test

  1. ヘアカラートリートメントとは?
    1. ヘアカラートリートメントは一時的な髪染めですが成分は安全安心!
    2. カラートリートメントの普段使いがおすすめ
  2. 白髪が多い?少ない?ヘアカラートリートメントの選び方!
    1. ちゃんと染まる選び方や使い方が重要!
  3. オススメのカラートリートメントがフローチャートで丸わかり!
  4. おすすめヘアカラートリートメントランキング
    1. おすすめで選んだ比較ポイント
  5. カラートリートメントの成分や染まり方を比較!
  6. 体験談の口コミ・写真付きレビュー
  7. 「だんだん染まる」カラートリートメントで妥協するな
    1. ロングヘアーなら3回使用で1本がなくなる
    2. 1回で色がちゃんと入るヘアカラートリートメントを選ぶのが重要
  8. 市販のヘアカラーも美容院のカラーも刺激が強い
  9. ヘアカラートリートメントの値段の相場は?
    1. 値段が安いヘアカラートリートメントはそれなり
    2. 初回限定の特別割引価格をうまく利用するのがコツ
      1. 公式サイトから買わない落とし穴
      2. 大手ショッピングサイトで古い製品を買っていた
  10. 早めにジアミン系の白髪染めを控えたほうがいい理由
  11. ヘアカラートリートメントで白髪は染まらない?
  12. ヘアカラートリートメントの成分をPH値で比較
  13. おすすめのヘアカラートリートメント18種類を比較!
  14. 頭皮アレルギーでも使えるヘアカラートリートメント
    1. ヘアカラー続けるリスク
    2. ヘナで白髪染めするのは大変
    3. HC染料や塩基性染料が白髪染めの効果をあげる
  15. ヘアカラートリートメントのデメリットは?
  16. 白髪染めには4種類のやり方がある
      1. ヘナで染めるのは難しい
      2. 頭皮が超過敏でヘアカラートリートメントも使えない人は?
  17. 敏感な頭皮を改善させるヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントとは?



ヘアカラートリートメントは髪にを付けられるトリートメントのことで、白髪用のヘアカラートリートメントやコスプレなどでおしゃれな色を付けたりすることもできる染毛料です。

 

カラートリートメント 比較

 

当サイトは、白髪用のヘアカラートリートメントをメインに紹介しつつ、おしゃれ用のカラートリートメントも解説していますので参考にどうぞ!

 

ヘアカラートリートメントは一時的な髪染めですが成分は安全安心!

 

カラーリング後に抜け毛

美容院のカラーリング中に薬剤が沁みたり頭皮がピリピリと痛んできたり・・って経験ありませんか?

 

私は9年ほど前に経験し、その後抜け毛の量がひどくなり・・怖くなり調べたら、市販のヘアカラーや美容院で使う毛染めの薬剤が頭皮に悪く健康にまで悪影響なことを知りました。
(市販の2剤式のヘアカラーも美容院のカラーも染毛剤に当たる)
参考ページ:ヘアカラーによるアレルギー

 

カラートリートメントの普段使いがおすすめ

 

いつもの白髪染め

その話を知ってから、美容院で白髪染めをすることは少なくなりました。今ではヘアカラートリートメントの普段使いで白髪染めして生活しています。

 

ヘアカラートリートメントの普段使いのポイントは以下の4つのポイントを参考にしてください。

 

普段使いするためのポイント

  • 美容院の毛染めは年に1回か2回に。
  • ヘアカラートリートメントの成分もチェックして選ぶ。
  • 白髪が多いか少ないかヘアカラートリートメントの使い方を変える

 

ヘアカラートリートメントを初めて使っていた頃、どれを使ってもうまく染まりませんでした。

 

しかもヘアカラートリートメントのなかには刺激の強いジアミンや過酸化水素を使っていなくても、害の恐れがある色素を染料に使っているヘアカラートリートメントもあります。

 

安全なヘアカラートリートメントを選ぶ見極めが難しいので、注意が必要です。

 

白髪が多い?少ない?ヘアカラートリートメントの選び方!

 

カラートリートメントの選び方

30代~40代前半くらいでそろそろ白髪がちらちら数本でてきて、白髪染めしようかと悩んでいる人のヘアカラートリートメントの選び方や使い方は、白髪ケアしながらヘアケアも考えて選びましょう。

 

また、すでに白髪染めしているけど、最近白髪が増えた、前よりまとまって白髪が出てきていると感じる40代後半~50代の人のヘアカラートリートメント選びは、白髪ケア中心で考えていくべきです。

 

ヘアカラートリートメントを選ぶ視点が違うので、年代別・白髪が多いか少ないかでカラートリートメントをどう選ぶか?どう染めるか?について紹介します。

 

30代40代 カラートリートメントの選び方 50代 カラートリートメントの選び方

 

白髪が多いか白髪がまだ少ししか生えていないかによって、ヘアカラートリートメントの使い方も変わってきますね。

 

自分に合った染め方ができるヘアカラートリートメントを選んでくださいね。

 

ちゃんと染まる選び方や使い方が重要!

