カラートリートメント(ヘアカラートリートメント)はどんな白髪染め?

 

カラートリートメントとは

カラートリートメント(ヘアカラートリートメント)は主にトリートメントで髪にを付けることができる染毛料です。

おしゃれ染めで髪を青く染めたり用途に応じて黒染めするのにも便利なカラートリートメントもありますが、白髪を染めるトリートメントとして、40代からの女性に特に人気です。

 

美容院のカラーは染毛剤でカラートリートメントは染毛料

 

カラーリング後に抜け毛

美容院のカラーリング中に薬剤が沁みたり頭皮がピリピリと痛んできたり・・って経験ありませんか?

 

私は6年ほど前に経験し、その後抜け毛の量がひどくなり・・怖くなり調べたら、市販のヘアカラーや美容院で使う毛染めの薬剤が頭皮に悪く健康にまで悪影響なことを知りました。(市販の2剤式のヘアカラーも美容院のカラーも染毛剤に当たる)

 

おすすめの白髪染め方法!カラートリートメントを普段使いにする

 

それからは美容院で白髪染めするのは年に1回か2回程度にとどめています。普段はカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)で白髪染めしています。

 

いつもの白髪染め

でも、困ったことに、沢山のカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)が販売されていて、始めの頃どれを使ってもうまく染まりませんでした。しかもカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)の中には刺激の強いジアミンや過酸化水素を使っていなくても、害の恐れがある色素を染料に使っているカラートリートメントもあるので、安全なカラートリートメントを選ぶ見極めが難しいのです。

 

天然成分のカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)を使おう!

 

その後ちゃんと染まるし天然成分で安心のカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)を見つけることができ、今は頭皮の炎症も少なくなり、キレイに白髪染めができるようになって満足しています。

 

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

良いヘアカラートリートメントを選べば頭皮ダメージもなく白髪も1回でしっかり染まるんですね!しかも美容院代も節約できるのでコスパにも環境にもやさしいです。

 

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

わたしがいつも愛用しているカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)の口コミ辛口ぎみ・独断のカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)ランキングを参考にしてくださいね!

 

 

失敗しないカラートリートメントの選び方!成分や染まり方を比較

 

頭皮にやさしい天然成分にこだわりすぎると、白髪がなかなか染まりにくいカラートリートメントを選んでしまうので要注意。PH値も弱アルカリ性が良く中性やさらに、弱酸性になると何度染めても染まらない・・という結果にもなります。また、合わせて使うシャンプーやヘアケア剤にも気を配りましょう。

 

カラートリートメントは沢山の種類がでているけど、比較すると、成分の違いや染まり方も少しずつ違うので、初めて使う人でも失敗しないカラートリートメントの選び方を紹介します。

 

管理人のカラートリートメント体験談の口コミ・写真付きレビュー

 

利尻カラートリートメント口コミ

47歳からカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)を愛用して6年目のわたしが気に入ってる厳選のカラートリートメント4つです。

 

それぞれ成分も改良され白髪が染まりやすくなり使いやすくなった愛用のトリートメントです。

 

ルプルプカラートリートメント口コミ

口コミ写真のビフォーアフターを見れば、白髪が上手に染まる方法もわかりますので、参考にどうぞ。

 

管理人が白髪染めした写真と効果紹介中!クリックで最新の体験画像の記事に飛びます

 

 

レフィーネヘッドスパ口コミ

ルプルプカラートリートメントで白髪染め効果

 

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ

 

レフィーネヘッドスパで白髪染め前後の効果

 

ラサーナカラートリートメント白髪染め効果

 

 

管理人からのメッセージ

 

今まで20種類以上の白髪用カラートリートメントを使ってみて、良かったと感じたヘアカラートリートメントを4種類抜粋し、それぞれの特徴を正直にまとめてみました。

※裏技で5分で染めるテクニックあるので是非、管理人の白髪染め体験談も参考にしてくださいね。

 

最終更新日:2016/12/04

 

おすすめヘアカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)ランキング

 

カラートリートメントおすすめランキング

安心成分、初回購入がお得な価格、染まりやすさの3つのポイントで辛口評価したカラートリートメントランキングは以下になります。

 

他の評価もカテゴリ別のメニューページに実際に体験した写真と合わせて紹介しているので、どうぞ参考に!

