女性の白髪染め事情!ジアミンアレルギーになる確率とは?

白髪を染めるのに、一般的に使われるヘアカラーは永久染毛剤とも呼ばれています。

 

ジアミンアレルギー

市販のヘアカラーは、手軽に自宅で染められますが髪へのダメージを考えてなるべくしない人が多いでしょう。

 

でも、美容院のカラーリングなら頭皮や髪へのダメージが避けられ安心できると思っていたら、それも甘い考えなのかもしれません。

 

色持ちがよく染まりやすいとして人気のヘアカラーは、美容院で染めてもらったとしても、染める効果が高い代わりにアレルギーになってしまうリスクがあるんです!

 

最近よく聞くジアミンアレルギーの症状やなぜなってしまうのか?またジアミンアレルギーになる確率はどれくらいなのか、について紹介します。

 

 

ジアミンアレルギーとは?

 

ジアミンアレルギー

「ジアミンアレルギー」とは、ざっくり言うとヘアカラー剤(酸化染毛剤)に含まれる「ジアミン系」と呼ばれる酸化染料で起きるアレルギーのことです。

 

「ジアミン」という言葉のつく成分はいくつかあって、代表的なのが「パラフェニレンジアミン」という物質の略称です。このパラフェニレンジアミンはアレルギーを引き起こす可能性が高いことから、危険な酸化染料として取り上げられています。

 

パラフェニレンジアミン以外でアレルギーを引き起こしたという報告が多い酸化染料として、他にも「硫酸トルエン2,5−ジアミン」があります。

 

ちなみに「ジアミン」という言葉は、成分名に「ジアミン」とつかなくても酸化染料全体を表したりすることがあります。それでいえば、「パラアミノフェノール」などもアレルギーの危険性のある酸化染料としてあげることができます。

 

ジアミンアレルギーになる主な原因は?

 

具体的に、なぜジアミン系のはいったヘアカラーを使って毛染めをすると、アレルギー症状が出るのか?について説明します。

 

ジアミン系物質が体に接触した結果、体を保護する免疫系がそれを異物と判断して処理しようとするので起こります。

 

この免疫反応は体を守る大事な機能でもありますが、過剰な反応が起きてしまうと、体に異常をきたし、不快な症状が出てしまったりするのです。

ジアミンアレルギーの主な症状は?

ではジアミンアレルギーになるとどんな症状が発症するでしょうか?

 

代表的なものとしては、かゆみが出たり、肌が赤くなったり、痛みがあったり、顔全体が腫れたり、ブツブツが発生したりといった皮膚炎があります。

 

ジアミンアレルギー

 

簡単に言えばヘアカラーの成分に対してかぶれてしまうということです。

 

このかぶれは正式には「アレルギー性接触皮膚炎」と呼びますが、さらに細かく分けると「即時型」と「遅延型」があります。

 

遅延型の場合、よくあるケースではヘアカラーで毛染めをしてから6〜12時間して悪い症状が出始め、2日後くらいして症状が一番ひどくなります

 

即時型のほうはより深刻な症状になることがあるので、我慢をしていないで、ヘアカラーで白髪染めをしている最中や直後に肌への違和感を感じたら、即洗い流すなどして、症状がおさまらないときはすぐに病院にいくべきです。

 

また、ヘアカラーによるかぶれ(軽度)を繰り返していると、突然ヘアカラー中あるいは直後にじんましんが広範囲に広がり、強いかゆみが生じ、最悪の場合は意識障害や呼吸困難を引き起こしたりします。

 

ビビットで放送されたヘアカラーアレルギー

ジアミンアレルギーになる確率ってどれくらい?

ジアミンアレルギーはすべての人に起きるんでしょうか?

 

残念ながらその可能性は大いにあります。

 

ジアミンアレルギー

よく「花粉症は誰でもなることがある」と言いますが、ジアミンアレルギーについても同じことが言えます。

 

「これまでアレルギー反応がなかったから大丈夫」ということではなく、ある日突然そうなる可能性もあります。

 

アレルゲン物質はいろいろな場所に存在しますが、わたしたちそれぞれのアレルゲン物質の許容範囲は違います。

 

許容範囲が多い人はすぐにアレルギー症状がでることはなくても、どこかで許容範囲を超えてしまえばジアミンアレルギーになるということです。

 

また、一般の人と比べてジアミン系の酸化染毛剤を使ったり接触することが多い人はそのリスクが高まるといえるでしょう。

 

年代別に起こるジアミンアレルギーとは?