 

現在、ちゃんと染まるし天然成分で安心のヘアカラートリートメントを見つけたのでリピート中です。

 

頭皮の炎症もなくなり、キレイに白髪染めができます。

 

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

良いヘアカラートリートメントを選べば頭皮ダメージもなく白髪も1回でしっかり染まるんですね!

 

しかも美容院代も節約できるのでコスパにも環境にもやさしいです。

 

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

わたしがいつも愛用しているヘアカラートリートメントの口コミ辛口ぎみ・独断のヘアカラートリートメントランキングを参考にしてくださいね!

 

オススメのカラートリートメントがフローチャートで丸わかり!

 

ヘアカラートリートメントは商品数が多いので「どの商品を選べばよいのか分からない!」という人も多いと思います。

 

そんな人のために簡単に自分に合ったヘアカラートリートメントを選ぶためのフローチャートを作成しました!

 

 

実際のところ、フローチャートに載っているヘアカラートリートメントはどれも良いものばかりなので、どれを選んでもそれほど大きな問題は起こらないです(笑)

 

けれど、商品によって特徴はあるので上記のフローチャートを参考にして自身にあったヘアカラートリートメントを選んでいただければと思います。

 

他にも記事の更に↓にあるランキングもあるので、合わせてヘアカラートリートメント選びの参考にしていただければと思います!

 

⇒「利尻」公式サイトへ
⇒「LPLP」公式サイトへ
⇒「レフィーネ」公式サイトへ
⇒「マイナチュレ」公式サイトへ
⇒「ラサーナ」公式サイトへ

おすすめヘアカラートリートメントランキング

 

カラートリートメントおすすめランキング

安心成分、初回購入がお得な価格、染まりやすさの3つのポイントで辛口評価したヘアカラートリートメントランキングは以下になります。

 

メリット・デメリットのボタンをクリックすると実際に体験した写真と合わせて、白髪染め効果や使い方も紹介しているので、どうぞ参考に!

 

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

天然成分で安全なのに染まりやすい利尻

利尻カラートリートメントで白髪染めして5日目

 

髪や頭皮を痛めず、できるだけ刺激を抑えて白髪染めをしたい人は、完全無添加・無香料の利尻ヘアカラートリートメントがおすすめ。

 

1回分220円(ミディアムくらいの髪の長さ)でキレイに白髪染めできます。

 

おすすめは乾いた髪に塗り、15-20分ほど放置してから入浴して洗うのが◎。

 

染め持ちも◎この方法ならしっかり染まり、染めもちもダントツいいので管理人は2週間に1回しか染めません。

 

刺激強い成分なし!がポイント高い

 

初回限定1000円引き2,000円 容量200グラム 
税抜き・送料540円
評価評価は4.5

 

このヘアカラートリートメントの口コミページはこちらこのヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

利尻ヘアカラートリートメントの使い方・効果

LPLP(ルプルプ)カラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメント

1回で染まりやすく使いやすいルプルプ

ルプルプカラートリートメントで染めて7日目

 

ルプルプwフコイダンの効果で髪や頭皮に優しいだけでなく、使いやすく染まりやすいがポイント!

 

薄毛対策にもうれしい効果あり、フコイダンには免疫力活性化の効果もあり、何気なく使っていたら薄毛も改善した、という期待も。

 

く無添加・低アルコール!キャンペーン価格1,834円(税抜)

 

素手でも白髪染めできるヘアマニキュアタイプの白髪染め(落ちやすいのも使いやすいポイント)。

 

1回でしっかり染まり頭皮にやさしい・全額返金保証もあって安心。

 

お試し価格が手頃で初回購入が一番試しやすいこともうれしいです。

 

使いやすいがポイント!

 

価格3,000円1,980(税込)円 容量200グラム 
税込・送料540円
評価評価は4.5

 

このヘアカラートリートメントの口コミページはこちらこのヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

ルプルプ口コミ(管理人の白髪染め)

マイナチュレカラートリートメント

マイナチュレカラートリートメント

30日間返金保証付・話題のマイナチュレ

マイナチュレで白髪染めした

 

マイナチュレカラートリートメントは、2018年3月から販売した新しいカラートリートメントで、女性用育毛シャンプーで人気のメーカーから発売して以来大人気。

 

販売開始直後からすさまじい人気で製造が追いつかず、新規の販売が停止になってメルカリで高値で出品されていたこともありました。

 

オールインワンカラートリートメントとして、白髪染めとヘアケア、スカルプケア、エイジングケアの4役兼ねています。

 

初回の定期購入は1本3000円で2本目から3380円(税抜)となっています。

 

敏感肌のためにもアレルギーテストを数種類していて、天然成分のこだわりのカラートリートメントです。

 

30日間の返品保証があり、定期購入中でも解約OKなので安心して試せます。

 

定期購入の価格1本が3000円 ・2本目から3380円(税抜) 容量200グラム
評価評価は4

 

※追記
マイナチュレカラートリートメントが@cosmeで開催された「2018年上半期新作ベストコスメ」でヘアカラー部門第1位を獲得しました。
髪の毛のケアと同時にしっかりと染めるとこができることが高く評価されたようです!

