パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?

パラ系染料危険

「最近白髪が目立つようになってしまった・・」実際に白髪がでてくる40代になって、本格的に白髪がでてきてからこんな悩みを抱えている人は結構多いものです。

 

でも白髪を隠そうとして適当にヘアカラーを使うと、実は危険だっていうこと、意外に知らない人も多いんですね。

 

ヘアカラーの染毛剤で、特にパラ系の染料に潜む危険性についてご説明します!

 

 

パラ系の染料とは?

 

パラ系の染料とは、いわゆる「永久染毛剤」と呼ばれるヘアカラーの中によく含まれる物質で、以下にあげるタイプがあります。

 

染料中間体は以下

  • パラフェニレンジアミン(PPD)
  • パラトルエンジアミン(PTD)
  • パラアミノフェノール(PAP)
  • パラメチルアミノフェノール

 

直接染料は以下

  • ニトロパラフェニレンジアミン(ONPPD)
  • パラニトロオルトフェニレンジアミン
  • パラメトキシメタフェニレンジアミン

 

これらの物質は酸化染毛剤に含まれている場合があり、中には強力なアレルゲン物質になるものがあります。とりわけ強いのは「パラフェニレンジアミン(PPD)」です。

 

ヘアカラー剤が原因で起きるアレルギーのことをよく「ジアミンアレルギー」と言いますが、ジアミンとはもともとこのパラフェニレンジアミンの略のことです。今では他の酸化染料を指すこともありますが、ここだけ見てもパラフェニレンジアミンの危険性が現れています。

 

この物質は多くのヘアカラー製品に使われていますが、ヨーロッパでは使用が全面禁止になるほどの物質です。

 

パラ系染料が引き起こす症状は、基本的に接触性皮膚炎(かぶれ)です。かゆみや赤み、湿疹、頭皮がじゅくじゅくすることなどが挙げられますが、動悸、めまいなどがともなうこともあります。

 

また繰り返しかぶれが生じているのに繰り返しヘアカラーを使い続けると症状がさらにひどくなってしまい、場合によっては体中にじんましんが現れたり、血圧が低下して意識に障害が出たり呼吸困難になるケースもあります。

 

他にも目に入ったら最悪の場合失明したり、白内障になる可能性があるなど、皮膚炎だけでなくいろいろな障害をもたらしかねません。

アレルギーが出たらすぐに病院に行くべき!?

軽いかゆみやヒリヒリ感であれば、アレルギー性のものではなく、「刺激性接触皮膚炎」の可能性があります。こちらは特にアレルギー体質でなくても起こる皮膚炎で、ヘアカラーの化学物質が皮膚を傷めて起きる炎症です。

 

この場合は皮膚に刺激があったり紅斑が出たりして、ちょっとびっくりしますが、薬剤をしっかり洗い流して(38度くらいのぬるめのお湯で洗う)その後経過を観察してみて、炎症がおさまってくるようであれば大丈夫でしょう。

 

しかし、かゆみだけでなく、頭皮や目の周りや顔周りが腫れたり、湿疹が見られるようなら落ち着いていてはいけません。

 

パラ系染料によるジアミンアレルギーの可能性があるため、この症状が出たらできるだけ早く皮膚科を受診するのが安全です。

 

ヘアカラー剤によるアレルギーには、すぐに症状があらわれないものもあり、しばらくしてから発症して、2日後くらいが一番ひどい症状がやってくることがあります。そういう場合にヘアカラーによるアレルギーだとイメージできないケースもありますが、パラ系染料を使うにあたっては、数日間は皮膚トラブルに警戒する必要がありますので、特に肌が弱い人や体調が落ちている時期は注意したほうがいいでしょう。

 

ちなみに一度アレルギー症状が出たら、ヘアカラーは二度と使わないのが鉄則なので、このジアミンアレルギーなのかどうかの判断も皮膚科で見てもらって行うほうがよいでしょう。

アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?関連ページ

毛染めアレルギーが心配?頭皮が健康かどうかセルフチェック方法
毛染めアレルギーが心配な人は、早めに自分の頭皮がどんな状態なのかを知るといいです。健康な髪づくりの土台となるのは健康な頭皮づくりです。この2つの関係と頭皮のセルフチェック方法について
ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーアレルギーの治療!症状別
ヘアカラーアレルギーは、突然だれにでも起こりえるアレルギーです。もしあなたにかぶれなどのアレルギー症状が起きたら、どんな治療が必要でしょうか!?よく使われる薬について調べてみました!
ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?
市販のヘアカラーでオシャレに髪色を整えたり白髪染めをしたりするのに便利ですが、こわいのは皮膚炎などのリスクがあるということですがその中でも頭痛を起こす場合もあります、その仕組みと対策について紹介します。
ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?
ヘアカラーを使った白髪染めは根強い人気がありますよね?でもヘアカラー製品による皮膚炎などのトラブルはたくさん報告されてるんです。よく聞くのが「ジアミンアレルギー」という問題ですが、これってどんなトラブルなんでしょうか!?
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法
自宅でヘアカラーする前や美容院で白髪染めする前にできるだけ行いたいパッチテストの方法を紹介します。自分で白髪染めするときも危険な薬剤があるかもしれないので、是非パッチテストはやりましょう。
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
市販のヘアカラーや美容院で白髪染め中や直後にアレルギー症状でたらすぐに対策が必要です。頭皮や周辺の皮膚の赤みやかゆみや痛みの症状によって自宅で対処するだけで改善する場合もあり、すぐに病院での治療が必要なくらい深刻なこともあり。症状による見分け方や治療法など、またかぶれない安全な白髪染めについてもご案内します。
ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!刺激が少ない永久染毛剤
ヘアカラーは髪や頭皮にダメージがあることで有名ですが、少しでもダメージを避けるためには、ブリーチなしのヘアカラーが良いでしょう!どんな感じになるのかも紹介します。
アレルギー性皮膚炎は治る?ヘアカラーで発症した場合の対処
ヘアカラーが原因のアレルギー症状は決して軽いものではありません。アレルギー性皮膚炎で済む場合もあれば、ジアミンによる影響だと二度と使うことができなくなったりするし、場合によっては命にもかかわる可能性があります。アレルギーがもし発症したらどうしたら良いでしょうか?