 

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラー

バナー原稿 125×125 (120316)imp

ルプルプwフコイダンの効果で髪や頭皮に優しいだけでなく薄毛対策にもうれしい効果あり!く無添加・低アルコール!キャンペーン価格1,834円(税抜)

素手でも白髪染めできるヘアマニキュアタイプの白髪染め。1回でしっかり染まり頭皮にやさしく万が一の返金制度も安心。お試し価格が手頃+送料無料!初回購入が一試しやすいので大人気!
使いやすいがポイント!

 

価格3,000円1,980(税込)円 容量200グラム 
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

利尻昆布ヘアカラートリートメント

バナー原稿imp

髪や頭皮を痛めず白髪染めをしたい人は、完全無添加・無香料の利尻ヘアカラーがおすすめ!1回分220円でキレイに白髪染めできます。おすすめは乾いた髪に塗り、15-20分ほど放置してから入浴して洗うのが有効です。

刺激強い成分なし!がポイント

 

初回限定1000円引き2,160円 容量200グラム 
税込・送料540円
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

レフィーネヘッドスパ白髪染め

バナー原稿 120×120 (120215)imp

モンドセレクションを受賞!楽天市場カラーリング部門で160週連続の1位獲得!世界が認めた白髪染めレフィーネシリーズのレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー!白髪染めなのにスゥーっとして気持ちいい!染めながら自宅で天然ヘッドスパ体験

業界初・染めながらヘッドスパできる白髪染め!スカルプケア成分配合・頭皮環境UP。4色のカラーを混ぜて好きな色にアレンジもできる。
薄毛に効く白髪染め!がポイント

 

価格3,600円 税込・送料600円 容量300gたっぷり! 
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

カラートリートメント続けた結果

ラサーナヘアカラートリートメント

ラサーナヘアカラートリートメントは、2015年春に登場!それまで脱色しないヘアカラータイプの白髪染めとは変わり、天然染料のみで仕上げた染まりやすいカラートリートメントとなりました。美髪で有名なラサーナからの白髪染めトリートメントの特徴が、「Wカラー処方」です。

 

W(ダブル)カラー処方・・髪の内側と外側をWダブルで染める方法で、2種類の染色成分を配合。実際に、しっかり染まるので、天然染料の白髪染めで1回でキレイに染まるのを求めている人にオススメです。
5分でも染まる早さ!がポイント

 

価格3024円(税込)⇒2980円(税込) 容量180グラム
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

 

おすすめカラートリートメントで選んだ比較ポイント

 

★最近毛が薄くなったかもと心配の方や、毛染め中に頭皮がチリチリ傷んだりして心配になっている女性がこれから使う白髪染めとして比較するのに、おすすめのランキングにしました。管理人がすべて使ってみて感じたポイントで評価しました。特に以下の項目を意識して辛口にしました。

カラートリートメント比較ポイント辛口比較のポイント

  • 1回でしっかり染まるか?
  • 頭皮ダメージは?PH値は?
  • 主な成分・天然成分は何?
  • 染め持ちはどのくらい?
  • 返品や交換の保証は?
  • 価格と初回限定価格、送料は?
  • 頭皮に良い効果や薄毛改善できそう?

