?実はヘアカラーに含まれている「パラ系染料」はとてもこわいアレルギー症状を引き起こすことがあるんです。その危険性についてリサーチしてみました!
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法
自宅でヘアカラーする前や美容院で白髪染めする前にできるだけ行いたいパッチテストの方法を紹介します。自分で白髪染めするときも危険な薬剤があるかもしれないので、是非パッチテストはやりましょう。
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
白髪が目立ってきたら、すぐに毛染めをしたくなるけど、生理が近づいているときは注意しましょう。体調が落ちているときは悪影響もある白髪染め、刺激をなるべく受けない白髪染めについて解説します。
ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!刺激が少ない永久染毛剤
ヘアカラーは髪や頭皮にダメージがあることで有名ですが、少しでもダメージを避けるためには、ブリーチなしのヘアカラーが良いでしょう!どんな感じになるのかも紹介します。
中居正広君がヘアカラー剤によるアレルギーで危険な目に!救急外来に行った原因や症状について
元SMAPの中居正広君がヘアカラー剤によるアレルギーを起こして危険な目にあっていたその症状や原因について解説!救急外来に行ってひどくなる前に対処はしたものの・・