このヘアカラートリートメントの口コミページはこちらこのヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

レフィーネヘッドスパ白髪染め

レフィーネヘッドスパカラートリートメント

妊婦さんも安心・育毛もできるレフィーネ

レフィーネヘッドスパで白髪染めして3日目

 

モンドセレクションを受賞!楽天市場カラーリング部門で連続の1位

 

世界が認めた白髪染めレフィーネシリーズのレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーです。

 

白髪染めなのにスゥーっとして気持ちいい育毛効果がプラス!染めながら自宅で天然ヘッドスパ体験できます♪

 

業界初・染めながらヘッドスパできる白髪染めでスカルプケア成分配合・頭皮環境UPしたい人に人気。

 

5色のカラーを混ぜて好きな色にアレンジもできます。

 

薄毛に効く白髪染め!がポイント

 

初回限定価格3380円 税別・送料600円 容量300gたっぷり! 
評価評価は4

 

このヘアカラートリートメントの口コミページはこちらこのヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

レフィーネヘッドスパの効果や使い方

ラサーナヘアカラートリートメント

ラサーナヘアカラートリートメント

リタッチに最適なラサーナ!

ラサーナで白髪染めした

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、2015年から販売中で、それ以前は脱色しないヘアカラータイプのみだったのからリニューアル。

 

天然染料のみで仕上げた染まりやすいカラートリートメントとなり、以前の白髪染め用ヘアカラーフォームもあるけど、天然成分にこだわる人向けとしてとても使いやすくなりました。

 

美髪で有名なラサーナからの白髪染めトリートメントの特徴が、「Wカラー処方」です。

 

W(ダブル)カラー処方・・髪の内側と外側をWダブルで染める方法で、2種類の染色成分を配合。

 

実際に、しっかり染まるので、生え際にリタッチしたいときにも便利に染まる快適なカラートリートメントです。

 

5-10分でも染まる早さ!がポイント

 

価格3024円(税込)⇒2480円(税込) 容量180グラム
評価ヘアカラートリートメント

 

このヘアカラートリートメントの口コミページはこちらこのヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

 

先頭に戻る

 

おすすめで選んだ比較ポイント

 

★最近毛が薄くなったかもと心配の方や、毛染め中に頭皮がチリチリ傷んだりして心配になっている女性がこれから使う白髪染めとして比較するのに、おすすめのランキングにしました。管理人がすべて使ってみて感じたポイントで評価しました。

 

特に以下の項目を意識して辛口評価にしました。

カラートリートメント比較ポイント辛口比較のポイント

  • 1回でしっかり染まるか?
  • 頭皮ダメージは?PH値は?
  • 主な成分・天然成分は何?
  • 染め持ちはどのくらい?
  • 返品や交換の保証は?
  • 価格と初回限定価格、送料は?
  • 頭皮に良い効果や薄毛改善できそう?

 

カラートリートメントの成分や染まり方を比較!

 

カラートリートメント 比較

頭皮にやさしい天然成分にこだわりすぎると、白髪がなかなか染まりにくいカラートリートメントを選んでしまうので要注意。

 

PH値も弱アルカリ性がちょうど良く中性やさらに、弱酸性になると何度染めても染まらない・・という結果にもなります。

 

また、合わせて使うシャンプーやヘアケア剤にも気を配りましょう。

 

カラートリートメントは沢山の種類がでているけど、比較すると、成分の違いや染まり方も少しずつ違うので、初めて使う人でも失敗しないカラートリートメントの選び方や使い方のコツを紹介します。

 

体験談の口コミ・写真付きレビュー

 

利尻カラートリートメント口コミ

40代からカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)を愛用して10年目のわたしが気に入ってる厳選のカラートリートメント4つ白髪染めじゃないカラートリートメントのアンナドンナ(人気なので使ってみた)の口コミレビューです。

 

成分も改良され白髪が染まりやすくなり使いやすくなった愛用の白髪用トリートメント・人気急上昇中のカラートリートメントです。

 

ルプルプカラートリートメント口コミ

口コミ写真のビフォーアフターを見れば、白髪が上手に染まる方法もわかりますので、参考にどうぞ。

 

管理人が白髪染めした写真と効果紹介中!クリックで最新の体験画像の記事に飛びます

 

 

レフィーネヘッドスパ口コミ

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

ルプルプの口コミ

 

レフィーネの口コミ

 

マイナチュレ白髪染め

 

アンナドンナで白髪を染めると・・

 

先頭に戻る

 

管理人からのメッセージ

 

今まで20種類以上の白髪用カラートリートメントを使ってみて、良かったと感じたヘアカラートリートメントを4種類抜粋し、それぞれの特徴を正直にまとめてみました。

※裏技で5分で染めるテクニックあるので是非、管理人の白髪染め体験談も参考にしてくださいね。

 

「だんだん染まる」カラートリートメントで妥協するな

 

ヘアカラートリートメントは1-2回で色がしっかり入るものを選ぼう!

