白髪が増える原因と対策を知りたい!

40代あたりから白髪が増えてくる人は多いと思いますが、同じ年でも白髪の多い人と少ない人がいますがどんな原因の違いがあるのでしょうか?

 

白髪が増えてきた

 

加齢で白髪が増えるのは当たり前の感覚になっていると思いますが、ほかには、生活習慣や栄養状態でも白髪は増えるということがわかっています。

 

白髪になる原因から予防法、さらに増えてしまった白髪を自然に隠したい…と思うあなたのために、自宅でできる白髪対策を紹介しますね!

白髪を抜くと増える?白髪の原因を解明

白髪を抜く

「白髪を抜くと増える」と聞いたことがありまよくすよね?これはまったくの迷信なのです。

 

そもそも白髪はメラノサイトという色素細胞が色素を作らなくなるのが原因です。

 

これは毛根ひとつひとつの問題なので、近くの毛根に影響を与えるようなことはないです。抜くと増えるというのは科学的には根拠はありません。

 

40代から増える白髪のメカニズム

 

40代にはいったあたりで白髪染めをしなくちゃ、って考える人が多いと思います。鏡を見るたびに白髪が増えていると余計に早く何かしなくちゃって思いますよね。

 

原因は加齢によるメラノサイトの機能停止です。

 

体を老化させる活性酸素などの影響で細胞がダメージを受けて黒い色を作り出せなくなるのです。

 

白髪の多い人と少ない人の違い

 

ストレスフリー

 

白髪の少ない人は、だいたいは、規則正しい生活で、ストレスの少ない毎日を送っていることが多いというのがわかっています。

 

規則正しい生活は老化のスピードを遅らせるので白髪対策に効果的です。

 

また過度のダイエットや喫煙などの生活習慣は白髪を増加させる原因になるので気を付けましょう。

10代で白髪?若いのに白髪になる人はストレスが原因?

 

白髪で悩む人の中には若いときから悩んでる人もいて、中学生や高校生のときから白髪があるという子もいて、結構深刻ですね。

 

実は若い時から白髪があるタイプの人は両親も同じ悩みを持っていたことが多いのです。

 

その場合になると、ストレスや生活習慣などに関係なく遺伝により、白髪が増えやすいということになります。

 

若白髪は遺伝が原因のことも

 

両親のどちらかが若白髪だった場合は、遺伝で早くから白髪になるとの統計があります。

 

医学的にはまだ解明されていないのですが、皮膚の色や瞳の色は遺伝の要素が強いので白髪もその可能性はありますし、若年性の脱毛症も父親からの遺伝の要素が強いです。

 

ストレスが原因の白髪も

 

ストレスは白髪に影響してしまうことは意外に知られていません。

 

人間はストレスを感じると体を動かすときに活性化する交感神経という神経が働きます。

 

交感神経が活発になると、心臓は筋肉や脳にたくさんの血液を送るので頭皮が血行不良を起こします。

 

その結果、黒髪を作るメラノサイトという細胞の働きが悪くなり、白髪が増える原因となるのです。

後頭部が白髪に…白髪の場所と原因の関係

 

加齢による白髪は全体的に生えるのが特徴ですが、部分的に白髪になる場合は体の不調が隠れていることもあります。

 

後頭部や頭頂部の白髪は自律神経の乱れが疑われます。

 

仕事や育児に追われて疲れがたまっていませんか?

 

ほかにも、こめかみ部分に白髪が多いのは生活習慣の乱れや眼精疲労が原因のことが多いです。

白髪が急に増えるのは病気のサイン?原因解明

髪の毛の途中から白髪になって量も増えた、皮膚の一部が白くなる白斑が現れたなどの症状がある場合は病気の可能性が考えられます。

 

胃腸の病気や貧血での栄養不足が原因の白髪や、突然メラニンが活動を休止する「尋常性白斑」などの可能性も。

 

気になる症状があるときは早めに受診するのがおすすめです。

白髪の原因を知って自宅で対策しよう

 

生えてしまった白髪を黒くするのは難しいのは分かったけど美容室に通うのはお金もかかるし時間もないですよね。

 

そこで、自宅でできる白髪対策を紹介します。自分の白髪の量に合わせてやり方をチョイスしてくださいね。

 

ハサミで根元から切る

 

まだ白髪の本数が少ない人におすすめです。つい抜いてしまいたくなりますが、抜いてしまうと毛根が傷つき頭皮が炎症をおこすこともあるので止めましょう。

 

市販の白髪染め

 

自宅で好きなときに手軽に染められて、さらに2剤式なので毛染めの効果も長く続くのがメリットです。種類が豊富なので自分の髪色に合った色を選べるのも魅力です。デメリットは後頭部など染めムラができやすいこと、薬剤の影響で頭皮にダメージを受けることです。

 

カラートリートメント

 

シャンプー後に塗るか、または、乾いた髪に塗りしばらくしてからシャンプーという手順で、天然染料がメインで刺激が少ないので、安心して使える上に自宅で簡単に染められるという手軽さがメリットです。

 

色が落ちやすいのがデメリットですが1週間程度は持ちます。アレルギー体質の人は、逆に普通のへかあらーや美容室での毛染めが体質的にできないので白髪染めができませんか、カラートリートメントなら安心して染めることができます。

 

その際もなるべく香料やパラベンなど使っていない天然成分がメインのカラートリートメントを選ぶのがいいでしょう。カラートリートメントの中には、強い成分を使っているものもあり製品選びには口コミをしっかりとチェックするなどの注意が必要です。(本当に使っていなくても使っているように口コミとして掲載しているサイトもあるので、しっかり読み込んでくださいね)

 

自然素材が成分で安心!利尻昆布カラートリートメントの口コミ!レビュー

 

ヘナカラー

 

ヘナという植物の色素で染める方法です。天然の色素なので頭皮や環境に優しいのがメリットです。デメリットは髪に塗ってから浸透させる時間が長いわりに色が抜けやすい点です。

 

白髪隠し

 

マスカラタイプやパウダータイプなどいろんな商品がありますが、どれも伸びてきた生え際の白髪を隠すのに便利です。出かける前にササッと塗るだけの手軽さは忙しい人にはおすすめです。デメリットはシャンプーすると落ちるので毎回塗らなくてはいけないところです。

 

最近一番使いやすいなあと感じているのがこのパウダータイプです。夜は必ずシャンプーしないと髪がバキバキになるけどかなりナチュラルに隠せます。

 

利尻白髪かくしパウダー使った効果!生え際の白髪が簡単隠せる!

白髪になる原因別に予防・対策しよう

 

加齢による白髪は食い止めることはできなくても遅らせることは可能です。

 

睡眠をしっかりとることやバランスの取れた食事をすることなど、毎日の生活を見直すことが一番の白髪予防になります。

 

紹介している自宅で出来る対策と一緒に実践して若々しくありましょうね。