カラートリートメントランキングで白髪染め比較&辛口評価

 

ヘアカラートリートメントなんかで白髪は染まらないって、思っていましたが、良い製品選びをすれば頭皮ダメージもなく白髪もしっかり染まるんです!

 

ルプルプカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントは沢山の種類がでているけど、比較すると、多少の成分の違いがあり、また染まり方も少しずつ違うので、失敗しないカラートリートメントの選び方を紹介します。

 

ヘアカラートリートメントの選び方ポイント1

頭皮にやさしい天然成分にこだわりすぎると、白髪がなかなか染まりにくいヘアカラートリートメントを選んでしまうので要注意。

 

ヘアカラートリートメントの選び方ポイント2

天然成分が適度に含まれ初めて使う人でも、1-2回でしっかり染まるヘアカラートリートメントを選ぶこと(実際に使ってみないとわからないので、口コミをチェックするか、初回購入者に返金制度があれば使ってみるのが一番)。

 

管理人からのメッセージ

 

当サイトでは、今まで10種類以上の白髪用カラートリートメントを使ってみて、
良かったと感じたヘアカラートリートメントを4種類抜粋しました。
また、それぞれの特徴を正直にまとめてみました。

 

以上のカラートリートメントの選び方2つをポイントにして、実際に使ったヘアカラートリートメントの中から、特に良かったと感じた白髪染めをピックアップして、いろいろな角度から比較してみます!

 

天然成分のヘアカラートリートメントで早く白髪が染まるかで比較。
白髪がよく染まるランキング

 

また、各ヘアカラートリートメントのHPには、染めた後のビフォーアフター写真あり、是非チェックしましょう。
管理人が白髪染めした写真と効果も紹介中!
ルプルプ
レフィーネ
利尻昆布
ラサーナ

白髪が1回で染まったのと2回目から染まったヘアカラートリートメント

 

1回でしっかり染まったか?

カラートリートメント比較ポイント

 

LpLp(ルプルプ)とラサーナヘアカラートリートメントは、たった1回で驚くほどにしっかり染まりました!染まり度は合格です。また、利尻昆布ヘアカラーとレフィーネヘッドスパは、2回連続使用で、染まった!という実感です。

 

初回購入が一番お得でよく染まるルプルプ

バナー原稿imp

定期購入は最安値(全額返金制度あり)

 

天然成分で比較すると、レフィーネと利尻昆布のが天然性は多くルプルプは、防腐剤などの使用はないが、若干、刺激性界面活性剤などを使用。

 

天然性高い白髪染めレフィーネ

 

完全無添加刺激成分0利尻昆布

 

細かくみると少しずつ成分は違うけど、主な染料はほぼ天然成分を占めているヘアカラートリートメントなので、市販のヘアカラーや美容院の毛染めと比べたらどれもすべて安心の白髪染めなんです♪

 

PH値も6から8だから、安心して使えますね、特にルプルプは、初回購入は一番安く税込で1980円!肌に合わない人の返金保証もあるので、迷っている人は、ルプルプから試すのがいいですね。

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、2015年春に初めて登場した白髪染めトリートメントですが、これまでにないくらい1回でしっかり染まります。

 

若干刺激性のある化学染料が入ってるものの、ほとんどが自然成分使用のカラートリートメント。染まりやすいのを求めている人にオススメで生え際だけのリタッチ染めにも◎です。

PH値(酸性〜中性〜アルカリ度)で刺激性を比較

美容院での毛染めや市販(薬局で売ってるような製品)のヘアカラーと比べて、それぞれのヘアカラートリートメントは、どのくらいのPH値なのでしょう。アルカリ度が強いとそれだけ刺激が多く、中性に近ければ近いほどナチュラルで刺激は少ないのですが、その分染まりにくくなるので、適度なところの微アルカリ性くらいがよさそうです。

カラートリートメント 比較

PH値で見ると、利尻昆布ヘアカラーとレフィーネのヘッドスパが一番、二番目にルプルプヘアカラートリートメントが、中性に近く、微アルカリ性といえるので、頭皮のことを考えたカラートリートメントですね!

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、染まりやすいですが、PH値が8超えなので、アレルギー肌の人はパッチテストを行ってから使用しましょう。

 

もちろん、美容院の毛染めや市販のヘアカラーよりはよっぽどナチュラルでいいのですが、やはり、頭皮を労わりたいなら、せめて、ルプルプヘアカラートリートメント

 

しっかり気にしたいなら、利尻昆布かレフィーネを選ぶのがオススメです!