 

ジアミンアレルギーはジアミン系の染毛剤に触れる頻度が高いほど、発生の確率が高まることがわかります。

 

毛染めの頻度を年代別にまとめたところ、「一ヶ月に一回以上」の頻度で毛染めを行う割合は、50歳代で5割を超え、60歳代でさらに頻度が高くなることが、消費者安全調査委員会の調査でわかりました。

 

つまり、年代が上がるにつれて毛染めの頻度が上がり、その分ジアミンアレルギー発生の確率が高まっているのです。

 

ヘアカラーで白髪染めする前にパッチテストは必須

 

消費者安全調査委員会が、自宅でヘアカラーを使う消費者が、使用前に添付の使用説明書を読むかどうかの調査を行いました。

 

調査結果によると、「使用方法」を読む消費者は過半数であったものの、「使用前の注意」、「使用時の注意」、「次の方は使用しないでください」という注意喚起に関する説明を読むという回答は半数にも達していません

 

カラーリング剤の外箱には、「アレルギー反応を起こすことがある」ということ、「毎回必ず染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください」ということが明記してあります。

 

パッチテストのみが、ジアミンアレルギーから自分の身体を守る唯一の方法と考えてもいいでしょう。パッチテストを毎回することで、皮膚トラブルの危険性を最小限にとどめます。。

 

また、はじめからアレルギーが心配な人は、ヘアカラーではなくヘアカラートリートメントやヘアマニキュアで染めるこをおすすめします。

 

使用頻度が増すたびに、ジアミンアレルギーになってしまうリスクが高まるので、ヘアカラーで染めるのは年に1回か2回程度に抑えて、普段は一時的に染めるだけのヘアカラートリートメントにかえるというのがよいでしょう。

 

天然成分で染める利尻ヘアカラートリートメントの口コミ!レビュー

ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?突然発症するのはどうして?関連ページ

毛染めアレルギーが心配?頭皮が健康かどうかセルフチェック方法
毛染めアレルギーが心配な人は、早めに自分の頭皮がどんな状態なのかを知るといいです。健康な髪づくりの土台となるのは健康な頭皮づくりです。この2つの関係と頭皮のセルフチェック方法について
髪のうねりを簡単に治す方法!うねりやすい髪質の原因とは?
髪のうねりは加齢のせい?なかなかうまく決まらないうねった髪を簡単に治して、自宅でヘアセットする方法を紹介します。 加齢とともに増加傾向にあるうねり髪の原因も解説。
ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーアレルギーの治療!症状別
ヘアカラーアレルギーは、突然だれにでも起こりえるアレルギーです。もしあなたにかぶれなどのアレルギー症状が起きたら、どんな治療が必要でしょうか!?よく使われる薬について調べてみました!
ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?
市販のヘアカラーでオシャレに髪色を整えたり白髪染めをしたりするのに便利ですが、こわいのは皮膚炎などのリスクがあるということですがその中でも頭痛を起こす場合もあります、その仕組みと対策について紹介します。
アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?
白髪染めのヘアカラーは、市販されているし手軽にカラーリングできるので安全だと思っていませんか?実はヘアカラーに含まれている「パラ系染料」はとてもこわいアレルギー症状を引き起こすことがあるんです。その危険性についてリサーチしてみました!
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法
自宅でヘアカラーする前や美容院で白髪染めする前にできるだけ行いたいパッチテストの方法を紹介します。自分で白髪染めするときも危険な薬剤があるかもしれないので、是非パッチテストはやりましょう。
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
白髪が目立ってきたら、すぐに毛染めをしたくなるけど、生理が近づいているときは注意しましょう。体調が落ちているときは悪影響もある白髪染め、刺激をなるべく受けない白髪染めについて解説します。
ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!刺激が少ない永久染毛剤
ヘアカラーは髪や頭皮にダメージがあることで有名ですが、少しでもダメージを避けるためには、ブリーチなしのヘアカラーが良いでしょう!どんな感じになるのかも紹介します。
アレルギー性皮膚炎は治る?ヘアカラーで発症した場合の対処
ヘアカラーが原因のアレルギー症状は決して軽いものではありません。アレルギー性皮膚炎で済む場合もあれば、ジアミンによる影響だと二度と使うことができなくなったりするし、場合によっては命にもかかわる可能性があります。アレルギーがもし発症したらどうしたら良いでしょうか?
中居正広君がヘアカラー剤によるアレルギーで危険な目に!救急外来に行った原因や症状について
元SMAPの中居正広君がヘアカラー剤によるアレルギーを起こして危険な目にあっていたその症状や原因について解説!救急外来に行ってひどくなる前に対処はしたものの・・