薄毛が気になるなら染料もチェックして白髪染めしよう

薄毛

薄毛の人はこれ以上薄毛を進行させないためにも、なるべく刺激の少ない染料を選んで染めていくべきでしょう。

 

具体的には、化学成分が添加されていないもの、そして植物などの自然由来成分が豊富に使われている製品を選ぶとよいですね。

 

製品に記載のある成分表示表をみるとよくわかるのですが、最も一般的な化学染料としてはパラフェニレンジアミンが代表的なものといえます。

 

この染料はできるだけ避け、入っていないものを選ぶよううにしたいですね。刺激物質は、弱った頭皮に余計なダメージをかけ、薄毛に即、つながってしまう可能性高いです。

 

やはり、植物由来の白髪染めヘアカラートリートメントがもっとも薄毛にやさしい白髪染めなのですが、その中でも以下の成分が入ったカラートリートメントを選ぶといいですね。

 

薄毛ぎみの人に選んでほしい成分

  • シコン・クチナシ・アナトー・アオイなどの植物由来の染料を使用しているもの
  • フコイダンなどコンブ由来の成分を使用しているもの

以上のような成分であれば髪に優しいので、問題なく、更に保湿力アップや免疫力を高めたりなどの効果も期待できます。

 

薄毛対策の白髪染め

 

利尻昆布ヘアカラートリートメンには、シコンや昆布由来のものが入っていて、ルプルプヘアカラートリートメントには、wフコイダンという染料が入っています。

 

ヘナも有名なのですが、ヘナの場合はヘナ単独で使うと少しオレンジ色がでてしまうのでそれを抑えて黒を強く出すために若干の化学染料が含まれていることがあります。

 

薄毛にそれほど悩んでいなかったり、などあまり気にならないようならよいのですがヘナと書かれているものには意外と、注意が必要なんです。