へアカラートリートメント中に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプー

自宅でヘアカラーしている人は、ふだん使っているシャンプーによってヘアカラートリートメントの色が入りにくかったり染まりにくくなったりするのって知ってますか?

 

カラートリートメント 併用

 

また、せっかく染めても洗浄力が強いシャンプーを使っていると色落ちも早いので、良かったら参考にしてください!

 

白髪染めしている人が使ってはいけないシャンプー

洗浄力が強いシャンプー

シャンプーにはいろいろな種類があります。

 

高級アルコール系シャンプー」と呼ばれるタイプや「石けん系シャンプー」、「アミノ酸系シャンプー」などと呼ばれるものがあります。

 

そしてその中でも、シリコン入りのシャンプーやノンシリコンのシャンプーなどに分けられます。

 

洗浄力に関しては高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーがアミノ酸系のものよりも強く、洗った後の爽快感があります。

 

でも洗浄力が強いと頭皮の皮脂が不必要に落とされてしまい、地肌のバリアがなくなってしまうため、ヘアカラーによるダメージが起きやすくなります。

 

またシリコン入りのシャンプーですと、髪がコーティングされて指通りが良くなり、紫外線や熱からのダメージから保護されるというメリットがありますが、コーティングされることでカラー剤が浸透しにくくなってしまうというデメリットがあります。

 

ですから美容院に行く前や、ヘアカラートリートメントをつか場合は、シリコン入りのシャンプーや洗浄力の強いシャンプーは避けるほうが良いでしょう。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプーがとにかく良い理由

アミノ酸系でさらにノンシリコンシャンプーは頭皮環境にはとても良いと言われています。

 

カラートリートメント用シャンプー

 

高級アルコール系やせっけん系と違って適度な洗浄力で髪を洗うので、皮脂を必要以上にとってしまうことがありません。

 

皮脂=油っぽい、臭いのもとと考えがちになりますが、皮脂は全部とってしまうのもよくないので、ある程度の皮脂は適度に必要で、良い頭皮には欠かせないものなんです。

 

また、アミノ酸系のシャンプーは刺激が少なくて良く、シリコンが入っていないことで、毛穴がふさがれてしまうリスクが少なくなります。

 

毛穴が詰まると髪の成長の妨げになりやすいので、選ぶならノンシリコンシャンプーのものがおすすめです。

 

おすすめシャンプーランキング!エイジングヘアケア目指す♪

美容室が勧めてくれるシャンプーやヘアケア剤も良い理由

一般に市販品のシャンプーは泡立ちの良さとかアロマ成分が入っていても、洗浄力の強さなどが重視されるので、髪や地肌への配慮があまりなされてない製品が多くあります。

 

また美容院で薦められるシャンプーは、アミノ酸系のものが多く、髪に良い成分がたくさん含まれているし、実際に髪質に合わせて選んでくれるので、よいシャンプーが見つかりやすいので、気に入ったものがあれば使ってみるといいでしょう。

 

値段は市販品のものよりも高い傾向がありますが、髪の毛のプロである美容師さんなので、頭皮やヘアにより優しく、より合う製品が手に入りやすいし、メリットとしては使い方のアドバイスもしてくれるので、シャンプーの扱いから髪のセット方法まで聞いてみるといろいろな話が聞けるはずです。

洗浄力の強いシャンプーとは?

洗浄力が強いシャンプー

以前美容師さんから教えてもらったのですが、以下の成分が入ってるシャンプーは絶対に使わないほうがいいといわれました。

 

  • 石油系界面活性剤(ラウリル硫酸Na)
  • シリコン

 

「ラウリル硫酸Na」と成分一覧に書いてあったら買うのはやめたほうがいいでしょう。泡立ちはとってもいいのですが、食器用洗剤で洗っている成分とほぼ同様なので、使えば使うほど頭皮を痛めてしまいます。

 

洗浄力が強いので、当然白髪染めで染めてもどんどん色落ちしてしまいます。色持ちをよくしたいのであれば、洗いすぎないシャンプーを選びましょう。

 

シリコン入りシャンプーのデメリットは先にも伝えたように、髪表面をコーティングするので「滑らかな指通り」になる一方、髪表面をコーティングしてしまうことで白髪染めのカラー染料が着色しにくくなったり、毛穴を詰まらせる原因になるということなんです。

アミノ酸系シャンプーってなに?

