パッチテストのヘ方法(ヘアカラーでアレルギー予防するには必須!)

パッチテストでアレルギー検査

必ず白髪染めや染毛する前には、次の手順でパッチテスト(皮膚試験)をやって肌のチェックをしてからにしましょう。

 

「パッチテスト」 とは、ヘアカラーに含まれる染毛剤などが原因で、かぶれる体質なのか、そうでないか?を事前に調べるテストが目標です。

 

いままでに異常なく染毛していた人でも、体調の変化によりかぶれることもありますから、今まで使っていたヘアカラーをまた使うときも、染毛前にはパッチテストを必ず行いましょう。

 

  1. 腕の内側でパッチテストを行うので、その部分ををよく洗い、水分を拭き取って、綺麗な状態にしてください。
  2. 洗って清潔にした部分に、実際使用する薬剤を10 円玉の 大木さくらいに薄く塗ります。約30分ほど放置して乾燥させてください。 ティッシで軽くふき取ってOK。
  3. 薬剤を塗ったとことは手で触らないようにしながら24から48 時間放置します。
  4. 塗った部分に発疹や赤み、または、かゆみくなったり、なにか刺激などの皮膚異常があるなら、必ずすぐに中断して水道水で綺麗に洗い流しましょう。
  5. 48時間後、テストした部位になにも変化なければ異常なしなので、アレルギーはないと見ますからヘアカラーを使っても問題ないでしょう。

花王HP:皮膚アレルギー試験(パッチテスト)

 

もし、 パッチテストが30分経過していない途中段階で、肌への異常が感じるときはすぐに中断して、薬剤を洗い流しますしょう。
症状が何日も続くようなら皮膚科など病院で受診してください。

 

その際、使った薬剤そのものや成分をしっかり書き写して 皮膚科医師に伝えると詳しい対処方法が見つかりやすいです。