ヘアカラーでアレルギーになったら?症状別の処置

ヘアカラーのアレルギー症状

「白髪は隠したいけど、肌やヘアへのダメージはないの?」こんな心配をしていませんか?

 

実は白髪染めのヘアカラーでアレルギーが出てしまうことがあるんです!注意すべき、危険性のあるアレルギー症状とはどんなものでしょうか!!

 

 

すぐに病院に行ったほうがいい症状とは?

 

ヘアカラーのアレルギー症状

よく知られているように、「ヘアカラー」と呼ばれる毛染め剤製品はふつう2つの違う溶剤でできています。よく「1剤」「2剤」と呼びますが、1剤は酸化染料と呼ばれる染毛料、そしてアルカリ剤が入っています。

 

そして2剤には酸化剤(過酸化水素水)が入っています。1剤を使って髪表面のキューティクルをこじあけて、2剤との反応で髪の脱色剤として作用します。

 

そして発生する酸素によって酸化染料が発色します。これがヘアカラーの基本的な仕組みなんですが、実はこの作業は人体に悪影響を与えることがあるんです。

 

症状の程度はいろいろですが、中にはすぐに病院に行くほうがいいものがありますから、まずはあなたの症状をしっかりチェックして危険性がありそうな場合は早めに病院に行く準備をしましょう。

 

まず、頭皮がじゅくじゅくするようになったり、目のまわりや顔が腫れてしまったり、動悸やめまいが起きたりした時は迷わず病院に行きましょう。

 

こうしたアレルギーは、「パラフェニレンジアミン」などの物質が関係している場合があります。これらの物質が皮膚の乾燥部や傷があるところに接触すると、免疫系が働きます。

 

しかし免疫系が敏感に反応しすぎると蒸気のような強すぎる症状が出てしまうのです。重い症状だと、呼吸困難や全身じんましん、意識障害などが発症することもありますので、かぶれを感じたら使用中でもすぐに中止するようにしましょう。(美容師さんに悪いとか感じる前にあなたのカラダへの悪影響を第一に考えるべきです。)

頭皮の痛みやかゆみは軽い?軽度なら自宅で処置?

ヘアカラーのアレルギー症状

ちょっとしたヒリヒリ感やかゆみは、必ずしもアレルギー症状とは限りません。その日の体調が悪かったり、敏感肌が理由で炎症が起きてそうなるときもあります。

 

もし最初のほうにこういう症状を感じても少したてばおさまってくるようであれば、肌の弱さなどが原因と考えられます。

 

しかしもし症状が少しでも増してくるのであればアレルギー反応だと考えられるので、病院で調べてみてもらうほうが良いでしょう。もし単なる炎症であれば、自宅での処置でも大丈夫でしょう。

 

対策としては冷やしたり、熱ダメージを与えないことです。髪の毛をシャンプーする時も、38度以下のぬるま湯にしたり、ドライヤーをかける時は冷風モードにすると良いです。だいたい数日で炎症はおさまってきます。

少し様子見が必要な症状とは?

ヘアカラーのアレルギー症状

実はヘアカラーによる皮膚炎には、「刺激性接触皮膚炎」というものと「アレルギー性接触皮膚炎」とがあります。

 

前者はヘアカラー溶液のアルカリ物質や酸物質が、皮膚の細胞にダメージを与えることでおきる皮膚炎です。こちらの場合は肌がピリピリしたり赤みが出たりしますが、様子を見て炎症がおさまれば極端に心配する必要はありません。

 

しかし後者はアレルゲン物質が原因で起こるもので、最悪の場合死亡例もあります。こちらの場合ブツブツができたり、赤みが顔や耳や首にできたり、頭皮のかゆみがあったりしますが、すぐに症状があらわれずに、6時間後から12時間後に出始め、48時間後くらいにピークになることがあります。この辺を目安にして判断して、危ないと感じたら、様子見などせず、緊急で見てもらえる病院に行くべきです。

 

このように、ヘアカラーを使って赤みやヒリヒリ感を覚えたら、単なる「刺激性接触皮膚炎」と簡単に考えずに、しっかり経過観察をしなければなりません。時間と共にアレルギー症状がはっきりするかもしれないので、皮膚科の診察をすぐに受けられるように、早めに連絡したり備えておきましょう。

 

ビビット放送!ヘアカラーアレルギーが悪化