 

白髪染めは「だんだん染まる」ではダメ

 

髪のダメージや抜け毛

できるだけ頭皮ダメージなく薄毛を改善しながら、しっかり染まるヘアカラートリートメントを使いたいと思うのは当然です。「だんだん染まります」とか「3回くらい連続して使用していくと白髪が染まります」という説明のあるカラートリートメントがあるけど、それでは、白髪染めの意味がありませんね。

 

忙しい女性にとって、1回でちゃんと染まる、しかも最低1週間は染め持ちする、これが最重要です。その上でかぶれやすい人でも安全に使える毛染めであれば、ずっと愛用できますね。
50代になってしまった管理人が実際に試して納得したヘアカラートリートメントをランキング形式にしたので、忙しい人は上の4種類を抜粋したヘアカラートリートメントのランキングで選べば、どれでも使い方さえ間違わなければ簡単に白髪が染まりますし、頭皮にも安心です。

 

市販のヘアカラーも美容院のカラーも刺激が強い

 

薬局などの市販の白髪染めヘアカラーと比較して、ヘアカラートリートメントはかなり安全です。ヘアカラートリートメントは、刺激の強い薬品であるジアミンを使っていませんし、酸化染毛剤も不使用です。危険と囁かれる染料や香料も極力控えています。

 

美容院のカラーはキレイに染まるし、髪もキレイに仕上がるけど、毎月のように利用しているとだんだんと頭皮が蝕まれていき、、、ある日突然「頭皮が痛い!」と液がしみてしまいます。これは、「ジアミンアレルギー」の初期症状の場合もあり、刺激を受けているだけかもしれませんが、どちらにしても注意したほうがいいです。

 

すでに頭皮の色が違って赤らんでいる可能性があり、早く対策をしていかないと、抜け毛が増えるだけでなく、薄毛に進行する場合もあります。早く対処すれば治りますので白髪染めはヘアカラーでなくトリートメントタイプにしましょう。

 

初回価格が安いカラートリートメントを試すのが良い

 

4種類のカラートリートメントを全部使ってみて、自分で比較して自分に合ったものを選ぶのが一番のオススメですが、初回購入特典を上手に利用して、参考に選んでください。

 

ジアミンのような強めの薬剤は、頭皮アレルギーを起こしやすいし、刺激性皮膚炎にもなりやすいです。また、微量ながらに体内に入り残るので、肝臓に良い影響を与えません。早い段階で、自然素材の昆布や花などを主な染料とした白髪染めをなるべく使っていき、市販のヘアカラーや美容院のカラーリングで白髪染めするの回数を抑えていくのがおすすめです。

 

白髪染めトリートメントランキングではもう少し詳しく調べてあるので参考にするといいですね!

 

 

1回でちゃんと染まるヘアカラートリートメント

 

こちらは初めてヘアカラートリートメントを使う人で、1回でちゃんと染まるの(左)と、2回か3回使用でちゃんと染まったカラートリートメント(右)の違いです。

 

1回でしっかり染まったか?

カラートリートメント比較ポイント

 

LpLp(ルプルプ)とラサーナヘアカラートリートメントは、たった1回で驚くほどにしっかり染まりました!染まり度は合格です。また、利尻昆布ヘアカラーとレフィーネヘッドスパは、2回連続使用で、染まった!という実感です。

 

初回購入が一番お得でよく染まるルプルプ

バナー原稿imp

 

定期購入は最安値(全額返金制度あり)

 

敏感肌向け!利尻ヘアカラートリートメント

バナー原稿imp

サスティの[無添加]利尻白髪かくし

 

天然成分で比較すると、レフィーネと利尻昆布のが天然性は多くルプルプは、防腐剤などの使用はないが、若干、刺激性界面活性剤などを使用。

 

天然性高い白髪染めレフィーネ

 

生え際リタッチなど即染まるラサーナ

 

細かくみると少しずつ成分は違うけど、主な染料はほぼ天然成分を占めているヘアカラートリートメントなので、市販のヘアカラーや美容院の毛染めと比べたらどれもすべて安心の白髪染めなんです♪

 

PH値も6から8だから、安心して使えますね、特にルプルプは、初回購入は一番安く税込で1980円!

