カラートリートメントでの染まりやすさで比較!ちゃんと染まる白髪染めトリートメントランキング

カラートリートメントは染まらない」なんてCMみたいな言葉がありますが、ちゃんと染まります。美容院で染めてから1か月弱ですが下のように白髪と黒髪プリンでした。

 

カラートリートメント 染まりやすさ

 

このあとに、ランキング1位のカラートリートメントを塗って20分染め置きしてからシャンプーし、お風呂上りにドライヤーで髪を乾かしてからのアフター画像では、もう白髪もわからないし、全体よい感じの自然な雰囲気に染まっています。

 

カラートリートメント染まりやすさ

 

拡大してみてもわかると思いますが、実際に美容院で染めたカラーの仕上がりと大して差がないと思いませんか?もしかしたら、美容室でカラーリングするよりもっとキレイに仕上がるとさえ最近では感じるくらいちゃんと染まっています。髪もツヤツヤです。

 

でも、カラートリートメントの使い方や選び方で、本当に染まらない、カラートリートメントはあります。

 

ここに紹介したカラートリートメントは1回目の使用からちゃんと白髪が染まった製品だったので、紹介いたします(随時使ってみた感想で更新中)。また、しっかり染めるコツも合わせて参考にしてくださいね★

 

バナー原稿imp

利尻昆布ヘアカラートリートメントの特徴

完全刺激成分なしで界面活性剤もほとんどの使用なしなので、アレルギーぎみのような敏感肌で心配な人は利尻カラートリートメントは安心して使えます。 ジアミン、タール系色素やパラベンなど刺激性成分は無添加・無香料なのに、しっかり染まりやすいカラートリートメントでダントツおすすめ。 北海道産利尻昆布からとったフコイダンが主な成分で、ほかに頭皮や髪を保護したり育毛効果など期待できる。2015年のリニューアルで分子がナノ化初めての使用でしっかり染まり、生え際もなじみやすく染め持ちも長いと管理人+知人もウワサ。
※万が一肌に合わないなどの返品は事前に電話にて要相談

価格 評価 備考
初回特別 2000(税別)円 評価5 ※天然成分ほぼ100%

バナー原稿 125×125 (120316)imp

ルプルプカラートリートメントの特徴

カラートリートメントの中で初回購入価格が一番安くて初めての使用からしっかり白髪が染まるので、迷ったらルプルプから始めるのがオススメ。
ルプルプwフコイダンの成分は、髪を保護し頭皮を活性化し免疫力アップなど、うれしい効果もあります。

※万が一肌に合わないなどあれば、初回に限り、使用後の返品の保証もあり、安心です。

価格 評価 備考
初回限定 1980(税込)円 評価4.5 ※1回で染まりやすいし初回がお買い得・返品保証あり

バナー原稿imp

ルプルプヘアカラーフォームの特徴

ルプルプヘアカラートリートメントと同じ成分でルプルプwフコイダン配合、天然成分がメインの白髪染め。全額返金保証もあり。染まりやすくて扱いやすくなり初心者の白髪染めの方にとっても人気!専用ブラシも付属で早く染まるから忙しい人にぴったり。初回限定価格中なので、お得なうちにお試ししておきましょう。
※万が一肌に合わないなどは全額返品保証ありで安心

価格 評価 備考
初回限定 1980(税込)円 評価4.5 ※生え際染まりやすいし泡で液ダレなし・初心者向き

ラサーナヘアカラートリートメントの特徴

美髪ケアしながら根本・生え際までしっかり染まるカラートリートメントで染まりやすいのが特徴!カラートリートメントで無添加だし成分のナノ化しているから浸透が早い。生え際だけ染めるのにも快適に染まります。