値段で比較するとどれがお得なヘアカラートリートメント?

次に価格で比較してみましょう!

 

激安白髪染めトリートメント

 

カラートリートメント 比較

 

LpLp(ルプルプ)白髪染めトリートメントは、初回のお試し価格が他の白髪染めトリートメントに比べて、断然安いPH値も6.5以上〜6.8程度なので、中性に近く天然成分といえます。万が一肌が負けてしまった場合でも、10日以内の返品保証があり、送料無料で全額返金OK

 

総合的に判断しても、初めてカラートリートメントを試したい、という人は、まずLpLp(ルプルプ)の初回購入で購入するのが一番お得だと思います。

 

初めて使うトリートメントにピッタリ

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

ヘアカラートリートメントランキング

 

薄毛ぎみの人は完全無添加無香料の白髪染めから始めよう!

 

生え際近くの薄毛が気になっている人は頭皮ダメージをなるべく抑える白髪染めがオススメ。完全な天然成分でできるだけ頭皮に安心な白髪染めなら、利尻昆布ヘアカラーか、レフィーネヘッドスパがいいでしょう!どちらも毎月の定期便の申込みには、割引があ莉お得です。使ってみて頭皮に問題がなかったら、お得な定期購入で安く続けられます。

 

ヘアカラートリートメントランキング!白髪がよく染まる

以上の点でまとめて評価したカラートリートメントランキングは以下になります。
他の評価もカテゴリ別のメニューページに紹介しているので、どうぞ参考に!

 

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラー

バナー原稿 125×125 (120316)imp

フコイダンをたっぷり含んだガゴメ昆布エキスの効果で髪や頭皮に優しく無添加・低アルコール!キャンペーン価格1,834円(税抜)

素手でも白髪染めできるヘアマニキュアタイプの白髪染め。1回でしっかり染まり頭皮にやさしく万が一の返金制度も安心です。お試し価格が安いので、気軽に試せますね。

 

価格3,000円1,980(税込) 容量200グラム 
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

カラートリートメント続けた結果

利尻昆布ヘアカラートリートメント

髪や頭皮を痛めず白髪染めをしたい人は、完全無添加・無香料の利尻ヘアカラーがおすすめ!1回分220円でキレイに白髪染めできます。おすすめは乾いた髪に塗り、10分ほど放置してから入浴し染めるのが有効です。

 

初回限定1000円引き2,160円 容量200グラム 
税込・送料540円
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

レフィーネヘッドスパ白髪染め

バナー原稿 120×120 (120215)imp

モンドセレクションを受賞!楽天市場カラーリング部門で160週連続の1位獲得!世界が認めた白髪染めレフィーネシリーズのレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー!白髪染めなのにスゥーっとして気持ちいい!染めながら自宅で天然ヘッドスパ体験

業界初・染めながらヘッドスパできる白髪染め!スカルプケア成分配合・頭皮環境UP。4色のカラーを混ぜて好きな色にアレンジもできる!

 

価格3,600円 税込・送料600円 容量300グラムたっぷり! 
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

ラサーナヘアカラートリートメント

ラサーナヘアカラートリートメントは、2015年春に登場!それまで脱色しないヘアカラータイプの白髪染めとは変わり、天然染料のみで仕上げた染まりやすいカラートリートメントとなりました。美髪で有名なラサーナからの白髪染めトリートメントの特徴が、「Wカラー処方」です。

 

W(ダブル)カラー処方・・髪の内側と外側をWダブルで染める方法で、2種類の染色成分を配合。実際に、しっかり染まるので、天然染料の白髪染めで1回でキレイに染まるのを求めている人にオススメです。

 

価格3024円(税込)⇒2980円(税込) 容量180グラム
評価ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラートリートメントのデメリットヘアカラートリートメント人気

 

 

カラートリートメント比較ポイント辛口比較のポイント

  • しっかり染まる?
  • 頭皮ダメージは?PH値は?
  • 主な成分・天然成分は何?
  • 染め持ちはどのくらい?
  • 返品や交換の保証は?
  • 価格と初心者限定価格、送料は?
  • 総合評価ではどれがベスト?

