ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!アレルギーが心配な人の心得

 

ヘアカラーをする時に怖いのが健康への害や頭皮ダメージへのリスクではないでしょうか。ヘアカラーが原因でアレルギーが発症したり、肌が炎症を起こしたりという例は意外とたくさんあります。

 

はえぎわの白髪染めたいけど怖い

 

体へのダメージを少なくヘアカラーをするにはどうしたら良いでしょうか?完全ではないですが、ブリーチをしない染め方があります、白髪がある人は生え際から伸びる白髪を隠すために頻繁に白髪染めをしなくてはいけないので、できるだけ刺激の少ない染め方として利用するとよいでしょう。

 

ブリーチなしのヘアカラーってどんな染め方?

 

ヘアカラーをする時は、ふつう髪をブリーチ(脱色)して染料を髪の内部へと入れていきます。ブリーチをすると日本人の黒い髪の色素が落ちて、金髪のような状態になり、明るく髪色を染めやすくなります。

 

白髪と赤色ヘア―

実は日本人の髪は赤みが強いので、人気の色であるアッシュなどのカラーはブリーチありだとキレイに色が入りやすくなります。また透明感も出ることで人気なのですが、ブリーチは髪への負担がとても大きいものです。

 

また溶剤は頭皮に付着すると痛みを感じる場合もあります。ですからダメージを考えるとブリーチなしでヘアカラーするほうが安全でしょう。

 

やり方はシンプルで、脱色せずに黒い髪の上にそのままカラー剤をのせます。

 

例えば赤系統の色をのせて茶色っぽくするとか、グレーをのせて人気のアッシュっぽくしたりできます。ブリーチ時のように明るくはしにくいですが、ブラックのダークトーンを基調にしたおしゃれカラーを目指せます。

 

危険な劇薬は使わないの?

 

ブリーチなしでカラーをするということは、それだけ髪への負担が少なくなるはずです。ブリーチには基本ジアミン系のものは入っていないもののアルカリ系の刺激性のある物質(過酸化水素)ではあります。

 

ブリーチなし白髪染め

ブリーチしている最中に頭皮の痛みを引き起こしたり、作用が強い場合は毛髪をとかすほどの力もあります。熱に反応してより速攻で刺激をもたらすので、頭皮には可能な限りつかないように注意しなければなりません。

 

しかし、ブリーチなしのヘアカラーはそのリスクをカットしているので、多少の安心ができるので、頻繁に白髪染めする人には良いでしょう。

 

過酸化水素水とは?

 

過酸化水素

過酸化水素水はオキシドールの類なので、薬局でも売っていますが、分類は化学合成物です。

 

ブリーチなので、脱色剤、酸化剤、漂白剤、漂白殺菌剤なので、洗剤としても使われます。また、金髪におしゃれ染めする場合、日本人の黒髪の黒い色を脱色するために、何度も重ねてブリーチをして、完全に色を抜いてから金髪の色で染色します。

 

茶髪にする場合はそれほど強いブリーチは必要ないので、1回のみで大丈夫で、強度も弱めにして多少の色を落としてからブラウン系にするための染料で染めていくのです。

 

ただ、どうしても、 毒性としては、刺激が強く皮膚粘膜にただれやアレルギーを引き起こしやすいというのがあるので取り扱いに注意が必要です。

 

なかには、一過性の食中毒を引き起こす。動物実験で強い急性毒性、十二指腸潰瘍、発ガンが見られた。遺伝子損傷性、染色体異常を示す。・・・このような事例がありますので、不安な人はなるべく使わないようにしたほうが良いでしょう。

 

脱色をしないでヘアカラーしてほしいと頼めば美容院の人も応じてくれますので、明るい茶髪でなく普通のブラウン系であれば可能です。

 

ブリーチなしで美容院で染めた写真はこちらで紹介しています。

2017-2016年利尻ヘアカラートリートメントの口コミ!レビュー

ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!刺激が少ない永久染毛剤関連ページ

毛染めアレルギーが心配?頭皮が健康かどうかセルフチェック方法
毛染めアレルギーが心配な人は、早めに自分の頭皮がどんな状態なのかを知るといいです。健康な髪づくりの土台となるのは健康な頭皮づくりです。この2つの関係と頭皮のセルフチェック方法について
ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーアレルギーの治療!症状別
ヘアカラーアレルギーは、突然だれにでも起こりえるアレルギーです。もしあなたにかぶれなどのアレルギー症状が起きたら、どんな治療が必要でしょうか!?よく使われる薬について調べてみました!
ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?
市販のヘアカラーでオシャレに髪色を整えたり白髪染めをしたりするのに便利ですが、こわいのは皮膚炎などのリスクがあるということですがその中でも頭痛を起こす場合もあります、その仕組みと対策について紹介します。
ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?
ヘアカラーを使った白髪染めは根強い人気がありますよね?でもヘアカラー製品による皮膚炎などのトラブルはたくさん報告されてるんです。よく聞くのが「ジアミンアレルギー」という問題ですが、これってどんなトラブルなんでしょうか!?
アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?
白髪染めのヘアカラーは、市販されているし手軽にカラーリングできるので安全だと思っていませんか?実はヘアカラーに含まれている「パラ系染料」はとてもこわいアレルギー症状を引き起こすことがあるんです。その危険性についてリサーチしてみました!
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法
自宅でヘアカラーする前や美容院で白髪染めする前にできるだけ行いたいパッチテストの方法を紹介します。自分で白髪染めするときも危険な薬剤があるかもしれないので、是非パッチテストはやりましょう。
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
市販のヘアカラーや美容院で白髪染め中や直後にアレルギー症状でたらすぐに対策が必要です。頭皮や周辺の皮膚の赤みやかゆみや痛みの症状によって自宅で対処するだけで改善する場合もあり、すぐに病院での治療が必要なくらい深刻なこともあり。症状による見分け方や治療法など、またかぶれない安全な白髪染めについてもご案内します。
アレルギー性皮膚炎は治る?ヘアカラーで発症した場合の対処
ヘアカラーが原因のアレルギー症状は決して軽いものではありません。アレルギー性皮膚炎で済む場合もあれば、ジアミンによる影響だと二度と使うことができなくなったりするし、場合によっては命にもかかわる可能性があります。アレルギーがもし発症したらどうしたら良いでしょうか?