アミノ酸系洗浄成分のシャンプーは、髪と頭皮をいたわりながら汚れを落としてくれます。

 

アミノ酸系シャンプー

 

グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」等の言葉が含まれているので、成分一覧をチェックしてこれが入ってるかどうか?がキーになります。

 

アミノ酸シャンプーは、洗浄力がやさしく、汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、皮脂を根こそぎ落とすということはありません。

 

頭皮に必要なうるおい成分を、ちゃんと残した状態にしておくことができるのです。

 

また、アミノ酸シャンプーには洗うだけでなく、シャンプーに含まれるアミノ酸が髪へ浸透し、ある程度ですが、髪を修復する効果もあるといわれているので、アミノ酸シャンプー自体に髪の補修力があります。

 

アミノ酸系ノンシリコンシャンプー 黒髪haru

 

ノンシリコンシャンプーでアミノ酸系で人気のシャンプーが黒髪haruです。1本でオールインワンだから、リンスやトリートメントは基本的に不要です。

 

ノンシリコンって、通常、洗いあがりがキシキシしたり指通りが悪いのが特徴なのに、haruは洗いあがりもシャンプー中もかなり滑らかな指通りになります。

 

アミノ酸系シャンプー

 

白髪になりにくい、という効果のある成分も含まれるので、薄毛や抜け毛が気になる人にもおすすめです。黒髪haruの特にいいところが、オールインワンなので1本でOKというところ

 

1本3800円(送料無料・税別)なので、とにかく安いし、400mlも入っているので、2か月くらい使えちゃいますからコスパがよいというところ。

 

しかも全額返金保証ありなんで人気がスゴイのは納得できます・・・

 

利尻カラーシャンプーは白髪のお助けマン

 

利尻カラーシャンプー

 

カラートリートメントランキングで検索すると、使ったこともない人が運営しているサイトなのか、カラートリートメントランキングの4位に利尻カラーシャンプーを掲載していますが、ちょっと違和感を感じます・・。

 

利尻カラーシャンプーはもともと「白髪を染めるシャンプー」という宣伝文句で売っていますが、白髪はそんなにうまく染まりません。

 

利尻カラーシャンプー

 

私の夫が好きで使いますが、実際にはぼかす程度の色味にしか染まりません。

 

だけど、利尻ヘアカラートリートメントと併用ならいい感じに使えます。

 

だいたい1週間くらいで色落ちがしてくるのがカラートリートメントの良くも悪くも大きな特徴です。

 

しかし、忙しくてどうしてもカラートリートメントが使えなかった(涙)という場合でも、あと一日くらい染める日を伸ばしたい、というときのお助けマンなのです。

 

染め置き時間不要で、お風呂の中でシャンプーすればうっすらと色を入れられるんですが、これ、完全な白髪でなくて、ちょうど色落ちしかけた髪に使うのがコツです。

 

利尻カラーシャンプーの色が結構しっかりと色が入るので、「あれ、また染めた?」って思えちゃえるくらいに染まった感じになるんですよね。

 

なので、ぜひ白髪染め達人のあなたなら、私は利尻カラートリートメントを利尻カラーシャンプーの両方の2本買いをおすすめします♪

 

オススメのシャンプーランキング

 

こちらで染め落ちしはじめた髪をカラーシャンプーで復活染めしているビフォーアフター写真紹介しています!

 

利尻カラーシャンプーはカラートリートメントと併用使いが上級編!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容院に行く前に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプー関連ページ

カラートリートメントの普段使い方法!美容師さんに絶対相談すべきこと
ヘアカラートリートメントを自宅でよく使っている人は、美容院でのカラーリングする時に注意しなければならないことがあります!その注意点とは!?負担の少ない美容室でのカラーリングのコツと合わせてご説明します!
美容院のカラーとへアカラートリートメントを併用して失敗してしまうと!
普段からヘアカラートリートメントを使っている人は、美容院でカラーリングする場合やパーマをかける場合、ちょっと気を付けておいたほうがいいので、是非チェックしておいてくださいね。
カラートリートメント使ってる人がパーマをかけるときの注意は?
カラートリートメントを普段使いしている人は、実はパーマで失敗するかもしれないって知ってましたか?何気なくやってしまうこの2つの組み合わせのリスクについて解説したいと思います!
おしゃれ染めで白髪は染まらないの?ウィービングでカッコよく白髪チラ見せカラー!
白髪が多いとおしゃれ染めでは染まらないのか?という疑問を徹底解説!おしゃれ染めと白髪染めの違いや髪が傷むのはどちらかも説明します。おすすめのヘアカラーのウィービングのメリットも紹介