 

髪のダメージや抜け毛

できるだけ頭皮ダメージなく薄毛を改善しながら、しっかり染まるヘアカラートリートメントを使いたいと思うのは当然です。

 

「だんだん染まります」とか「3回くらい連続して使用していくと白髪が染まります」という説明のあるヘアカラートリートメントがあるけど、それでは、白髪染めの意味がありませんね。

 

ロングヘアーなら3回使用で1本がなくなる

 

もし、本当にヘアカラートリートメントを3日続けて使うならどうなるでしょうか?

 

ロングヘアーの人でヘアカラートリートメントを使って全体染めをすると1本が3日でなくなってしまいます。

 

3日で1本が終了ってコスパが悪すぎます・・お金だけじゃなく、時間と手間を合わせて、そのデメリットを考えると、美容院の永久染めのほうがよほどコスパも良いということになってしまうかも。

 

1回で色がちゃんと入るヘアカラートリートメントを選ぶのが重要

 

忙しい女性にとって、1回の使用でしっかりと色が入る、しかも最低1週間は色持ちする、というヘアカラートリートメントであるのが最重要です。

 

その上でかぶれやすい人でも安全に使える製品であれば、ずっと愛用できますね。

 

50代になってしまった管理人が実際に試して納得したヘアカラートリートメントをランキング形式にしたので、忙しい人は上の5種類で抜粋のヘアカラートリートメントのランキングで選べば、間違いありません。

 

どのヘアカラートリートメントも管理人が普段使いにしてもしっかり色が入った、という立証済ですから、使い方さえ間違わなければ簡単に白髪に色が入るし、頭皮にも安心です。

 

市販のヘアカラーも美容院のカラーも刺激が強い

 

いまだに薬局とかで市販のヘアカラーを買って白髪染めしている女性いますね・・、早く気付いてほしい。

 

頭皮アレルギー

二剤式の白髪染めのヘアカラーと比較して、ヘアカラートリートメントは成分がやさしいので、安全に使えます。

 

ヘアカラートリートメントは、刺激の強い薬品であるジアミンを使っていませんし、酸化染毛剤も不使用です。

 

危険と囁かれる染料や香料も極力控えています。

 

美容院のカラーはキレイに染まるし、髪もキレイに仕上がるけど、毎月のように利用しているとだんだんと頭皮が蝕まれていき、、、ある日突然「頭皮が痛い!」と液がしみてしまいます。

 

これは、「ジアミンアレルギー」の初期症状の場合もあり、刺激を受けているだけかもしれませんが、どちらにしても注意したほうがいいです。

 

すでに頭皮の色が違って赤らんでいる可能性があり、早く対策をしていかないと、抜け毛が増えるだけでなく、薄毛に進行する場合もあります。

 

早く対処すれば治りますので白髪染めはヘアカラーでなくトリートメントタイプに早めに切り替えましょう。

 

先頭に戻る

 

ヘアカラートリートメントの値段の相場は?

 

人気カラートリートメントの値段の相場

商品名 標準価格(税込) 初回特別価格(税込)
利尻カラートリートメント 3240円 2160円
ルプルプカラートリートメント 3240円 1980円
レフィーネヘッドスパ 3394円 2894円
マイナチュレ 3980円 3240円(定期購入のみ)
ラサーナカラートリートメント 3024円 2,480円

 

上の表のように、だいたいが1本のカラートリートメントの値段は3000円前後って感じです。

 

値段が安いヘアカラートリートメントはそれなり

 

ヘアカラートリートメントは、あまり値段が安すぎる製品を選ぶのはやめましょう。

 

髪や頭皮にやさしい成分を保ち、髪に色を定着する効果も高い製品は値段がある程度張ってしまうのは仕方がありません。

 

値段が安すぎると、せっかくジアミンなど刺激成分がない染料を使っているのに、余計な添加物が加わり、かえって悪影響が大きくなります。

 

初回限定の特別割引価格をうまく利用するのがコツ

 

ヘアカラートリートメントは、成分もそうですが、色も自分の髪色に合った製品を選びたいですよね?

 

しかし、1本3000円という値段は決して安くはありません!

