白髪染めはいつから始めればいい?みんなのデビュー年齢はいつごろ?

「最初はたまに見かける程度だった白髪が、気づけばチラホラ目に付くようになってきた」「生えてくる白髪を切ったり抜いたりしていたが、それではカバーできなくなってきた」そのように感じ始めたら、それは白髪染めデビューのタイミングかもしれません。
しかし、白髪染めの存在を意識した時に同時に抱くのが「白髪染めっていつから始めればいいの?」という疑問。
この他にも「みんなが白髪染めを始める年齢って?」「どれくらい白髪が増えたら白髪染めをすればいいの?」「オススメの白髪染めは?」といった具合に初めての白髪染めを前に沢山疑問が浮かぶことでしょう。そこで今回は白髪染めデビューに役立つ情報をまとめてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

白髪染めデビューはいつから?みんなが始める年齢は?

白髪染めデビューのタイミングを計りかねているという人は意外と多いもの。
何となく人には聞きづらい話題でもあるため、こっそり悩んでいるという人が実は沢山います。そこでまずは白髪染めを始める年齢の平均値を調べてみました。

白髪染めを始める年齢は平均30代後半から40代前半

「25歳はお肌の曲がり角」というキャッチコピーを耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、髪の毛の曲がり角は35歳前後だと言われています。
その理由は男性なら30~34歳、女性なら35~39歳頃から白髪が急激に増え始める人が多いから。ネットには「30代のうちは白髪染めに頼りたくない!」という声もありましたが、多くの人は白髪が増え始めた30代後半から40代前半までに白髪染めデビューを経験しています。
また、白髪染めをするのは圧倒的に女性が多く、白髪がある女性の50%は白髪染めをしているのに対し男性は25%です。男女で白髪に対する意識の違いがあることが分かりますね。

10代、20代でも白髪染めを使っている人もいる

平均年齢は30代後半から40代前半とお伝えしましたが、白髪が生える原因は加齢だけではなく、体質や遺伝、その人の生活習慣なども影響するため生え始める年齢にバラつきがあり、ハッキリいつからと確定しているものではありません。
白髪はストレスや眼精疲労などが原因となる場合もあるため、もしかしたら今後は更に白髪染めを始める年齢は低くなるかもしれませんね。
一昔前の白髪染めはベッタリ黒々とした仕上がりになってしまう商品もありましたが、最近の白髪染めはカラーバリエーションも豊富で、おしゃれ染めと変わらない自然な仕上がりになるため若い人でも気軽に使う人が増えています。

白髪染めを始める目安はあるの?それまでの対処法は?

白髪染めを意識し始めても「自分の白髪の量に白髪染めを使うのはまだ早い?」と、どれくらい白髪が増えたら白髪染めをすべきなのか悩みますよね。
美容業界では白髪が髪の毛全体の15%以上を占めるようになれば白髪ケアをしたほうがよい、という目安があります。しかし多くの人は5%くらいの段階から白髪が気になり始めるため、15%以上もの白髪というのはかなり見た目に表れる状態です。
しかし、対処の仕方次第では上手にカモフラージュすることができます。ここからは白髪染めを使わず、白髪を目立ちにくくする方法をお話します。

おしゃれ染めで明るめカラーに染める

白髪が少ないうちは髪の毛全体をおしゃれ染めで明るめカラーにするだけでも白髪はほとんど目立たなくなります。更にそこにメッシュを入れると髪の毛に立体感が生まれるためもっと白髪が目立ちにくくなりますよ。
また、美容師さんに相談すればおしゃれ染めの中に少しだけ白髪染めを混ぜて髪の毛を染めてくれる場合もあります。悩んだら髪の毛のプロである美容師さんに相談してみるのも手です。

まとめ髪やヘアブローをする

まとめ髪やヘアブローをして黒い髪の毛の内側に白髪を隠してしまうという方法もあります。しかしヘアセットの方法を間違えると生え際の白髪を知らないうちに目立たせてしまう場合もあるため、ヘアセット後は見えにくい部分までしっかりチェックするようにしましょう。
また、それでも白髪がぴょんと出てきてしまうような場合にはポイント使いできるマスカラタイプの白髪隠しが便利です。

白髪を根元からカットする

本数が少ないからこそできる方法ともいえますが、本当に生え始めて間もない頃なら根元から白髪をカットしてもOKです。間違えて黒い髪の毛を切ってしまわないよう小さめのハサミを使うようにしましょう。
「切るのは面倒だし抜いちゃえ!」という考えが頭をよぎっても、抜くのは頭皮や周囲の髪の毛にダメージを与える可能性があるため、絶対に抜いてはいけません。

白髪染めデビューにオススメの商品はある?

白髪染めデビューを決心したら、今度はどこで、どうやって白髪を染めるかということを考える必要があります。
美容院で染めることももちろん1つの方法ですが、美容院に頻繁に通って白髪染めを行えば沢山のお金と時間がかかってしまうため、できるだけ自宅で簡単に白髪染めをしたいと思う人も多いのではないでしょうか?そんな時はヘアカラートリートメントを使うのがオススメです。
ヘアカラートリートメントは近年かなり人気の白髪染め方法で、白髪染めデビューにぴったりの商品です。ここからはヘアカラートリートメントが何故白髪染めデビューにオススメなのか、その理由についてお話します。

簡単な使用方法

右も左もわからない白髪染めデビューに、複雑な使用方法の商品を選べば余計に混乱してしまいます。ヘアカラートリートメントの使用方法はシャンプーの後、リンスの代わりに使用するだけととてもシンプルで分かりやすいんです。
放置時間も10~15分程度を推奨している商品が多いので、待つストレスが少ないところも魅力の1つ。また、使用後の残りは次回に持ち越すことが出来、保存方法も普通のリンスやコンディショナーと同じでOKという商品が多いため手間がほとんどかかりません。

失敗しても目立ちにくい

セルフケアに踏み切れない理由としてよく聞くのは「失敗が怖い」というもの。確かにせっかく染めたのにひどい色ムラになってしまったり、うっかり顔に付いたカラーが中々落ちなかったりということは避けたいですよね。
ゆるやかな染色力で使うたび徐々に白髪を染めていくヘアカラートリートメントなら、激しい色ムラになることはほとんどありません。また、うっかり顔やお風呂場にカラーがついてしまっても石鹸で洗えば簡単に落とすことができます。

髪の毛、人体に優しい

いつから白髪染めをしようかと迷っている人の中には「早くから使うことで髪の毛や頭皮を傷めてしまうかも…」と不安に感じている人もいます。
確かに普通の白髪染めには沢山の化学成分が配合されており、髪の毛や頭皮にダメージを与える可能性が高いです。
しかし、ヘアカラートリートメントなら成分の多くが天然由来の成分なので、髪の毛や頭皮へのダメージはほとんどありません。肌に優しい成分でできているため、肌の弱い人や妊娠中の人にもオススメです。

まとめ

今回はいつから白髪染めをするのか?という疑問を解決するべく、始める年齢や白髪染めデビューに適した商品を紹介してみました。
黒い髪の毛の中にひょっこり現れる白髪は光を反射してキラキラと目立つため、ついつい気になってしまうもの。
中には抜いて対処している人もいますが、白髪とは長い付き合いになるため、早いうちから上手な付き合い方を見つけることが大切になります。自分に合った方法やお気に入りの白髪染めを見つけて、ぜひ前向きに白髪ケアを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました