へアカラートリートメント中に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプー

自宅でヘアカラーしている人は、ふだん使っているシャンプーによってヘアカラートリートメントの色が入りにくかったり染まりにくくなったりするのって知ってますか?

 

カラートリートメント 併用

 

また、せっかく染めても洗浄力が強いシャンプーを使っていると色落ちも早いので、良かったら参考にしてください!

 

白髪染めしている人が使ってはいけないシャンプー

シャンプーにはいろいろな種類があります。「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれるタイプや「石けん系シャンプー」、「アミノ酸系シャンプー」などと呼ばれるものがあります。

 

そしてその中でも、シリコン入りのシャンプーやノンシリコンのシャンプーなどに分けられます。洗浄力に関しては高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーがアミノ酸系のものよりも強く、洗った後の爽快感があります。

 

でも洗浄力が強いと頭皮の皮脂が不必要に落とされてしまい、地肌のバリアがなくなってしまうため、ヘアカラーによるダメージが起きやすくなります。

 

またシリコン入りのシャンプーですと、髪がコーティングされて指通りが良くなりますし、紫外線や熱からのダメージから保護されるというメリットがありますが、コーティングされることでカラー剤が浸透しにくくなってしまうというデメリットがあります。ですから美容院に行く前には、シリコン入りのシャンプーや洗浄力の強いシャンプーは避けるほうが良いでしょう。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプーがとにかく良い理由

一方アミノ酸系の、かつノンシリコンシャンプーは頭皮環境にはとても良いと言われています。

 

カラートリートメント用シャンプー

 

高級アルコール系やせっけん系と違って適度な洗浄力で髪を洗うので、皮脂を必要以上にとってしまうことがありません。皮脂=油っぽい、臭いのもとと考えがちな人もいますが、皮脂は良い頭皮には欠かせません。

 

ですからアミノ酸系のシャンプーは刺激が少なくて良いのです。またシリコンが入っていないことで、毛穴がふさがれてしまうリスクが少なくなります。毛穴がふさがれれば髪の成長の妨げになりやすいので、選ぶならノンシリコンシャンプーのものを探しましょう。

美容室が勧めてくれるシャンプーやヘアケア剤も良い理由

一般に市販品のシャンプーは泡立ちの良さとかアロマ成分、洗浄力の強さなどが重視されることがあります。でも髪や地肌への配慮があまりなされてないことがあります。

 

一方美容院で薦められるシャンプーなどは、アミノ酸系のものが多く、髪に良いとされる成分がたくさん含まれていることがあります。

 

値段は市販品のものよりも高い傾向がありますが、髪の毛のプロである美容師と相談して選ぶなら、自分のヘアにより優しく、より合う一品が手に入りやすいでしょう。

美容院に行く前に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプー関連ページ

カラートリートメントの普段使い方法!美容師さんに絶対相談すべきこと
ヘアカラートリートメントを自宅でよく使っている人は、美容院でのカラーリングする時に注意しなければならないことがあります!その注意点とは!?負担の少ない美容室でのカラーリングのコツと合わせてご説明します!
美容院のカラーとへアカラートリートメントを併用して失敗してしまうと!
普段からヘアカラートリートメントを使っている人は、美容院でカラーリングする場合やパーマをかける場合、ちょっと気を付けておいたほうがいいので、是非チェックしておいてくださいね。
カラートリートメント使ってる人がパーマをかけるときの注意は?
カラートリートメントを普段使いしている人は、実はパーマで失敗するかもしれないって知ってましたか?何気なくやってしまうこの2つの組み合わせのリスクについて解説したいと思います!
おしゃれ染めで白髪は染まらないの?ウィービングでカッコよく白髪チラ見せカラー!
白髪が多いとおしゃれ染めでは染まらないのか?という疑問を徹底解説!おしゃれ染めと白髪染めの違いや髪が傷むのはどちらかも説明します。おすすめのヘアカラーのウィービングのメリットも紹介