 

髪のダメージや抜け毛

白髪染めをやめるわけにはいかないので、少しでも頭皮にダメージが少なくて、しっかり染まるカラートリートメントを使いたいですよね。

 

市販のヘアカラーと比較して、ヘアカラートリートメントだと、薬品系の成分がほとんど使われていないので安心。美容院のカラーリングはキレイに染まるし、髪もキレイに仕上がるけど、毎月のように利用しているとだんだんと頭皮が蝕まれていき、、、ある日突然「頭皮が痛い!」と液がしみてしまいます。そうなると遅いくらいで、すでに頭皮の色が違っているはず。対策をしていかないと、抜け毛が相当量増え続けて、悩みが大きくなってしまいます。

 

ジアミンのような強めの薬剤は、頭皮アレルギーを起こしやすいので、注意したほうがいいです。自然素材の昆布や花などを染料とした白髪染めをなるべく使っていくのがおすすめです。白髪染めトリートメントランキングではもう少し詳しく調べてあるので参考にするといいですね!

 

 

ヘアカラートリートメントとは?市販のヘアカラーじゃダメな理由は?

美容院のカラーリング

30代後半〜40代の頃には、白髪も目立ってくるので、いよいよ美容院で白髪染めのカラーリングにするか、薬局などで市販のヘアカラーで染めるか迷う人がすごく多いですね。

 

まだ自分は大丈夫と見栄を張ってマニキュアをしたところで、すぐに剥げてしまうので、結局お金のムダ使いになってしまう・・

 

白髪染めの成分で刺激が強い順番

  1. 市販のヘアカラー
  2. 美容院のカラー
  3. マニキュア
  4. ヘアカラートリートメント

このほかにヘナを使った白髪染めやお歯黒式などがありますが、選び方にコツがあったり、完全な天然成分のヘナ以外の別の成分が入っていたりするものも多く、選びにくいし、ちゃんとしたヘナの白髪染めは扱いにくいというデメリットがあるため、かなり時間を持て余している人でないと難しいと思います。

 

天然 白髪染め

それほど、時間もかからない手軽さでは、この4種類の白髪染め方法がいいですが、、アトピーぎみのお肌の人や体質が弱い人はなるべく上の3つは使わずに4番目のヘアカラートリートメントをすすめます。

 

どうしても、ジアミン系の染料など刺激が強すぎる成分を微量とはいっても、使い続けることで、ほとんどの人が突然のアレルギー反応や、突然の抜け毛現象などが見られています。
(管理人の肌はかなり丈夫ですが、40代半ばで突然抜け毛の嵐となりました・涙)

 

ヘアカラートリートメントは?

 

毛髪を一時的に着色するもので、主成分は化粧品に使用される酸性染料や植物から抽出した天然染料が使われている。

 

アレルギー性が低いため、ヘアカラーなど染毛剤でカブレる人も使用できるし、毛髪へのダメージが少ない。反面、シャンプー等で色落ちがしやすい欠点がある。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ヘアカラーの成分の毒性!どの塩梅で白髪染める?

 

美容院と併用する方法

悩み別で選ぶヘアカラートリートメントランキング

ヘナ カラートリートメント

市販の白髪染めや美容院のカラーは、1回でしっかり染まり、染め持ちも長く続くので便利ですが、使い続けるとダメージが多いので、なるべく使う回数を減らしていくのがおすすめです。

 

毎月白髪を染めている人は、3回に1回はヘアカラートリートメントを使う、慣れたら、半年に1回だけ美容院の毛染めをする、という方向に変えていく方が良いでしょう。

 

費用の負担もそのほうが経済的だし、健康被害の心配も少なくなります。すぐに抜け毛がひどくて大変という人でなかったら、こちらのしっかり染まるで選ぶランキングから好きな白髪染めを選ぶといいですよ。

 

しっかり染まるかで比較したヘアカラートリートメントランキング

 

また、頭皮アレルギーなど、少し頭皮が赤くなっている人やかゆみがある人はこちらの天然性で順番にしたランキングからがオススメです。

 

天然成分がたっぷりで比較!ヘアカラートリートメントランキング

 

管理人の友人で、40代から薄毛が気になりだした人は、レフィーネを使って1年でかなり改善されてきています。こちらのランキングからがオススメです。

 

薄毛に効果大!ヘアカラートリートメントランキング

 

ランキングに入れてる白髪染めトリートメントはジアミンや刺激性の強い成分は全て入っていませんが、頭皮アレルギーや抜け毛の抜け方などを1週間、2週間、とチェックしつつ、効果は1ヶ月単位でみていくのがコツです(肌のターンオーバーと同じなので28周期が基本)。

 

また、生え際の白髪が気になるときに、こちらも併用するとかなり便利★

1本あると重宝する利尻白髪かくし