 

初回購入特別価格を上手に利用して、自分に合ったヘアカラートリートメントを選ぶべきなので、標準価格は3000円前後のものを選び、初回だけ安い値段の製品をお試して使うようにするのがコツです。

 

公式サイトから買わない落とし穴

 

ヘアカラートリートメントを買うときの注意ポイントですが、必ず公式サイトから購入しましょう。

 

アマゾンや楽天でもまとめ買いをすると公式サイトよりもお得に購入できるケースがありますが、以下の点が心配です。

 

  • 古い製品かもしれない。
  • 万が一の返金保証がない。

 

大手ショッピングサイトで古い製品を買っていた

 

たとえば、公式サイトよりも安い◎天のまとめ買いを利用していて気が付いたのですが、染料がどうも固めでした。

 

しかし、その製品は半年前にリニューアルしたので、染料が柔らかくなっていたのです。

 

6本のまとめ買いをして手袋も20個付きでお得だったのですが、どうやらリニューアル前の製品だったようです。

 

以前、公式サイトで処分セールをした製品を、あとからいかにも新製品と変わらないように売られていたので買ってしまったのです。

 

この話は、友達がなにげなく「染料が固くて使いずらい・・」と漏らしたことで発覚したのですが、このようなことがありますから、やっぱり公式サイトから最新の製品を買うのが一番安心ですね。

 

早めにジアミン系の白髪染めを控えたほうがいい理由

 

ジアミンのような強めの薬剤は、頭皮アレルギーを起こしやすいし、刺激性皮膚炎にもなりやすいです。

 

また、微量ながらに体内に入り残るので、肝臓に良い影響を与えません。

 

早い段階で、自然素材の昆布や花などを主な染料とした白髪染めをなるべく使っていき、市販のヘアカラーや美容院のカラーリングで白髪染めする回数を減らしていくがおすすめです。

 

20種類のカラートリートメントランキングではもう少したくさん調べてあるので参考にしてください。定期的に更新中!

 

 

ヘアカラートリートメントで白髪は染まらない?

 

ヘアカラートリートメントは白髪が染まるのではなく、髪のキューティクルに色をなじませる、ほんの少しキューティクルの隙間をあけて色を入れていくという色の入れ方なんです。

 

もし、なかなか色が入りにくいと感じる場合は、いくつか理由があるので、試してみるといいでしょう。

 

ヘアカラートリートメントは、白髪染めではないので、完璧に染まるわけではないけど、割といい感じに色が入りますよー

 

ヘアカラートリートメントが1回でちゃんと染まる方法は?染まらない原因はこちら

 

ヘアカラートリートメントの成分をPH値で比較

 

美容院での毛染めや市販(薬局で売ってるような製品)のヘアカラーと比べて、それぞれのヘアカラートリートメントは、どのくらいのPH値なのでしょう。

 

PH値

 

市販のヘアカラーや美容院の白髪染めは、ph10-12もありしっかり染まりやすいですが、刺激も強いので、使い続けているうちにジアミンアレルギーが出やすくなります。

 

ph値は0から14までの数値があり、髪の毛は弱酸性で保たれています。

 

健康な髪の毛は、中性~弱アルカリ性なので、同じくらいのPH値のヘアカラートリートメントで使えるのがよいので、ルプルプや利尻ヘアカラートリートメント、レフィーネあたりが弱アルカリ性~中性なのでなじみやすく安心成分ですね。

 

アルカリ度が強いと刺激も強いのですが、中性に近ければ近いほどいいというわけではありません。

 

ナチュラルな成分になるけど、その分染まりにくくなるので、適度なところの微アルカリ性くらいがよさそうです。

 

先頭に戻る

 

おすすめのヘアカラートリートメント18種類を比較!

 

5種類のおすすめヘアカラートリートメントのほかには、まだまだ売れ筋のヘアカラートリートメントが沢山あります。

 

独断で辛口評価した白髪染めをおすすめ順にランキング形式で紹介!全部試した口コミもありますから参考にしてください。(不定期に更新します。最終更新:2018年6月末)

 

白髪染め比較

利尻カラートリートメントの特徴
  • 主な成分:利尻昆布フコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:270円
  • PH値:6.5から7
  • おすすめ度かぶれやすい人に◎
価格 評価 備考
初回2000円 評価5 200g
利尻カラートリートメントの総評

初回購入2000円で格安★刺激成分も香料も一切なしの完全無添加カラートリートメント。頭皮が心配な人にイチ押し
染料がリニューアルしてから染まりやすくなった上に染め持ちも長くなったのでかなりおススメ!旦那さんと共用できるし、非常に使いやすい。
利尻カラートリートメントのナチュラルブラウンを使うとメッシュのような髪色になってかなり素敵ですよ。

カラートリートメント

ルプルプカラートリートメントの特徴
  • 主な成分:ルプルプWフコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:270円
  • PH値:7-8
  • おすすめ度:使いやすく人気高い
価格 評価 備考
初回1980円 評価5 200g
ルプルプカラートリートメントの総評

白髪用カラートリートメントで初回購入価格が一番安くて税込1980円!使いやすくて染まりやすいので、価格で選ぶならルプルプがオススメです。

1回で染まりやすいと評判★育毛効果もあり★返金保証もあり初回で使いやすいイチ押しです。定期購入は特に安い。

マイナチュレカラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメントの特徴

女性専用育毛シャンプーで有名なマイナチュレからカラートリートメントが登場!お得な価格で先行予約中!

