利尻ヘアカラートリートメントのブラックはとダークブラウンの比較★染めた後の仕上がりの違い

ルプルプのモカブラウンが良かったので、利尻ヘアカラーのブラックはどうか?と思い、いつもダークブラウンだったけど、今回はブラックを注文しました。

 

利尻昆布ヘアカラー口コミ

 

既に前回染めた白髪もすっかり、色が落ちて白髪まるみえで、頭のあちこちが白髪になりました。

 

利尻昆布ヘアカラー口コミ

 

今回はしっかり染めてみたいので、ブラックでどう染まるか楽しみです・・こんな感じ。

 

ヘアカラートリートメント 比較

 

いつも染まりにくい前髪〜生え際の白髪は?

 

ヘアカラートリートメント 比較

 

どうでしょうか?やはり、ダークブラウンよりも黒っぽいこげ茶に染まってるのわかりますか?

 

カラートリートメントは、髪の元の色より濃く染まることはありません。黒髪を黄色っぽく薄い色に染めるのはできないのです。

 

白髪にだけしっかり色が入ります。元の髪色が茶色なら、ダークブラウンを選びがちだけど、白髪が染まると明るく染まるので、ライトブラウンになってしまいます。

 

ブラックを選べば、明るくなるのでダークブラウンの色味になるようです。

 

 

利尻昆布ヘアカラー 口コミ

 

カラートリートメントを普段から使っている人にひとこと!

 

普段使っているシャンプーに要注意!ノンシリコンシャンプーにはもうしていますよね?
さらに、アミノ酸系の弱酸性成分の配合が多いシャンプーを選べば、本当に白髪染めの色もちがすごく変わります。
もし、あなたが当サイトで人気上位で紹介してるカラートリートメントを使用していて、なかなか染まらない、やすぐに落ちてしまった、場合は、シャンプーを見直したほうがいいでしょう。
特にシャンプーには、界面活性剤が使用されるのが多く、これは洗浄力はあるけど、肌への悪影響が多いので、極力使わないようにしたほうがいいでしょう。

 

おすすめシャンプーランキングはこちら

成分と色味で比較!利尻ヘアカラートリートメントのブラックとダークブラウン

利尻カラートリートメント 色選び

利尻ヘアカラートリートメントが4色展開です。

 

だいたいの人はダークブラウンかブラックで迷うのではないでしょうか?

 

やはり日本人は黒髪かこげ茶の人が多いので、白髪を染めるならブラックでしょ!って思う人が多いのは当然です。

 

4色の色展開

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

 

カラートリートメントで白髪染めすると白髪でない髪の毛の色の変化はほとんどありません。艶が出たな、って感じです。

 

しかし、白髪を部分は黒い色を入れてもちょっと薄めの色になります。

 

つまり・・白髪をカラートリートメントで染めても、真っ黒には染まらず少しブラウンっぽく仕上がります。それなら、いっそ茶色を選んでメッシュっぽくしてしまっては?と思うのですが、それぞれの髪色に合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

髪の全体の色が茶髪なら、ライトブラウンでOKですが、ほとんどの人は、ダークブラウンかナチュラルブラウンで良いと思います。

 

利尻カラートリートメント 色選び

 

上の画像のように、利尻カラートリートメントのHPで色選びに出ているお姉さんは、ナチュラルブラウンを使っていますね。人気の色味なので、やはり見本に使っていますね。

 

染料を絞っただけでは、比較できないですが、成分の違いを見てみましょう。

 

ダークブラウン、ブラックの成分は?

 

以前は利尻カラートリートメントのHPで色別に成分が紹介されていたのですが、2017年8月より変更になったようで、今はすべての色で統一されてしまいましたので、色別の成分が詳しくわかりません。

 

全色の共通成分表

 

水(特殊水)、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、BG、イソペンチルジオール、パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、リシリコンブエキス、ローヤルゼリーエキス、アルギン酸Na、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、水添ヤシ油、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ミリスチン酸、ボタンエキス、プラセンタエキス、フユボダイジュ花エキス、パーシック油、ニンニク根エキス、トコフェロール、センブリエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ステアリン酸グリセリル、ゴボウ根エキス、ゲンチアナ根エキス、カワラヨモギ花エキス、カミツレ花エキス、オランダガラシ葉エキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジン根エキス、オクラ果実エキス、エタノール、アルニカ花エキス 、アルテア根エキス、PEG-40水添ヒマシ油、オオウメガサソウ葉エキス、ユズ果実エキス、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、加水分解コンキオリン、ポリクオタニウム-10、AMP、PPG-3カプリリルエーテル、イノシトール、グリチルリチン酸2K、バチルアルコール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリアミノプロピルビグアニド、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、水溶性アナトー、加水分解クチナシエキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57

 

ブラックは髪を黒く染めたいときに使うのがおススメ!

 

白髪染めの普段使いは、ダークブラウンかナチュラルブラウンで良いですが、ブラックはあまり使う機会がないの?って思いますか?

 

実は、髪をなるべく黒っぽく染めたいときにかなり利用できるカラートリートメントです。

 

つまり、黒髪戻し、として本当によく染まります。明るい髪色を黒に戻すのに、ジアミン入りのヘアカラーなら当然黒く染まりますが、なるべく自然な染料で刺激を避けたい場合、カラートリートメントの利尻カラートリートメントを使って黒くするのはすごく効果的です。

 

カラートリートメントで黒髪戻しできる!黒染め検証

 

明日、バイトの面接があるとか、就職試験の前とか急いで、黒っぽくしたいときは結構使えるんで利用できます。

 

ほかのカラートリートメントにも、黒っぽい色がありますが、ルプルプカラートリートメントだと、ソフトブラックになってしまうので、ちょっと明るくなってしまいますね。

 

利尻カラートリートメントのブラックも一本持っておくと便利ですね。