ヘアカラートリートメントは「頭皮が痛い」人向き!美容院のカラーリングとの比較

 

カラーリング中に頭皮が痛い!どうする?

 

ヘアカラー 痛い

ヘアカラーしている最中に頭皮が痛いけどすぐに美容室の女性に声をかけて、痛いと主張する人は意外と少ないですね。

 

なるべくダメージレスで仕上がるように、シャンプーやヘアトリートメントで保湿性があり栄養たっぷりのものやヘアダメージがないような配慮の使い方をしているはずだけど、それでも、沁みるときは沁みるのですよね。

 

もちろんアレルギー体質の人は、初めての毛染めで症状が出たりしますが、一般的には何度もヘアカラー剤を使った経験のある人が、ある日突然そのような症状になることがほとんどなのです。

 

これは、花粉症と似た状態で、その人それぞれのコップのような容量があり、一定の容量を超えてしまうと、突然にアレルギーを起こしてしまうという現象です。

カラー剤がしみる理由

美容室のヘアカラー方法やホームカラーは、2剤式で行う場合が多く、色を抜いてから染料を使って染めます。その中でも特に頭皮が痛む原因となる成分は以下です。

ヘアカラー剤に含まれる刺激成分

  • ジアミン系染料
  • アルカリ成分
  • 過酸化水素水

金髪 ブリーチ

この3つの全てに刺激を受けて痛んでいるか、どれかに反応しているか、ですが、特にブリーチ(脱色)を強くすると頭皮がかなり痛む傾向にあるので、なるべくブリーチはしないで染めるだけにしたほうがいいでしょう。

 

おしゃれ染めで白髪や金髪に染める場合、いったん黒髪の色を抜かないといけないため、何度も回数を重ねてブリーチを行うため、髪は根元から毛先まで死んでしまうし、頭皮も痛くなるし毛穴から刺激成分が微量なりとも入ってしまう可能性もあるので、美容師のなかでもおすすめメニューとは言えません。

 

キューティクルを大事にして、髪の傷みを極力抑えたヘアアレンジをしてあげたいと願っているのが美容師さんなので、白髪を染めるときも、黒髪を生かした染め方をすすめています。

 

また、既に、頭皮に傷が出来ていたりすれば当然頭皮に沁みて痛くなるので、白髪染めする前に傷があるときは、なるべく日をあけたほうがいいでしょう。

 

あと、ジアミンや過酸化水素によって、肌がかぶれている場合もあります、それだけ刺激が強い薬剤なので、注意をすること、他にも単純に薬剤が合わないということもあるので心配な人は事前にパッチテストを必ずしておきましょう。

管理人の「頭皮が痛い」体験談!美容院のでカラーを続けると今に前髪からハゲになる気がしました。

何年も続けて毎月ほとんど美容室で白髪染めをしていたんです。

 

一番いいトリートメントを毎回していたし、白髪染めだけで毎回15000円も払っていました。だから、全く大丈夫と安心していたんですね。

 

頭皮が痛い

でも、突然いつも同じ毛染め剤を使用しているはずなのに、ヒリヒリしたんです。美容師さんにそれを伝えたんですが、大した対策はとらずに、そうですか・・と言われただけです。

 

だって、最高のトリートメントを使っていたし、赤茶っぽくなく黒に近い白髪染めだったので、それ以上、弱い白髪染め法は美容室にはなかったんだと思うんです。

 

それから数週間後、気が付いたのがお風呂で髪を洗っている時。延々と抜け毛が続くんです。

 

何度も何度もお湯で髪の毛を流して、手ぐしをすると、するすると髪が抜けていきます。それを見ていたら、ドキドキしてきました。

 

だって、こんなに一度に髪が抜けたら、絶対ハゲじゃん!って思ったから。

 

その後、鏡で頭皮を覗くことに。頭皮が、赤くただれているような色だったんですよ。怖くなって、それから、美容室行くのやめちゃいました。。。もうすぐ一年かな。

 

頭皮の赤みがとれるのには2ヶ月半くらいかかりましたね。結構やられていたみたいです。

 

他のページにも書いてあるけど、毒物って、口から入るよりも肌から入ってしまうほうが人体への影響が強いんだって。

 

ココナッツオイルに要注意

ココナッツオイルアレルギーの人も今多いらしくて、あれ、口から入ってなんともなかったのに、体から入ってアレルギー反応がすごく出ている人が多いらしいです。

 

なぜ?の現象はネット検索すればすぐに出てくるけど、軽く説明すると、胃の中に入ると、異物混入したことによる特殊部隊のような機能が人間の体にはあるけど、肌の毛穴から入った場合の異物混入による特殊部隊が少ないということです。

 

特に高度成長期を過ぎた日本人は、とってもばい菌や細菌に対して弱いからだなんですね。

 

昔の人はばい菌にまみれた生活に、いつも遭遇していたので免疫力が高かったんですよ。

 

そういうわけで、肌から入る異物(毒物)に対する私たちの抵抗力ってとっても貧弱。。。そして長年にわたり、ずっとたまっていくらしく、ある日突然、その毒に耐えられなくなり、莫大な反応をしてしまうんです。

 

来月ハゲになりたくないあなたは、いままでの白髪染めについて、ちょっと考えた方がいいでしょう。

続けていると頭皮がヤバイ!その後どうなる?

まず、ジアミン系染料にかぶれているとしたら、これはアレルギー症状なので、もう続けることはできません。⇒ビビット放送!ヘアカラーアレルギーは突然発症する

 

金髪 ブリーチ

症状が軽くなる、ということはないので、二度と美容室のヘアカラーリングや自宅でのホームカラーもできません。マニキュアくらいならいいですよ。

 

また、アレルギーでない場合ですが、刺激が強くてピリピリ痛むけど、我慢をしなければ・・と続けて毎回同じような染め方をするのはやめたほうがいいです。

 

頭皮の色をよく観察してみて、赤みが出ていたり抜け毛が増えていたら、頭皮環境が悪化している可能性があり、進行すると薄毛になってしまうでしょう。薄毛になり始めると、改善するのはなかなか難しくなるのでそうならないうちに早いうちに対処をしておくべきです。

ヘアカラートリートメントは絶対に痛くならない

ヘアカラートリートメント 安心

毛先がダメージ受けたり、ヘア全体にダメージ受けたりしていると髪に艶もなくなり、おしゃれもしたくなくなりますよね。

 

カラートリートメントは別名白髪染めトリートメントともいいます。

 

実際に、トリートメント感覚で白髪染めができて、刺激のない染料で安心な成分ばかりの製品なので、ヘアカラーで頭皮が痛んだり、アレルギーで白髪染めできなくなった人はこれに切り替えることができます。

 

昆布や花から抽出した成分を使っていたりなどだいたいが栄養成分たっぷりで、白髪染めしているうちにツヤ髪や髪質改善も期待できたりします。何よりも自宅で白髪が染められ、刺激がほとんどない、という優れものです。

 

頭皮が痛いとヘアサロンで感じた人は、その後白髪染めに行くのも抵抗を感じるでしょうが、ヘアカラートリートメントなら、安全な成分だけ使用しているので、安心して白髪を染めることができます。

 

ヘアカラートリートメントのおすすめランキングはこちらです。

 

利尻昆布ヘアカラートリートメントの口コミ(写真つき)はこちらです。