  • 200グラム入り 1本3980円(税抜き)⇒定期購入申込で初回のみ3000円(税別)
  • 定期購入中の縛りが全くないので、気に入らなかったらいつでもやめることが可能。
  • 商品到着後30日間の全額返金保証があり安心。
価格 評価 備考
3380円(定期のみ)円 評価4 容量:200g
マイナチュレ カラートリートメントの総評

女性用育毛シャンプーで人気ブランドマイナチュレから2018年3月から新発売したカラートリートメント!白髪ケア+エイジング+スカルプケアにヘアケアまでできるという贅沢成分のカラートリートメントは2色展開!
実際に使ってみたら初めてなのにしっかり染まりました!これで育毛効果があるというのはうれしい・しかも定期購入は30日間の返金保証ありで初回は格安なので、とりあえず買って試しておきたい。⇒マイナチュレカラートリートメントの口コミ

カラートリートメント

レフィーネヘッドスパの特徴
  • 主な成分:浸透型アミノ酸
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:300円
  • PH値:7くらい
  • おすすめ度:薄毛ぎみにおすすめ
価格 評価 備考
3600円 評価5 容量:300g
レフィーネヘッドスパの総評

白髪染めしながらヘッドスパができて、レフィルで購入できるのでコスパも◎
薄毛が心配な人は染めるたびにヘッドマッサージするのがよく、頭皮の血流アップ成分が入ってるから養毛にナイスです。

ラサーナカラートリートメント

ラサーナヘアカラートリートメントの特徴

ラサーナは女子高生たちに美髪をつくるブランドとして有名!白髪を染めるトリートメントが思いがけず染まりやすくて忙しい人におすすめ!本当に染料を塗って10分で生え際までキレイに染まりました。
生え際だけサッと染めたいリタッチ染めにおススメです!初回購入は送料無料で、こーむ&ブラシがついてくるのでかなりお得です。

価格 評価 備考
2480(税込)円 評価4 初回送料無料 180g入り

利尻カラーシャンプー口コミ

利尻カラーシャンプーの特徴
  • 主な成分:利尻昆布フコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:90円
  • PH値:6
  • おすすめ度:メンズ向けに◎自然な染まり具合。
価格 評価 備考
3780円 評価4 容量:200ml
利尻カラーシャンプーの総評

シャンプーで白髪を染められる究極の時短カラーシャンプー!ただ、白髪をしっかり染めるのは難しいので、利尻カラートリートメントと併用使いがおすすめ。
普段は利尻カラートリートメントで7-10日のサイクルで染めて、色が落ちてきたな、ってときに合わせ使いすると元通りの黒髪になれて便利です。

スカルプD ヘアボーテ 白髪染め 比較

ボーテ ・カラートリートメント(スカルプD)の特徴
  • 主な成分:浸透型コラーゲン
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:210円
  • PH値:8
  • おすすめ度:使いやすい
価格 評価 備考
2800円 評価3 容量:200ml

DHCヘアカラートリートメント 比較

DHCクイックカラーの特徴
  • 主な成分:Wカラー成分
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:660円
  • PH値:不明
  • おすすめ度:まあまあ

主な成分:Wカラー成分

価格 評価 備考
2883円 評価3 容量:235g

くろめ 白髪染め 比較

くろめヘアカラートリートメントの特徴
  • 主な成分:フロロタンニン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:229円
  • PH値:4.8±0.5
  • おすすめ度:かなり染まりにくいけど安心成分でPH5前後!はすごい。頭皮アレルギーやかぶれやすいマックスな人でも使えます。
価格 評価 備考
2980円 評価3 容量:200g

キラリ白髪染め口コミ

キラリ(煌髪)泡のカラートリートメントの特徴
  • 主な成分:ヘアケアキューブ
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:250円
  • PH値:3~6
  • おすすめ度:染まりにくいが安心
価格 評価 備考
3240円 評価3.5 容量:200g

グローイングショット

グローイングショット カラートリートメント(白髪染め)の特徴

ハリコシのある黒髪に【グローイングショット カラートリートメント(白髪染め)】として新発売した白髪染めトリートメント。2種類の大きさの粒子で毛髪内部と表面にコーティングする機能で発色の良さと色持ちの良さを追求したカラートリートメント。

