おしゃれ染めで白髪は染まらない?白髪染めとの違い

美容院や市販のヘアカラーで髪を染めるとき、おしゃれ染めと白髪染めの違いに戸惑いませんか?白髪の量によって使い分ければいいのでは?と思いませんか?

 

利尻昆布カラートリートメント ナチュラルブラウン

 

実際、おしゃれ染めのほうがピンク系やアッシュ系など、色のバリエーションが豊富なので女性ならおしゃれ染めで染めたいですよね。

 

この染め方の2つの違いは脱色力と染色力のバランスです。

 

おしゃれ染めは髪の色を強く脱色することで違う色を髪に入れることができるんです。

 

白髪染めは少しだけ色を抜くか、またはブリーチなしで白髪とのバランスをとり、黒っぽい色で白髪を染めていきます。このことからおしゃれ染めで白髪を染めても、染める力が弱いので色落ちが早くなるということなんです。

 

美容院ではおしゃれ染めと白髪染めを混ぜる?

 

美容院で髪を染めるとき「白髪が多いからおしゃれ染めは無理よね?」ときいたりしていませんか?

 

白髪 おしゃれ染め

 

実際に美容院でヘアカラーをするときは、お客さんの髪質や要望に合わせて両方を混ぜて使っているということなんですね。

 

このことから美容院で伝えることは2つでいいそうです。1つ目は全体的にどのくらいの明るさにしたいのか、2つ目は白髪の部分をどの明るさにしたいのかです。

 

すごく大事なポイントなので、ここはしっかりマスターしておきましょう。

 

全体的にどのくらいの明るさ、白髪はどのくらいの明るさにしたいか。ですね。

 

市販のヘアカラーではやらないで

 

おしゃれ染めと白髪染めを混ぜて使用することは美容師の技術のひとつです。

 

美容院で使っているヘアカラーも市販のものとは成分が違うのでできることなんですね。

 

市販のヘアカラーは成分もバラバラなので自宅で染める場合は混ぜることはできません。合わない成分同士が化学反応を起こして頭皮に炎症を起こしたり、まったく思ってもいなかった色に染まる危険すらあります。

傷みがちな髪はおしゃれ染めと白髪染めどちらがいい

ヘアカラーやパーマを繰り返していると髪の毛は痛みますよね。傷んだ髪はパサパサでツヤもないので若々しい印象からかけ離れてしまいます。そんな状態で白髪を染めるときはどちらのほうが傷まないのでしょうか?

 

使う薬剤の種類にもよりますが、染める回数がポイントになってきます。一般的におしゃれ染めの頻度は3か月に一度くらいの人が多いです。

 

一方で白髪染めは伸びるのが早い人で3週間、遅い人でも2か月経つ頃には根元が白くなるので染めるという人がほとんどです。

 

一年間で6〜12回は染める計算になります。どうしても、白髪染めをすると、生え際が伸びてくるたびで白髪が目立ってくるので、生え際をリタッチで染めるということになり、何度も染め続けるために、かなりの頭皮にダメージを与えてしまいますね。

 

傷みのもとは脱色剤

 

ヘアカラーで髪の毛が痛むのは主に脱色剤で髪の色を抜くときです。髪の表面を覆っているキューティクルを無理にはがして中の色を抜くのでダメージを与えるのです。おしゃれ染めで明るい色にするときは、金髪に近いくらい脱色させてから色を入れるのでさらに髪へのダメージが大きくなります。

 

リタッチカラー(根元染め)でダメージを少なく

 

髪の痛みを少なくしたいならリタッチカラーがいいですね。全体に薬剤を塗らず、伸びてきた根元部分にだけ塗るのでダメージを最小限にできます。

 

おしゃれ染め、白髪染めのどちらでもできますが市販のヘアカラーを使い自宅でする場合は、後頭部が見えないので難しいでしょう。美容院での料金はリタッチカラーのほうが安く設定されているのでお財布にも優しいということになります。

 

ただし、これも毎月のことになると、当然髪にはダメージが少ないですが、頭皮には毎月ダメージを与えることになるので、結構キツイと思います。

白髪でもおしゃれ染めしたい!おすすめ方法

白髪染めで髪を染めると、いかにも染めています!という印象を与えたりしませんか?真っ黒に染めることで立体感もなくなるので実際より老けてみられることも。

 

おすすめなのは白髪を隠すのではなく「活かす」カラーリングです。

 

髪の毛の数か所だけを筋状に明るい色に染めて白髪との境目をなくす「ウィービング」というテクニックの必要な染め方です。全体を染めることもないので傷みも心配なく、白髪をチラ見せしながらおしゃれを楽しむことができます。

 

ウィービングで白髪をカッコよく!

 

ウィービングは白髪を目立たせないほかにヘアスタイルを立体的に見せてくれるメリットがあります。髪の毛が伸びてきても白髪が目立たないのでストレスが少なくなります。また、ショートでもロングでもカッコよく決まるので人と違ったおしゃれを楽しみたい人には最適です。

 

自宅でのケアもラクラク

 

ウィービングはとても技術の高いカラーリングテクニックなのでやってくれる美容院も少なく料金も高めになります。

 

普段から自宅でカラートリートメントを使って染めている人なら、年に1.2回この方法で白髪染めするのがオススメです。メッシュの部分と白髪が自然な感じに染まり、ハイライト効果で立体感も生まれます。

 

ウィービング染めして利尻ヘアカラートリートメント使ってるレビュー

おしゃれ染めで白髪は染まらないの?ウィービングでカッコよく白髪チラ見せカラー!関連ページ

カラートリートメントの普段使い方法!美容師さんに絶対相談すべきこと
ヘアカラートリートメントを自宅でよく使っている人は、美容院でのカラーリングする時に注意しなければならないことがあります!その注意点とは!?負担の少ない美容室でのカラーリングのコツと合わせてご説明します!
美容院に行く前に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプー
美容院に行く前に使うべきシャンプーと使ってはいけないシャンプーヘアカラートリートメントを使いながらもうまく美容院の毛染めを利用する方法紹介。
美容院のカラーとへアカラートリートメントを併用して失敗してしまうと!
普段からヘアカラートリートメントを使っている人は、美容院でカラーリングする場合やパーマをかける場合、ちょっと気を付けておいたほうがいいので、是非チェックしておいてくださいね。
カラートリートメント使ってる人がパーマをかけるときの注意は?
カラートリートメントを普段使いしている人は、実はパーマで失敗するかもしれないって知ってましたか?何気なくやってしまうこの2つの組み合わせのリスクについて解説したいと思います!