 

肌に合わない人の返金保証もあるので、迷っている人は、ルプルプから試すのがいいですね。

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、2015年春に初めて登場した白髪染めトリートメントですが、これまでにないくらい1回でしっかり染まります。

 

若干刺激性のある化学染料が入ってるものの、ほとんどが自然成分使用のカラートリートメント。染まりやすいのを求めている人にオススメで生え際だけのリタッチ染めにも◎です。

カラートリートメントは白髪が染まりにくいと言うけど、初めて使う人でも1回でちゃんと染まります

 

1回目で染まりにくくても2回連続でほとんどのカラートリートメントは染まるので、それ以上染まらないときは、白髪染め方法が間違っていたのか、製品選びが間違っているのか、どちらかだと思って間違いないでしょう。
カラートリートメントが1回でちゃんと染まる方法は?染まらない原因はこちら

 

ヘアカラートリートメントの成分(PH値の酸性〜中性〜アルカリ度で刺激性比較)

 

美容院での毛染めや市販(薬局で売ってるような製品)のヘアカラーと比べて、それぞれのヘアカラートリートメントは、どのくらいのPH値なのでしょう。アルカリ度が強いとそれだけ刺激が多く、中性に近ければ近いほどナチュラルで刺激は少ないのですが、その分染まりにくくなるので、適度なところの微アルカリ性くらいがよさそうです。

カラートリートメント 比較

PH値で見ると、利尻昆布ヘアカラーとレフィーネのヘッドスパが一番、二番目にルプルプヘアカラートリートメントが、中性に近く、微アルカリ性といえるので、頭皮のことを考えたカラートリートメントですね!

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、染まりやすいですが、PH値が8超えなので、アレルギー肌の人はパッチテストを行ってから使用しましょう。

 

もちろん、美容院の毛染めや市販のヘアカラーよりはよっぽどナチュラルでいいのですが、やはり、頭皮を労わりたいなら、せめて、ルプルプヘアカラートリートメント

 

しっかり気にしたいなら、利尻昆布かレフィーネを選ぶのがおすすめです!

 

天然成分が適度に含まれ初めて使う人でも、1回でしっかり染まるカラートリートメントを選ぶこと(実際に使ってみるのが一番。当サイトの辛口評価で決めた4種類抜粋!おすすめランキングを参考にどうぞ!)
2016年おすすめのヘアカラートリートメントランキング

 

お試し価格がお得なヘアカラートリートメント

 

初回購入がお得なヘアカラートリートメントを比較しました!

 

ルプルプヘアカラー白髪染め

初回限定価格は1980円で一番安いルプルプは送料無料で税込価格!さらに、肌に合わないなどトラブルなどで返品する場合も到着後10日以内なら対応できますので、お試しで使うヘアカラートリートメントにピッタリですね。

 

レフィーネヘッドスパ白髪染め利尻ヘアカラー白髪染め

 

LpLp(ルプルプ)白髪染めトリートメントは、断然安いし、成分のPH値も6.5以上〜6.8程度なので、弱アルカリ性なので安全に使えてちゃんと染まるのがいいですね。

 

万が一肌が負けてしまった場合でも、10日以内の返品保証があり、送料無料で全額返金OK

上の3つのヘアカラートリートメントはどれも安心して使えて、メリットが高いので、一番お得!と感じたものを選ぶといいでしょう。2種類くらい使ってみて試してから判断するのもいいでしょう。

 

初めて使うトリートメントにピッタリ

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

ルプルプの白髪染め効果

 

14種類の人気のヘアラートリートメントおすすめ度ランキング

 

4種類のおすすめヘアカラートリートメントのほかには、まだまだ売れ筋のヘアカラートリートメントが沢山あります。独断で辛口評価した白髪染めをおすすめ順にランキング形式で紹介しましたので参考にしてください。(不定期に更新します。最終更新:2016年11月)

 

