無添加で安心!カラートリートメントランキング

レフィーネで染めた 美容院と掛け持ち

頭皮が弱っているかも・・と思っている人はなるべく刺激の強い成分は控えて自然由来の成分がメインの白髪染めだけを使いたいですよね。
さらにできれば抜け毛などの進行が治まればなおいい!
でも、絶対に譲れないのは白髪がちゃんと染まっていること!この条件に適ったカラートリートメントをおすすめ順で紹介します。

天然成分で比較したヘアカラートリートメントランキング

<% ranking(天然成分で比較したヘアカラートリートメント) %>
白髪染めを美容室でしたり、自宅で市販のヘアカラーを使っているときに、頭皮がピリピリしたり、その後、抜け毛が多くなったり、薄毛傾向になったという人、意外と多いんですよね。放っておいては、本当に症状が悪化して、もっと悪い結果になるので、早めに原因と対策をチェックしておきましょう。

白髪染め中に頭皮がピリピリする原因

  • 頭皮が荒れていたり傷ついている
  • 敏感肌やアトピー体質でかぶれやすい
  • 使う薬の質が悪い(合っていない)

無添加白髪染め

抜け毛が多くなったり薄毛になるのは、実は白髪染め自体は、抜け毛や薄毛の直接の原因ではありません。その理由は、白髪染めの薬剤は毛根にダメージを与えるところまで浸透しないからです。
白髪染めをしだしてから薄毛になったと感じる人が多いのは、いま伸びている髪の毛のダメージで髪の毛が細くなってしまったからで、これが薄毛になった?!と思ってしまう多いパターンです。
また、白髪染めの強い薬剤の刺激で頭皮のトラブルが起きた場合に、抜け毛が増えるということもあります。さらに、刺激の強い成分での白髪染めを繰り返すことで、髪の毛のタンパク質が流れ出てしまい髪が細くなってしまい薄くなったように感じてしまいます。

無添加白髪染め

また、今までは全然大丈夫だったのに、ある日突然、白髪染めでかぶれたような痛みを白髪染め中に感じることがありますが、これは、よくあることで、化学薬品がメインの白髪染めを繰り返すことで、少しずつ頭皮が弱ってダメージを積もらせ、加齢も含み、突然頭皮の表面の肌が悲鳴をあげてしまうのです。
このような頭皮トラブルを起こしてしまうと、その後は、同じような白髪染めはしないほうがいいでしょう。どうしても染めたいという場合は、天然成分の白髪染めトリートメントやヘナなどを使用して染めるしかありません。
頭皮自体が弱くなってしまうと、十分に髪の毛を成長させることもできず、頭皮が健康でなければ、健康な髪の毛は生えてこないのは当然ですね。せめて、頭皮の赤みがとれるまでは、市販のヘアカラーや美容院の毛染めはストップしましょう。
タップでページ上部のランキングに戻る
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ!レビュー
ヘアカラートリートメントがアレルギー肌におすすめの理由!
美容院のカラーリングで頭皮が痛いことはない?

タイトルとURLをコピーしました