美容院のカラーとへアカラートリートメントを併用で失敗しない方法とは?

美容室とヘアカラートリートメント併用

美容院でカラーリングしないと白髪をなくして黒髪を保つのは難しいですよね。

 

だけど頻繁に美容院の毛染めするのも頭皮にもあまり良くないからできるだけ併用していきたい・・そんな人は次のポイントに注意しましょう。

普段カラートリートメントを使っている人が美容院のカラーするときの注意

 

このポイントはすごく大事で、特に美容院でカラーする前は白髪染めトリートメントの使用をなるべく控えてほしいので、1週間以上10日や2週間を目標にしてください。

 

そして、美容師さんに、このことをちゃんと伝えてください。どうしても髪の表面に染料が残っているので、カラーの染毛剤も入りにくくなっています。髪の毛にコーティングしている状態と同じなので、その点を知った上で美容師さんにお願いしないといけません。また、染毛料と染毛剤が混ざってしまうと、染める色が変色することがあるので、緑や紫になってしまわないように、なるべく日をあけてから行いましょう。

ヘアカラートリートメントはお化粧の分類だから安心できる白髪染め!

美容室とヘアカラートリートメント併用

化粧品は美容目的で開発されたもので、作用や効果は薬のようにハッキリとしたものではなく、緩やかで、「有効成分」をうたうことができません。

 

でも、医薬部外品は、目的に対する「有効成分」が一定量配合されていてパッケージに記載できます。

 

髪を染める製品として、きちんと染まる、色も長持ちするという「効果」がはっきりと明言できるのがヘアカラーで、医薬部外品にあたります。でも、その成分こそあまり健康によくない物質なので、上手に控えていくのがいいでしょう。

 

そこで、、白髪染め用にヘアカラーや美容院でのカラーリングを一切やめてしまうのではなく、どちらも上手に使いこなしていきメリットを利用するのがポイントです。早く染まるヘアカラーは年に数回の使用にとどめて、髪や頭皮にダメージもなく、健康被害への心配も少ないヘアカラートリートメントを普段使いにしていくという方法で、美容院に通う時間やお金も節約でき、なおかつ頭皮環境も育てることができるので、うれしいことが沢山。

 

管理人自身も1年以上、美容院のカラーにいかず、へアカラートリートメントだけ使って過ごしたこともあります。(だいたい半年に一回程度にしています。)

前回自宅でヘアカラートリートメントで染めたら1週間以上は間隔を空けよう!

美容室とヘアカラートリートメント併用

へアカラートリートメントを毎週〜10日おきに定期的に使うのは、結構慣れてくれば、楽になるのですが、ロングヘアーにしていると、白髪も伸びるので、染料がはげてしまったときの白髪がとんでもなく目立つ、というデメリットだけが心配なので、髪を伸ばす人は、たまに、美容室で白髪染めしてもらうのがいいでしょう。

 

おすすめは1年のうち2回程度、美容院でカラーリングをする、という方法がいいですね。できれば、過酸化水素を使ってブリーチしないで染めてもらいましょう。相談すれば必ずやってくれるはずですよ。

 

管理人の私も年に2回だけ、美容院でカラーリングをしています。同じように、普段使いはへアカラートリートメントを使って、年に数回ほど美容院で染めるという人に一つだけ注意してほしいのです。必ず、前回へアカラートリートメントを使ってから1週間から10日以上間隔を空けてから、美容院でのカラーリングを行ってください。

 

絶対に1週間経たないうちにへアカラートリートメントではない、刺激成分入りのカラーリング(美容室の毛染め)はしないでください。

 

理由は、美容院のカラーで使う薬剤とは、全く違う種類の成分なので、混ざってしまうと化学反応を起こして、変な色に染まってしまうことが稀にあるからです。

 

私の経験上、1週間空ければ大丈夫だと思いますが、普段から、あまりすすぎをしていない人や心配な人は10日以上空けていくのがいいですね。

 

生え際の白髪が気になる人はこちらも併用するのがいいですよ★

 

1本あると重宝する利尻白髪かくし

美容院のカラーとへアカラートリートメントを併用して失敗してしまうと!関連ページ

カラートリートメントの普段使い方法!美容師さんに絶対相談すべきこと
ヘアカラートリートメントを自宅でよく使っている人は、美容院でのカラーリングする時に注意しなければならないことがあります!その注意点とは!?負担の少ない美容室でのカラーリングのコツと合わせてご説明します!
美容院に行く前に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプー
美容院に行く前に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプーヘアカラートリートメントを使いながらもうまく美容院の毛染めを利用する方法紹介。
カラートリートメント使ってる人がパーマをかけるときの注意は?
カラートリートメントを普段使いしている人は、実はパーマで失敗するかもしれないって知ってましたか?何気なくやってしまうこの2つの組み合わせのリスクについて解説したいと思います!