価格 評価 備考
3132円 評価3 容量:200g
グローイングショット カラートリートメント(白髪染め)の総評

シトラスとフローラルの香りがほんのり爽やかで頭皮ケアや毛髪補修の効果のある成分としてセラミドや14種類のアミノ酸ほかコラーゲンやナタネニンジンなど配合。

資生堂プリオール

資生堂プリオール(カラーコンディショナー)の特徴

3色展開。値段も1000円台と安くて人気のカラーリンス。実際に使ってみたけど染まりやすさではちょっと物足りない感じ・・。またすすぎの水が全く濁らないので、不思議な感じがしました。
でもジアミンなどの刺激染料は使っていませんが、天然の染料でもありません。パッチテストは絶対したほうがいいと思いました。

価格 評価 備考
1382円 評価2 送料無料(40mL)
テンスターヘナカラートリートメントの特徴

ヘナの原料にはこだわっているけど、実際はHC染料や塩基性染料を使って白髪を染める。ヘナエキスが入っているけどトリートメント剤として使用している。
使いやすいという声が多い。

価格 評価 備考
1245円 評価3 ヘナが染料ではない
ビゲンカラートリートメントの特徴

メインの染料はHC染料や塩基性染料で手軽に5分で染まるというのがメリット!
ただ口コミでは染まりにくいという評判も多いので、何度か続けて使うと染まりが良くなってくる。

価格 評価 備考
780円 評価3 薬局やアマゾン、楽天でも購入可能。
エブリ/アンナドンナカラートリートメントの特徴

白髪染めというより髪色を遊びながら染めるカラートリートメント。特に金髪や脱色した髪で色が抜けたあとに保護する意味で使ったりするのに、ちょうどよい。
茶髪に染めた後、色が白抜けしてきたところにグレーやブルーを使って染めると黒髪に変化が出ておもしろい。

価格 評価 備考
1191円 評価5
スカルプDボーテヘアカラートリートメントの特徴

5-10分の染め置きでしっかり染まるという説明通り、1回使用でしっかり染まりました!
ただ、すすぎにはよく注意しないと、結構付着しやすいので、お風呂上りにタオルとかにもついてしまいます。
ネットでも気楽に購入できます。

価格 評価 備考
2800円 評価3.5 染まりやすい育毛で有名なアンファーのカラートリートメント
サンカラーマックスの特徴
  • 主な成分:ジメチコン
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:405円
  • PH値:不明
  • おすすめ度:ヘアカラーと併用する場合化学反応を起こしやすいので要注意。連続で使うのは心配かも。
価格 評価 備考
5400円 評価1 容量:75g

 

詳細ページはこちら で詳しい内容や、白髪を染めた口コミ情報入れていますので、クリックして良かったらお読みください(..)

 

※ヘアカラートリートメントランキングでは、随時管理人が実際に試した結果のもとで、おすすめのカラートリートメントを追加したり削除したりします♪

 

先頭に戻る

 

頭皮アレルギーでも使えるヘアカラートリートメント

 

30代後半~40代の頃に、白髪も目立ってきて、美容院で白髪染めするか、薬局などの市販のヘアカラーで染めるか迷いますよね?

 

どちらも同じ染毛剤で、強い刺激性のパラフェニレンジアミンを使用しています。→ヘアカラーのアレルギー症状と対策の記事はここ結構リアルな画像あるのでご注意を(..)

 

白髪染め 天然成分

 

また、白髪染めをすること自体が自分の老化を認めたみたいな気分になり、白髪染めをしないでマニキュアでごまかしてみたり、という人もいますが、これもおすすめしません。

 

色が落ちやすいので、もったいないですから、マニキュアで白髪をごまかすくらいなら、ヘアカラートリートメントで色を入れるほうが値段も安くていいですよ。

 

ヘアカラー続けるリスク

 

美容室で染めてもはじめは大丈夫な人でも、いつしか、アレルギーや刺激性皮膚炎を起こしてしまうケースが多く、美容室の白髪染めだから安心というわけでもありません。
(美容室のヘアカラーも市販のへアカラーと同じジアミンを使っていますが、トリートメント剤などで頭皮を保護しているので、その分浸透が少ないというだけです。)

 

年々ヘアカラーをし続けると突然ジアミンアレルギーを起こし、いつのまにか抜け毛や薄毛、ほかに健康被害にもなるケースあるので、早めに対策するのがいいですし、なるべく使わない方向のがいいでしょう。

 

頭皮に安心な白髪染めはジアミンや過酸化水素を使っていないのが第一条件で、天然成分を染料を使っている白髪染めで、それが、ヘアカラートリートメント(カラートリートメント)やヘナのカラーになります。

 

ヘナで白髪染めするのは大変

 

ヘナのカラーの場合は、準備や後片付けがとっても大変なので、自宅で自分で染めるタイプはヘアカラートリートメントがオススメです。

 

ヘアカラートリートメントは染毛料といって、化粧品の部類になり、薬品ではありません。

 

永久染毛剤でないので、時間がたつと必ず色はとれてしまうが、使い続けて頭皮にダメージをうけることはなく、上手に使うと、頭皮を健康にしていく成分も入っています。

 

