【美容師が解説】白髪を抜くのは問題ない?抜く以外の対策方法とデメリットは?

 

いつのまにか生えてきて気付いたら白髪だらけ!染めてもすぐに白髪が生えてくる!そんな厄介な白髪対策はみなさんどうしていますか?

 

数本の白髪だと抜いてしまう!なんて方も多いと思います。

 

今回は白髪は抜いても良いものなのか、抜く以外の対策方法などもご紹介します!

 

白髪を抜くと増える?

白髪を抜くとよけいに増える

なんて言葉を耳にしたことはありませんか?実は白髪を抜いたからといって増えるわけではありません!

 

白髪というのは、毛根で髪の毛に色をつけるメラニン色素によって黒色になります。

 

しかしメラニン色素が正常に働かないことで、色の付いていない白髪ができてしまいます。一度毛根がメラニン色素を作らなくなると、その毛根はもう色を付けることはありません。

 

つまり白髪が生えてきた毛根からは、白髪しか生えないことになります。だからといって増えるわけではありません。

 

関連記事:【美容師が解説】白髪の原因って知ってる?原因を知り予防と対策をしよう!

白髪を抜くのはよくない?

白髪を抜いたからといって、ほかの髪の毛も白髪になるわけではありません。

 

しかし、頻繁に白髪を抜くことはあまりおすすめしません。白髪を抜くことによるトラブルを見ていきましょう!

 

関連記事:【美容師が解説】抜け毛の原因ってなに?原因を知り予防と対策をしよう!

毛穴の炎症

本来ならぬける時期ではない髪の毛を無理やり抜くわけなので、毛穴へのダメージは強くなってしまいます。

 

さらに抜いた毛穴に雑菌などが入ると、皮膚炎のトラブルへと悪化してしまいます。

抜け毛の危険性

髪の毛を抜いたことにより毛穴がダメージを受け続けると、髪の毛が生えてこなくなる危険性があります。

 

抜いたからといって必ずしも、髪の毛が生えてこなくなるわけではありませんが、クセになってしまう場合もあります。

抜く以外の白髪対策

抜け毛や皮膚炎などの危険性がある抜く以外では、どのような白髪対策があるのでしょうか。

白髪を切る

白髪の多い方などは難しいですが、数本の白髪が気になる方は抜かずに、根元からハサミで切るのがおすすめです。

 

しかし後ろなどは自分で切るのが難しく、白髪が増えるたびに切らなければいけない髪の毛も増えるため、手間はかかってしまいます。

ヘアカラー

白髪を隠す上で、1番馴染みが深いのは白髪染めといわれるヘアカラーではないでしょうか。白髪染めをすれば1?2ヶ月程は綺麗な髪色を維持できますよね。

 

しかし白髪染めはなかなか明るい色が少なく、頭皮や髪の毛へのダメージも強くなってしまいます。

 

皮膚の弱い方などは頭皮が炎症を起こしてしまうデメリットがあります。

トリートメントカラー

名前の通りトリートメントを使うようなやり方で、普通のヘアカラーよりも手軽に白髪を染めることができます。

 

通常のヘアカラーは薬品が強く、肌が弱く使用できない方でもトリートメントカラーでは使用できるようになります。

 

関連記事:無添加で肌と髪に優しいヘアカラートリートメントランキング

まとめ

ついつい目につくと抜いてしまいたくなる白髪ですが、毛穴を守るためにも頻繁に抜かず、ヘアカラーや切ったりする方法がおすすめです!

 

肌の弱い方でも白髪を染められるトリートメントカラーなどもあるので、自分に合った白髪対策をしましょうね。

 

関連記事:【最新版】カラートリートメントランキング!白髪染め比較の口コミ&辛口評価