白髪染め比較

ルプルプの特徴

  • 主な成分:ルプルプWフコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:270円
  • PH値:7くらい
  • おすすめ度:使いやすく人気高い

価格 評価 備考
初回1980 税込円 評価5 200g

白髪染め比較

利尻トリートメントの特徴

  • 主な成分:利尻昆布フコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:250円
  • PH値:6.5から7
  • おすすめ度:かぶれやすい人に◎

価格 評価 備考
初回2000円 評価5 200g

白髪染め比較

レフィーネヘッドスパの特徴

  • 主な成分:浸透型アミノ酸
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:300円
  • PH値:7くらい
  • おすすめ度:薄毛ぎみにおすすめ

価格 評価 備考
3600円 評価5 容量:300g

白髪染め比較

ラサーナトリートメントの特徴

  • 主な成分:ムラサキ根エキス
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:300円
  • PH値:7から8
  • おすすめ度:Wカラー処方・早染め

価格 評価 備考
3024円 評価4.5 容量:180g

玉髪 白髪染め 比較

玉髪の特徴

  • 主な成分:バラやフコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:230円
  • PH値:7
  • おすすめ度:使いやすい

価格 評価 備考
3364円 評価4 容量:160g

エフキュア 白髪染め 比較

エフキュアの特徴

  • 主な成分:天然海藻フコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:173円
  • PH値:7
  • おすすめ度:使いやすい

価格 評価 備考
3456円 評価4 容量:200g

利尻シャンプーの特徴

  • 主な成分:利尻昆布フコイダン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:90円
  • PH値:6
  • おすすめ度:メンズ向けに◎自然な染まり具合。

価格 評価 備考
3780円 評価4 容量:200ml
KIWABIの特徴

  • 主な成分:22種類の植物由来
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:498円
  • PH値:不明
  • おすすめ度:使いやすい

価格 評価 備考
4980円 評価3 容量:150g

スカルプD ヘアボーテ 白髪染め 比較

ボーテ ・カラートリートメント(スカルプD)の特徴

  • 主な成分:浸透型コラーゲン
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:210円
  • PH値:8
  • おすすめ度:使いやすい

価格 評価 備考
2800円 評価3 容量:200ml

DHCヘアカラートリートメント 比較

DHCクイックカラーの特徴

  • 主な成分:Wカラー成分
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:660円
  • PH値:不明
  • おすすめ度:まあまあ
主な成分:Wカラー成分

価格 評価 備考
2883円 評価3 容量:235g

くろめ 白髪染め 比較

くろめヘアカラートリートメントの特徴

  • 主な成分:フロロタンニン
  • 返金保証:あり
  • 1回あたりの値段:229円
  • PH値:4.8±0.5
  • おすすめ度:染まりにくいけど安心成分でPH5前後!

価格 評価 備考
2980円 評価3 容量:200g
キラリ(煌髪)の特徴

  • 主な成分:ヘアケアキューブ
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:250円
  • PH値:3〜6
  • おすすめ度:染まりにくいが安心

価格 評価 備考
3240円 評価3 容量:200g

白髪染め比較

ラサーナヘアカラーの特徴

  • 主な成分:海藻エキス
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:1000円
  • PH値:9
  • おすすめ度:ジアミンアレルギーの方は使えない

価格 評価 備考
3024円 評価3 容量:80g ムースタイプ
サンカラーマックスの特徴

  • 主な成分:ジメチコン
  • 返金保証:なし
  • 1回あたりの値段:405円
  • PH値:不明
  • おすすめ度:ヘアカラーと併用する場合化学反応を起こしやすいので要注意。

価格 評価 備考
3240円 評価1 容量:40g

 

詳細ページはこちら で詳しい内容や、白髪を染めた口コミ情報入れていますので、クリックして良かったらお読みください(..)
※カラートリートメントランキングでは、随時管理人が実際に試した結果のもとで、おすすめのカラートリートメントを追加したり削除したりします♪

 

カラートリートメントとヘアカラーとはどう違う?

