ヘアカラートリートメントの苦情!返品や返金方法は?

カラートリートメント 苦情

ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮にやさしくカラーリングができることでたくさんの人に支持されています。でも苦情がいろいろとあるのも確か。
どんな苦情がよく寄せられてるでしょうか?
返品は可能なの?そんな疑問も結構多いです。

ヘアカラートリートメントの苦情のベスト3

ヘアカラートリートメントでよくある苦情を3つあげるなら、「染まらない」「色持ちが悪い」「コスパが良くない」といったところです。

カラートリートメント 染まらない

白髪染めなどに使うヘアカラートリートメントは一般にヘアマニキュアと呼ばれるタイプのもので、髪表面に着色するタイプです。
ヘアカラーを使うと、髪の内部にまでしっかり色が入るので、染め上がりがよく色持ちもとてもいいのですが、ヘアマニキュアはもっと頻繁に使わないと色落ちしていきます。
そのあたりもコスパが悪いという印象を受ける原因です。では本当にこれらの苦情はその通りなのでしょうか?

苦情やトラブルになる前の注意は?

カラートリートメントと違い

ヘアカラートリートメントで白髪染めをしようと思うのなら、まずヘアカラーの効果と単純に比較しないことが重要です。
ヘアカラーとヘアカラートリートメントの2つのタイプはカラーリングの仕方が違います。
染まり方の効果も違うのは当然です。またヘアカラートリートメントにはヘアカラーよりも安全性が高く、ダメージヘアになりにくいということを覚えておきましょう。
ヘアカラーは効果は良くても、髪や頭皮にけっこうなダメージを与えますし、ジアミン系の物質があると刺激性接触皮膚炎というかぶれの症状を発症したり、アレルギー症状を引き起こすことがあります。
これらのリスクをおさえているので、ヘアカラーと比べてヘアカラートリートメントの染めがある程度物足りないと感じても当然です。

カラートリートメントPH値で比較

色持ちについても髪表面の着色という仕組みなので仕方ないですし、使用頻度が多いのもその流れです。
ただヘアカラートリートメントは、なんといっても安全性の高さという、こうしたデメリットをカバーするだけのメリットがあるのです。
また染め上がりに満足している人もたくさんいるので、自分の髪で一度トライしてみる価値はあるでしょう。「染まらない」という苦情を言う人の中には、使用方法があまり効果的ではない方法でやっている人もいます。
例えばシリコン入りのシャンプーやリンスと一緒に使う場合は効果が落ちやすくなります。また放置時間が短かったり、ブラシなどを使わずにおおざっぱに手のひらで塗ってしまうとやはり高い効果は期待できません。
濡れた髪の水気をしっかり取らないで使う場合もそうです。ある程度の手間をかけた方がたいてい効果が出るので、正しい使い方、効率的な使い方を試してからヘアカラートリートメントの実力を判断すると良いでしょう。

カラートリートメントで染まらない原因と対策

返品・返金制度の利用方法

いろいろ試した結果、自分の肌に合わなかったり、なにかのアレルギー症状が出てしまった場合は、返品や返金制度を利用することができます。

カラートリートメント返品

白髪染めで人気商品の「ルプルプ」ですが、初回購入限定で開封&使用した商品を返品できます(10日以内の受付可能。送料は自己負担)。
それ以降は基本、未開封の商品に限って返品できます。ただし肌トラブルの場合は開封してあっても、10日以内の返品受付が可能です。この場合は送料が会社負担になるので安心です。
無添加で天然成分の高さで大人気のヘアカラートリートメント「利尻ヘアカラートリートメント」は、未開封商品だけは商品到着から10日以内に返品受付可能です。
サンプルがついてくるので、まずはこちらで試し染めをしてから判断できるでしょう。どちらの場合も電話での連絡をして返品手続きができます。

タイトルとURLをコピーしました