ヘアケアマイスターとは?

ヘアケアマイスターは、2012年よりこの資格を与える授与式が始まったので、まだまだ新しい称号なんですね。内容は、ヘアケアの知識が豊富でお客様の毛髪診断が正しくできていること。更に、ヘアケアに対する処置やアドバイスが的確にできるという証明です。

 

ヘアケアマイスター認定試験

  • 毎年5月・10月に認定試験あり
  • 3段階の資格:プライマリーコース→ミドルコース→ヘアケアマイスター

 

ヘアケアマイスターの役目としては以下のことができていないと資格を授与してもらえないようで、かなり厳しい基準です。

 

現状説明

  • 毛髪診断、髪質を見極める。
  • ダメージ度チェック
  • お客様に現状を理解してもらうこと。

 

技術説明

  • 理論説明がお客様に安心感をつくること
  • お客様の権利保護(品質を求める)
  • プロとしての責任

 

お手入れ方法

  • プロとしてのアフターフォロー。
  • お客様が支払う料金に含まれている。
  • お客様にとっての1/60(60日保証)

 

なんだか、すごく立派な美容師さんであることは間違いないでしょう。私はいつも美容室では、沢山の質問をするのですが、ヘアケアマイスターの方の返答ってどうなのか、ちょっと気になります。まだまだ始まったばかりの資格で、今のところ、それほど沢山の方が取得しているわけでないので、限られた美容室にしかこのヘアケアマイスターの有資格者はいません。

 

東京都の吉祥寺のfamille raugh 〜ファミーユ・ラグ〜や神奈川県川崎市にあるRize(ライズ)など・・・。今度担当の美容師のお兄さんにこの件について質問してきます^^