 

30代後半〜40代の頃に、白髪も目立ってきて、美容院で白髪染めするか、薬局などの市販のヘアカラーで染めるか迷う人が多いでしょうが、結局はどちらも同じで、強い刺激性のパラフェニレンジアミンを使用しています。→ヘアカラーのアレルギー症状と対策の記事はここ結構リアルな画像あるのでご注意を(..)

 

また、白髪染めをすること自体が自分の老化を認めたみたいな気分になり、白髪染めをしないでマニキュアでごまかしてみたり、という人もいますが、色が落ちやすいので、もったいないですから、マニキュアで白髪をごまかすくらいなら、ヘアカラートリートメントに変えた方が安くて染まりやすいですよ。

 

白髪染め 天然成分

 

美容室で染めるとはじめは大丈夫な人でも、いつしか、アレルギーや刺激性皮膚炎を起こしてしまうケースがあり、美容室の白髪染めだから安心というわけでもありません。(美容室のヘアカラーも市販のへアカラーと同じジアミンを使っていますが、トリートメント剤などで頭皮を保護しているので、その分浸透が少ないというだけです。)
年々ヘアカラーをし続けると突然ジアミンアレルギーを起こし、いつのまにか抜け毛や薄毛、ほかに健康被害にもなるケースあるので、早めに対策するのがいいですし、なるべく使わない方向のがいいでしょう。

 

頭皮に安心な白髪染めはジアミンや過酸化水素を使っていないのが第一条件で、天然成分を染料を使っている白髪染めで、それが、ヘアカラートリートメント(カラートリートメント)やヘナのカラーになります。ヘナのカラーの場合は、準備などが大変なので、自宅で自分で染めるタイプはヘアカラートリートメントがオススメです。これは染毛料といって、化粧品の部類になり、薬品ではありません。永久染毛剤でないので、必ず色ははげますが、使い続けて頭皮にダメージがあるということはなく、上手に使うと、頭皮を健康にしていく成分も入っています。

 

ヘアカラートリートメントとは?

 

白髪染め 天然成分

ヘアカラートリートメントは簡単に言うとヘアマニキュアです。髪の中まで刺激のある化学薬品を使って染色するのではなく、髪の表面だけをマニキュアのように色を付けます。

 

また、分類では化粧品と同じで染毛料といって、刺激成分が入った永久染毛できるヘアカラーは染毛剤といいます。

 

ヘアカラートリートメントの染料のほとんどが昆布や植物から抽出した成分を主に使っていて、一部合成着色料を使いますが、天然成分がメインなのでアレルギーがある人でも安心して使えます。分類もお化粧品になっています。

 

またトリートメント効果もある成分が入っているので、白髪を染めながら髪もキレイになれるといううれしい商品です。お風呂でいつものトリートメントの代わりに使えば簡単に染められるし乾いた髪に使うこともできます。またヘアカラー特有の面倒な準備も必要ありません。

 

カラートリートメント簡単に染まる

 

ただデメリットとしては色落ちが早いことです。ヘアカラーは一度染めた部分はシャンプーをしても色落ちしませんが、ヘアカラートリートメントはシャンプーの度に少しずつ色落ちしていくので週に1度、または製品によってはもう少しの使用が必要です。

 

一方、ヘアカラーで白髪染めした場合は、1回染めると1か月〜2か月ほど染め持ちします、ただし、過酸化水素やジアミンも含まれ、頻繁に使っていると、いずれアレルギー症状を起こす場合もあるし、発がん性の噂もあるので、要注意したほうがいいでしょう。

 