HC染料や塩基性染料が白髪染めの効果をあげる

 

白髪染め 天然成分

ヘアカラートリートメントは簡単に言うとヘアマニキュアです。

 

髪の中まで刺激のある化学薬品を使って染色するのではなく、髪の表面だけをマニキュアのように色を付けます。

 

ヘアカラートリートメントの染料のほとんどが昆布や植物から抽出した成分を主に使っていましたが、最近はそれに加えてHC染料や塩基性染料を使っています。

 

キューティクルをほんの少しあけて染料を入れるので、ダメージがなく、しかも染まりやすくなったので、ひと昔前までは利尻やレフィーネは染まりにくくてルプルプしか染まらないって印象でしたが、今ではどれもしっかり色が入るようになりました。

 

ヘアカラートリートメントのデメリットは?

 

ヘアカラートリートメントのデメリット色落ちが早いことです。

 

カラートリートメント簡単に染まる

 

ヘアカラーは一度染めた部分はシャンプーをしても色落ちしませんが、ヘアカラートリートメントはシャンプーの度に少しずつ色落ちしていくので週に1回の頻度で使う人が多いです。

 

しかし、ヘアカラートリートメントの色が髪に定着してくると割と色落ちも少なくなるので薄くなっていく色を楽しみつつ10日~2週間くらい色もちさせている人もいます・・50代になった管理人はこの使い方をしています。

 

白髪染めには4種類のやり方がある

 

白髪染めをするには4つの種類に分けられrます。

 

どうもヘアカラーとかヘアカラートリートメントとかマニキュアとか言葉が似ていてなんとなく区別がしにくいと思いますが、以下の順番で頭皮に刺激が強いということです。

 

白髪染めの成分で刺激が強い順番

  1. 市販のヘアカラー
  2. 美容院のカラーリング(白髪染めもおしゃれ染めも含む)
  3. マニキュア(髪の表面だけ染める)
  4. ヘアカラートリートメント(カラートリートメント・白髪染めトリートメント)やヘナやカラーシャンプー

 

このほかに、ヘナを使った白髪染めやお歯黒式がありますが、純粋の成分を使った製品を選ぶのに、難しく、選び方にコツがあったりするのおすすめしません。

 

ヘナで染めるのは難しい

 

たとえば、ヘナカラートリートメントと名前に「ヘナ」と書いてあってもヘナは染料として使われていません。

 

ヘアケアや艶だしとしての効果をあげるためのヘナを使っているので、純粋にヘナで染めているわけではなく、HC染料や塩基性染料が入っているので名前は「ヘナ」がついていても、ヘアカラートリートメントの分類でした。

 

ヘナで染めているつもりなのに、実はHC染料で染めていた、という勘違いしている人、結構いるかもしれませんね。

 

HC染料は悪い成分ではありませんが、ほかの添加物や、補助として入っている成分もチェックをして正しい選び方で選ばないとどこに危険が転がっているかわかりませんね。

 

そのくらいヘナの扱いは難しいのです。⇒大丈夫?ヘナカラートリートメントを選ぶデメリット

 

頭皮が超過敏でヘアカラートリートメントも使えない人は?

 

また、この5種類のカラートリートメントランキングで取り上げている製品でも、アレルギー反応がでて使えなかったという人は、とっても頭皮が敏感で、もう何も使えない、とあきらめてしまうかもしれません。

 

しかし、くろめヘアカラートリートメントは超過敏な肌の人におすすめのヘアカラートリートメントです。

 

なかなかキレイなブラックに染まらないで、うす茶色になる程度ですが、白髪が目立たなくはなります(ヘナの仕上がりに近いかも)。

 

しかし、安心成分はイチオシであるので、とってもかぶれやすい人はくろめから始めましょう。

 

⇒くろめヘアカラートリートメントの口コミレビュー

 

敏感な頭皮を改善させるヘアカラートリートメント

 

頭皮アレルギーの状態

ジアミン系の染料など刺激が強すぎる成分を微量とはいっても、使い続けることで、ほとんどの人が突然のアレルギー反応や、突然の抜け毛現象などがあります。

(管理人の肌はかなり丈夫ですが、40代半ばで突然抜け毛の嵐となりました・涙)。

 

しかし、なるべく長い期間(半年以上)刺激の強い薬剤を使わないで、ヘアカラートリートメントに切り替え、睡眠もたくさんとって、規則正しい生活に切り替えて体調を整えていくと、じょじょに頭皮の健康も取り返すことができます。

 

長い目で見て、健康な頭皮を取り戻しましょう!

 

こちらのお役立ち記事も参考にしてください。
最新・ヘアカラートリートメント使っている管理人の口コミ
利尻ヘアカラートリートメントの色がわかる口コミ

 

先頭に戻る

タイトルとURLをコピーしました