白髪が目立たない髪型にヘアアレンジしたい!

白髪目立たない髪型

 

増える白髪のせいで髪型が決まらない…と悩む人も多いですよね。髪型だけで目立たなくできるのは白髪が黒髪の30%までと言われます。

 

しかしヘアカラー(永久染毛剤)で毎月染め続けるのは頭皮と髪にダメージが大きいし、お金もかかる…。

 

白髪が目立たない髪型とアレンジで、白髪染めの頻度を落とすことができるのではないでしょうか?白髪を感じさせないテクニックを動画や写真でわかりやすく紹介しますね!

【髪型】前髪とヘアスタイルを変えて白髪が目立たない髪型へ

白髪目立たない髪型

一番白髪が目立つ頭頂部と顔周りの生え際は、前髪の作り方でカバーするのがおすすめです。

 

頭頂部から髪の毛をまっすぐに下ろして前髪を作ると生え際の白髪が目立ちにくくなります。(この方法は美容師さんがよく前髪を増やす方法としても使いますので、前髪が薄くなってきている人には特におすすめ)

 

さらに分け目をギザギザにして分けるとより目立たなくなります。山口智子さんのような大人かわいい雰囲気が好きな人にはピッタリです。

 

ショートヘアで若々しい印象に

白髪目立たない髪型

 

白髪が目立たない髪型で一番おすすめなのがショートヘアです。

 

分け目も目立たず、ふんわりボリュームを出すことで若々しさもだすことができます。

 

頭頂部にポイントパーマをかけて、前髪を長めに作り自然に横に流せば吉瀬美智子さん風ショートヘアの出来上がりです。

 

パーマで華やかさを演出

 

白髪目立たない髪型

白髪に一番NGな髪型はペタッとしたストレートです。

 

老けた印象を与えるだけでなく白髪も目立ち年齢より上に見られることも。

 

全体的に大きくパーマをかけることでロング・ボブスタイルでも白髪を目立たなくできます。

 

松嶋菜々子さん風の華やかパーマスタイルは、目鼻立ちのはっきりした人におすすめです。

【結び方】こなれ感あるまとめ髪で白髪が目立たない髪型へ

 

家事をするときや事務仕事をするときも、肩より長い髪の毛はけっこう邪魔になりますよね。後ろで結んで仕事(家事)に取り掛かる人も多いと思いますが、どうでしょうか?

 

「ピタッ」ときつめに結んでしまいがちですが、その結び方ではかえって白髪を目立たせてしまいます。結び方で白髪を隠すポイントは2つあります。

 

毛の流れをふわっとさせること、表面とトップにボリュームを出すこと。

 

この2つを守れば髪の毛のハリ不足まで目立たなくしてくれます。

 

後ろでふんわりまとめてオシャレ感アップ

 

生え際とこめかみ付近の白髪を目立たなくするのにピッタリなまとめ髪です。手ぐしでできるので忙しい朝でもすぐにアレンジできます。

 

髪全体にワックスやヘアクリームをつけておくと、きれいにまとめられますよ。髪の毛の少ない人には特におすすめの髪型なので、うす毛やねこ毛が気になっている人におすすめです。

 

 

ふんわりハーフアップは頭頂部の白髪に〇

 

頭頂部の白髪が気になる人におすすめなのは上半分だけをまとめるハーフアップです。

 

頭頂部の薄毛まで隠すことができるうえに、華やかな雰囲気になれる万能スタイルです。シュシュで結ぶ、お気に入りのバレッタで留めるなどアレンジも広がります。

 

【整髪料】ワックス使いで白髪が目立たない髪型へ

 

年齢を重ねた髪の毛はツヤとハリが不足して老けた印象を与えてしまいます。

 

白髪目立たない髪型

 

さらに傷みが加わるとパサつくので生えかけの白髪がピョンピョンと飛び出てしまいます。

 

そんな症状はワックスとヘアクリームで解決しましょう。中でもおすすめはツヤ感をプラスしてくれるワックスです。

 

適度な硬さでボリュームを出しつつ、白髪を目立たなくしてくれる優れものです。傷んだ髪には洗い流さないトリートメントもおすすめです。塗るだけの手軽さでハリとコシがでて痛みを修復、白髪をカバーしてくれます。

 

画像元:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170720/Real_Live_34030.html

【アレンジ】ヘアアイロンでふんわり♪白髪が目立たない髪型へ

白髪目立たない髪型

 

白髪はボリュームのある髪型のほうが目立たないので、大きめのヘアアイロンを使うのも効果があります。

 

太さは32mmが初心者でも扱いやすいです。前髪・根元・毛先を大きく巻くだけで白髪をカバーしてくれます。

 

あまりカールを出したくないなら、くるくるドライヤーがいいでしょう。

 

最近のドライヤーはマイナスイオンの力で髪にツヤをだしながらクセも伸ばすというものもあり、ヘアビューロンといいます。

 

管理人も使っているのでぜひチェックするといいですよ。何度使っても髪が傷まないので、毎日使えます♪

 

ヘアビューロンの口コミ★髪が傷みやすい人におすすめヘアアイロン

【カラーリング】カラーと合わせて白髪が目立たない髪型へ

 

白髪を目立たなくする方法で真っ先に思いつくのがカラーリングですよね。しかし頭皮と髪にダメージがあるので、できれば年に2回くらいまでにおさえるのがおすすめです。

 

カラートリートメントを普段使いにして、白髪が長くなってきたら、美容院で永久染毛剤で染めるというやり方なら、年2回でも十分白髪を目立たなくする効果があります。

 

アッシュ系のショートは最強

 

自分の髪色に合わせて黒や茶色にする人が多いですが、カラー後しばらくすると白髪が目立ちやすい色です。

 

白髪に着色した色が落ちてくると、赤くなってキラキラ光る経験をした人も多いでしょう。

 

これを避けるにはアッシュ系のくすんだ色で染めるのがいいです。アッシュ系は白髪が赤く変色するのを防いでくれるので、きれいな色を長持ちさせることができます。

 

ブリーチでスタイリッシュにキメる

 

髪全体をカラーリングすると気になるのは髪の毛の傷みですよね。そこを解決するのが部分的にブリーチでメッシュを入れる染め方です。

 

メッシュやウィービングと呼ばれる傷みを最小限にする方法で、メッシュ部分が自然に白髪を目立たなくしてくれます。髪型に立体感もでるので、おしゃれに見えるメリットもあります。

"魅せたくなる"白髪が目立たない髪型

 

頭皮と髪を傷めずに白髪を目立たなくする方法を紹介しました。

 

白髪は減ることがないのでこのようなテクニックを使って、白髪染めする頻度をなるべく少なくするのが、頭皮ダメージを少なくできるコツにつながりますし、忙しい人でも、飽きずに自宅で白髪染め(カラートリートメント)とでうまく付き合っていくのが賢いやり方ではないでしょうか?

 

なかなか1週間に1回といっても、普段のシャンプーより余分に染める時間って考えるとおっくうになってしまうのですが、2週間に1回なら、苦痛を感じないと思いますよ。

 

美容院で定期的に白髪染めする人でも月に1回でしょう、月に2回の自宅でカラートリートメントという生活なら、案外楽にこなせるものです。

 

もちろん、自分の髪質やライフスタイルに合った方法を試してみて最終的に自分に合った髪型を見つけるのが一番いいですよ^^