白髪染めの成分で刺激が強い順番

  1. 市販のヘアカラー
  2. 美容院のカラー
  3. マニキュア
  4. ヘアカラートリートメント

ヘナを使った白髪染めやお歯黒式などがありますが、選び方にコツがあったり、完全な天然成分のヘナ以外の別の成分が入っていたりするものも多く、選びにくいので、当サイトではオススメしてはいません。時間もかからない手軽さや染まりやすさを優先すると、この4種類のカラートリートメントで白髪染めするのが一番簡単です。でも、アトピーぎみのお肌の人や体質が弱い人はその中でも、なるべく、頭皮にダメージの少ない影響の成分を使っているカラートリートメントから試してみるのがよいでしょう。

 

肌が過敏人向け白髪染め

 

ルプルプよりはレフィーネヘッドスパ利尻ヘアカラートリートメントのどちらかなら安心して使いやすいと思うので、白髪染めの比較するのでも、この2品のどちらかが良いでしょう。

 

また、この2品でも合わない、となったら、くろめヘアカラートリートメントがおすすめ。なかなかキレイなブラックに染まらないで、うす茶色になる程度ですが、白髪が目立たなくはなります(ヘナの仕上がりに近いかも)。しかし、安心成分はイチオシであるので、とってもかぶれやすい人はくろめから始めましょう。⇒くろめヘアカラートリートメントの口コミレビュー

 

ジアミン系の染料など刺激が強すぎる成分を微量とはいっても、使い続けることで、ほとんどの人が突然のアレルギー反応や、突然の抜け毛現象などがあります(管理人の肌はかなり丈夫ですが、40代半ばで突然抜け毛の嵐となりました・涙)。なるべくカラートリートメントに切り替えるのがオススメです。

カラートリートメントとヘアカラーとの違い

 

毛髪を一時的に着色する白髪染め製品。主成分は化粧品に使用される酸性染料や植物から抽出した天然染料が使われている。アレルギー性が低いため、ヘアカラーなど染毛剤でカブレる人も使用でき、毛髪へのダメージがほとんどない。デメリットは、シャンプー等で色落ちがしやすいので、頻繁に染めなくてはいけない。

こちらのお役立ち記事も参考にしてください。
ヘアカラーの成分の毒性!白髪染め比較
美容院とヘアカラートリートメントの併用方法

 

ヘアカラートリートメントの効果!メリットデメリット

 

白髪染めで髪を傷めたくない、体に優しい成分が入っているもので染めたいという人に人気なのがヘアカラートリートメントで、白髪を染めると髪がバサバサになってしまうという悩みも解決してくれます。主なメリットやデメリットをまとめました。

ヘアカラートリートメントのメリットとデメリット

(メリット)

  • 髪や頭皮のダメージが少なくアレルギー肌の人でも使える
  • 簡単な準備で自宅で染められて経済的
  • トリートメント剤に育毛効果や髪への保湿効果あり
  • ツンとした匂いなく優しい香りか無香料のどちらか

 

(デメリット)

  • シャンプーの度に色落ちする
  • 毎週染めなくてはいけないから手間と感じる
  • 使いはじめは1回でしっかり染まりにくいことあり
  • 放置する時間が手持無沙汰で面倒

 

ヘアカラートリートメントとは

ヘアカラーで染めたことがある人は、染めたあとのバサバサ感がイヤですよね。美容院で染めるとダメージが少ないと感じますが、基本的に使っている薬剤などは同じなので、髪にはダメージがあります。ただそこはプロなので、染めた後のアフターケアがしっかりしていたり、白髪染めと一緒にトリートメントを勧めたりしてキレイな髪で帰ることができるわけです。

 

自宅で白髪染めをするという人も、染めた後はトリートメントや美容液を塗りこんだりと必死にケアするのではないでしょうか。

 

ヘアカラートリートメント簡単に染める方法

ヘアカラートリートメントはトリートメント成分が入っているので、白髪を染めながらトリートメントも一緒にしています。だから洗い流すときの髪のギシギシ感もなく、別にトリートメントを使う必要もないのに、艶やかでサラサラの髪になれます。

 

ヘアカラートリートメントは表面に色をつけるマニキュアタイプなので、洗うたびに色落ちするからといって、すすぎを適当にしてしまうと逆効果になることがあり、染料が頭皮に残り皮膚呼吸の邪魔になるというケースもあります。しっかりすすぎをして、すすぎの色が透明の水の色になるまですすぐ必要あります。そこまで洗っても1週間くらい色持ちするようにできているので、そこは安心していいですよ。

 

また、週に1回も白髪染めをするなんて面倒!と感じる人もいるかも知れませんが、簡単に染められる裏技があるのでそちらも紹介するので参考にどうぞ!

