知らないとダメ!美容院のカラーリングとヘアカラートリートメントはどう違う?

医薬部外品のヘアカラー

美容院のカラーリングや市販のヘアカラーとヘアカラートリートメントの大きな違いを最初に紹介します。白髪を染めるには、大きく分けると「医薬部外品」と「化粧品」があります。

 

医薬部外品のヘアカラー

医薬部外品は、さらに「永久染毛剤」と「脱色剤」に分かれますが、この永久染毛剤には「酸化染毛剤」と「非酸化染毛剤」があって、その「酸化染毛剤」が、「ヘアカラー」と呼ばれているものです。

 

医薬部外品>永久染毛剤>酸化染毛剤=ヘアカラー
このように絞り込まれます。

 

また、「化粧品」に当たる「半永久染毛料」と言われるほうは、カラートリートメントで、まさに1週間程度に色落ちするので、永久的ではありません。
この二つは全く違う種類の白髪染め方法なので、併用して使うと変色が起きることがあるので、上手に取り扱うのがオススメです。

 

だいたい1週間あけていれば、問題なく、どちらも使えるのですが、稀に、困ったことがあるので、念のために注意しておきましょう。

カラートリートメントと美容院を併用する方法記事一覧

自宅で普段ヘアカラートリートメントを使っている人は、美容院でカラーリングする時に注意が必要って知ってますか?同じヘアカラーと思って安易にどっちも間隔あけずに染めてしまうと、実は予期しないことになるかもしれないのでよく注意しておきましょう。カラートリートメントを普段使いしてる人の注意美容室で白髪染めする前にカラートリートメントを使っていることを伝える!美容師さんの力量でカラーリングは変わる!アドバイ...

自宅でヘアカラーしている人は、ふだん使っているシャンプーによってヘアカラートリートメントの色が入りにくかったり染まりにくくなったりするのって知ってますか?また、せっかく染めても洗浄力が強いシャンプーを使っていると色落ちも早いので、良かったら参考にしてください!トリートメントで白髪染めしている人のシャンプー白髪染めしている人が使ってはいけないシャンプー白髪染めしている人が使ってはいけないシャンプー美...

美容院でカラーリングしないと白髪をなくして黒髪を保つのは難しいですよね。だけど頻繁に美容院の毛染めするのも頭皮にもあまり良くないからできるだけ併用していきたい・・そんな人は次のポイントに注意しましょう。普段カラートリートメントを使っている人が美容院のカラーするときの注意白髪染めトリートメントで最後に染めてから1週間以上の期間をあける。美容師さんに、いつまでカラートリートメントを使用したとハッキリ伝...

普段ヘアカラートリートメントを自宅で使っていますか?もしそうなら、すぐにパーマをかけないようにしないといけません!実はその2つの組み合わせは良くないんです!その理由とはなんでしょうか?カラートリートメント使用しながらパーマもかけるには?美容室のパーマ液の成分とは?カラートリートメントした翌日にパーマはかけないほうがいい理由いつパーマかけたらいいの?カラートリートメント使ってる人の注意