パッチテストのヘ方法(ヘアカラーでアレルギー予防するには必須!)

パッチテストでアレルギー検査

必ず白髪染めや染毛する前には、次の手順でパッチテスト(皮膚試験)をやって肌のチェックをしてからにしましょう。

 

「パッチテスト」 とは、ヘアカラーに含まれる染毛剤などが原因で、かぶれる体質なのか、そうでないか?を事前に調べるテストが目標です。

 

いままでに異常なく染毛していた人でも、体調の変化によりかぶれることもありますから、今まで使っていたヘアカラーをまた使うときも、染毛前にはパッチテストを必ず行いましょう。

 

  1. 腕の内側でパッチテストを行うので、その部分ををよく洗い、水分を拭き取って、綺麗な状態にしてください。
  2. 洗って清潔にした部分に、実際使用する薬剤を10 円玉の 大木さくらいに薄く塗ります。約30分ほど放置して乾燥させてください。 ティッシで軽くふき取ってOK。
  3. 薬剤を塗ったとことは手で触らないようにしながら24から48 時間放置します。
  4. 塗った部分に発疹や赤み、または、かゆみくなったり、なにか刺激などの皮膚異常があるなら、必ずすぐに中断して水道水で綺麗に洗い流しましょう。
  5. 48時間後、テストした部位になにも変化なければ異常なしなので、アレルギーはないと見ますからヘアカラーを使っても問題ないでしょう。

花王HP:皮膚アレルギー試験(パッチテスト)

 

もし、 パッチテストが30分経過していない途中段階で、肌への異常が感じるときはすぐに中断して、薬剤を洗い流しますしょう。
症状が何日も続くようなら皮膚科など病院で受診してください。

 

その際、使った薬剤そのものや成分をしっかり書き写して 皮膚科医師に伝えると詳しい対処方法が見つかりやすいです。

ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法関連ページ

ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーアレルギーの治療!症状別
ヘアカラーアレルギーは、突然だれにでも起こりえるアレルギーです。もしあなたにかぶれなどのアレルギー症状が起きたら、どんな治療が必要でしょうか!?よく使われる薬について調べてみました!
ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?
市販のヘアカラーでオシャレに髪色を整えたり白髪染めをしたりするのに便利ですが、こわいのは皮膚炎などのリスクがあるということですがその中でも頭痛を起こす場合もあります、その仕組みと対策について紹介します。
ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?
ヘアカラーを使った白髪染めは根強い人気がありますよね?でもヘアカラー製品による皮膚炎などのトラブルはたくさん報告されてるんです。よく聞くのが「ジアミンアレルギー」という問題ですが、これってどんなトラブルなんでしょうか!?
アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?
白髪染めのヘアカラーは、市販されているし手軽にカラーリングできるので安全だと思っていませんか?実はヘアカラーに含まれている「パラ系染料」はとてもこわいアレルギー症状を引き起こすことがあるんです。その危険性についてリサーチしてみました!
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
市販のヘアカラーや美容院で白髪染め中や直後にアレルギー症状でたらすぐに対策が必要です。頭皮や周辺の皮膚の赤みやかゆみや痛みの症状によって自宅で対処するだけで改善する場合もあり、すぐに病院での治療が必要なくらい深刻なこともあり。症状による見分け方や治療法など、またかぶれない安全な白髪染めについてもご案内します。