価格 評価 備考
2480円 評価4 リタッチにもおすすめなくらい早染めできます。

バナー原稿 120×120 (120215)imp

レフィーネヘッドスパの特徴

大手ショッピングサイトのカラートリートメント部門1位獲得中★世界中で売れている髪や頭皮を傷めない白髪染めとして有名です。ヘッドスパしながら白髪染めでき、4種類のカラー展開で好きな色に混ぜて使えます。染まり度も初回より合格といえます。
※万が一肌に合わない場合の全額返金制度あり

価格 評価 備考
3334(税抜)円 評価3.5 ※頭皮ケアしながら白髪染めできる

 

ルプルプも利尻昆布ヘアカラートリートメントもどちらも変わらないくらい染まりやすくなっているので、迷いますね。おすすめはどっちも使って比べるのがいいでしょう。その人の髪色によって、少しずつ仕上がりも違います。

 

利尻ヘアカラートリートメント口コミ

 

管理人の私は、いまメッシュの茶髪に染めているせいか利尻白髪染めのナチュラルブラウンが髪にしっかりなじんだ色になるので、なんどもリピートしています。

 

美容院では過酸化水素を使って脱色はしないで染める白髪染め方法(ブリーチなし)なので、頭皮にもそれほどダメージなく年に1-2回美容室で染めるだけなので、常にはヘアカラートリートメントを使って美髪を保っています。

 

先日は美容師さんに「いい色ね」ってほめられてしまったほどヘアカラートリートメントの染まり具合はいい感じなんですね^^

 

ヘアカラートリートメントでなかなかうまく染まらない人はこちら参考!

カラートリートメントで染まらない原因と対策

 

染むムラがないようにしっかり染めるコツの紹介

ヘアカラートリートメントで上手に染めるコツ

 

ヘアカラーで白髪染めしてアレルギーになる人が増えている

 

ヘアカラーによるアレルギー

ヘアカラーは発色良く髪が染められるので人気です。

 

白髪がでてる女性からは手軽にキレイに染め上がるので利用者が多いんですが、怖いのはアレルギー症状です。

 

日本だけでなく世界各地でヘアカラーのリスクが叫ばれていますが、その症状は軽いものからいきなり重くなるものまで様々です。

 

ヘアカラーによるアレルギーに注意!ある日突然発症する毛染めアレルギー

 

アレルギーになりやすい人はヘアカラー前にパッチテストは必須!

 

肌が弱かったり、敏感肌や皮膚のアレルギーをもっている人は、ヘアカラーを使用する前に必ずパッチテストをしたほうがいいです(自宅で染める場合は必須)。

 

パッチテスト

ヘアカラーに含まれる溶剤には過酸化水素水やアルカリ液、酸化染料など刺激性があって、それが原因でかぶれを起こすことがあるからです。

 

案外、私は大丈夫って思っている人が多くて、それなのに、時期によって、突然症状がでてびっくりする人が多いんですよ。

 

今までアレルギー症状が出なかったとしても、ヘアカラーを続けていくことでだんだんと体に蓄積していくので、ある日突然発症したりし、一度でも多少のアレルギー反応が出ている場合は次には、もっと症状がひどくなったります。

 

一度パッチテストやったけどなんともなかったので大丈夫と油断はぜずに、ヘアカラーを使用するたびに毎回パッチテストを行う必要があります。また、体調がおちているときや生理中のときも注意したほうがいいでしょう。

 

テストの方法は簡単で、髪を染める時のように、少量の1剤と2剤を混ぜて、それを少しだけ腕の内側部分に塗ってみます。数十分放置して一度状態をチェックし、問題がなければ丸二日後、つまり48時間後にもう一度チェックしてみます。

 

もし湿疹やかぶれが現れたら、残念ですがヘアカラーは使用しないのが賢明です。ある特定の商品だけでなく、ヘアカラー全般には共通の物質が含まれている可能性があるので、ヘアカラーそのものの使用を控えると良いです。

 

ヘアカラートリートメントでは、そこまでしつこくパッチテストを行う必要はありません。天然成分がメインなので、植物アレルギーなどがある可能性の人は、事前に行ったほうがいいでしょう。というくらいです。
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法