 

<<へアカラートリートメントの裏技>>

 

今日はもう出かけない、という日の帰宅後に夕食作る前にサッと鏡を見てヘアカラートリートメントの染料を生え際にのせて染料をコームを使ってしっかり伸ばします。白髪が目立つところだけに塗って、塗り終わったら、終わり(ここまでで私は5分くらい)。その後は晩御飯の支度を始め1時間くらいかけて食事を作り、家族がそろったらいただきます。入浴するまでに2時間-3時間くらいかかりますが、そのまま気にせず入浴。結果として、何時間も染料をつけて染め置き時間を稼ぐことになり、これがわざわざ染め置き時間を作らないのでとても楽です。しかもしっかり染まるのでオススメな方法です。私はこれでルプルプや利尻トリートメントをよく使いますが、レフィーネヘッドスパを使って、お風呂で頭皮マッサージをしたりします。

 

⇒利尻トリートメントレビュー

 

⇒レフィーネヘッドスパレビュー

 

薄毛を改善したい人におすすめのカラートリートメントは?

 

最後に、ジアミンアレルギーではないけど薄毛に悩んでる女性におすすめのヘアケアとヘアカラートリートメントを紹介します。

 

乾燥した頭皮

抜け毛が多くなっている頭皮は、頭皮の場所によって、青みがかっている部分と赤みが出ている部分とまだらにあるはずです。

 

乾燥が進んで痒みを感じていると、必ず赤みが出ています。

 

なかには痒みは感じていないという人もいますが、抜け毛がある頭皮の原因はほとんどが頭皮の乾燥から始まっているので、保湿が必要なのと頭皮の毛穴の健康を大事に考えるべきです。

 

まずは、1番大事なのは、十分な睡眠です。

 

頭皮は体のストレスや疲れがすぐに表れる場所なので、もし、睡眠不足ぎみなら、かならず生活改善から始めてくださいね。また、シャンプーする前に必ず湯洗いをしっかりしてください。頭皮の剥がれ(フケ)は目に見えていなくても毎日沢山でているので、まず、お湯でシャンプーなしでしっかりと頭皮を洗ってから、シャンプーとすすぎをしてください。

 

白髪染めには、利尻昆布ヘアカラー、またはレフィーネヘッドスパがオススメで、頭皮の血流をよくする成分がふんだんに入っていますので、利用してください。

 

レフィーネで薄毛治る?髪が生えた!白髪染めやめて薄毛が改善!

 

薄毛ぎみの人は完全無添加無香料の白髪染めから始めよう!

 

生え際近くの薄毛が気になっている人は頭皮ダメージをなるべく抑える白髪染めがオススメ。完全な天然成分でできるだけ頭皮に安心な白髪染めなら、利尻昆布ヘアカラーか、レフィーネヘッドスパがいいでしょう!どちらも毎月の定期便の申込みには、割引がありお得です。使ってみて頭皮に問題がなかったら、お得な定期購入で安く続けられます。

 

4種類のカラートリートメントランキングでおすすめしている白髪染めトリートメントはジアミンや刺激性の強い成分は全て入っていませんが、頭皮アレルギーや抜け毛の抜け方などを1週間、2週間、とチェックしつつ、効果は1ヶ月単位でみていくのがコツです(肌のターンオーバーと同じなので28周期が基本)。また、生え際の白髪が気になるときに、こちらも併用するとかなり便利★

 

1本あると重宝する利尻白髪かくし