白髪染めはヘアカラートリートメントだけで10か月経過★ルプルプビフォーアフター

先々週から染めていませんでした。旅行後もしばらくヘアカラートリートメント使っていなく、さすがにもうすぐまる2週間なので、白髪が目立ちだしました。明日は友人と出かけるのでしっかり染めないと・・

 

ヘアカラートリートメント 口コミ

 

白髪があるだけで、本当年齢を感じさせますよね?アンチエイジングには、白髪染めもヘアケアも絶対に必要です。

 

ヘアカラートリートメント染める前画像

 

白髪が一本もなくて髪がサラサラだと、それだけで若く見えたりしちゃうし、髪がごわごわしている感じだと、年寄りっぽく見えちゃうんですよね。

 

早速この夜にルプルプで白髪染めしました!

 

今回もルプルプのモカブラウン使用したけど、途中でダークブラウンが少し残っているので足してしまったら、なんとも、モカブラウンとは少し違うブラウンに染まりました〜〜

 

ヘアカラートリートメント使用後の口コミ画像

 

これは、白髪染めトリートメントを使用して、髪を乾かしてすぐの夜に撮影しました。

 

いつも前髪の生え際が染まりにくいので髪を束ねてよく見るとこんな感じに染まっています。

 

前髪の白髪がトリートメントで染まった

 

今回は、ルプルプの定期購入の2回目が届きプレゼントがあったので、髪が渇いてからしっかり育毛剤使ってマッサージしておきましたので、更に、白髪も減るかもしれない♪♪

 

ルプルプ育毛剤口コミ

 

カラートリートメントの継続効果で色が抜けにくくなった

 

ルプルプモカブラウンの口コミ

 

ルプルプ初回購入はこちら

ヘアカラートリートメントおすすめ

 

 

ルプルプは2017年12月からリニューアル!さらに染まりやすくなりました^^これからLpLpを買おうかなってまよっている人に。

ルプルプヘアカラートリートメント 口コミ

カラートリートメントで人気のLpLp(ルプルプ)がまたまたリニューアルしたので、私もまた新しいのでぜひチェックしたいと思い本日注文して、12/4以降に届くようにしてもらいました!

 

どんな風に変わったのかというと以下のようになります。

 

LpLpヘアカラートリートメント 2017年12月4日よりリニューアルした内容

  • 染毛力が従来より約120%アップ
  • 染料濃度が従来より30%増量!
  • 今までよりもしっかり染まりやすくなった!
  • 柔らかくなったテクスチャー(乾いた髪にも伸ばしやすい)
  • 5種類の植物オイル配合で美髪効果もアップ

 

最後の5種類の植物オイルは、メドウフォーム油、月見草油、ひまわり油、マンゴー種子油、オリーブ油とすべて、植物オイルなので、今までよりも更に髪をいたわり優しい手触りとなったということです♪

 

最近「カラートリートメントランキング」や「ヘアカラートリートメントランキング」や「白髪染めトリートメント」で検索して出てきた結果のサイトに、LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントが上位で掲載されていないことが多いですね。

 

ルプルプヘアカラートリートメント 口コミ

なぜかな?って思ったのですが、なぜなのでしょうか?

 

40代からヘアカラートリートメントを使っていてそれを検証しているのですが・・やはりルプルプって使いやすいし、染まりやすいんですね。最近は染まったあと、色落ちしやすいな、って思っていたくらいですが。

 

当初はルプルプはイマージュっていう会社が販売元だったのですけど、本当にダントツ染まりやすくて使いやすくて値段も安かったんですね。

 

だけど、今ではすごーーく似た商品がでてきて、ルプルプ以外もルプルプみたいに染まりやすくなってきて、wフコイダンは入っていないけど、まあ、髪によい成分が入っているし、どの商品も似たりよったり・・な感じになってきています。

 

しかし、テレビCMを使っているような白髪染め商品はなるべく使わないほうがいいかなあというのが、わたしの辛口だけど正直な意見です。

 

もともと私は敏感肌で化粧品もあまりメジャーなところは使えなくて、たくさんのメーカーを使ってやっと結論に至ったのが、CMにお金をかけている化粧品は成分にお金をかけない・・・という残念な判断になりました。

 

そんなわけで、私はルプルプヘアカラートリートメントをずっと使っている理由の一つになっています。今度の12月からのルプルプにはかなり期待しています!( ^)o(^ )

 

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの注目できるポイントも紹介しましょう。

 

ガゴメ昆布

 

ルプルプ ガゴメ昆布

北海道、函館近海に生息するガゴメ昆布を使っています。

 

独特の凹凸模様がついている昆布で見た目はグロいのですが、特別な自然環境でしか育たないかなりデリケートで貴重な品種なんです。

 

近頃では、美容と健康に効果があるといわれ、多数のメディアでも取り上げられたことで注目が集まっているガゴメ昆布ですが、ルプルプにはこのガゴメ昆布がはじめから、メインで使われていて、この姿勢は全く変わりません。

 

フコイダンの効果

 

ルプルプ フコイダン

フコイダンとは海藻類のネバリ成分に含まれる高分子の多糖類で、食物繊維のひとつです。

 

海藻が自らのキズをふさいだり乾燥や細菌から身を守るバリア機能があることがわかっていて、フコイダンを利用して、医療の分野でも活躍し始めています。

 

免疫力を高めたり、自己回復力がある、という説もあり、実際にこの成分で薄毛対策や頭皮の活性化が期待されていて、アレルギーぎみの頭皮も改善できる期待があります。

 

ルプルプ Wフコイダンとは

 

ルプルプタカラバイオ

タカラバイオ社が開発した、ルプルプオリジナル成分「ルプルプ Wフコイダン」は、高分子と低分子化した2種類のフコイダンを組み合わせたルプルプのオリジナル成分です。

 

高分子フコイダンが頭皮の表面を潤いでつつみ、乾燥などの外的ストレスから守ってくれます。

 

低分子化フコイダンは毛穴の奥まで浸透してくれ、Wの働きによる深層保湿アプローチで頭皮本来のコンディションを整えてくれます。

 

ヘアカラートリートメントとトリートメントカラーの違いって?

ヘアカラーとヘアカラートリートメントは全く違いますが、トリートメントカラーってなんでしょうか?トリートメントをしながら行うカラーリングでしょうか?

 

カラーリングならどちらにしても、一液、二液と分かれているもので、はじめに黒髪の色を抜く脱色があります(過酸化水素使用)。

 

美容室の毛染め

オキシドールの類ではありますが、劇薬指定されているものなので、やはり頭皮に直接そそぐのはかなりの危険があるので、美容院では様々なトリートメントを行ったり、なるべくダメージがでないように、いろいろな配慮をしています。

 

頭皮や肌、髪の健康を考えると、これは使用しないほうが無難です。

 

また、二液目に色が抜けた髪をキレイに染め上げるために化学染料を塗り、染め上げますが、この染料がジアミン系だとこちらも刺激が相当強いため、更にダメージがあり、髪や頭皮を傷めるのですね。
(詳しくは、ヘアカラーの成分の毒性!を参考に。

 

一方、ヘアカラートリートメントは、全く違っていて、ほとんどが天然の成分のものです、ジアミン系の染料を使用しているカラートリートメントはなくて、界面活性剤程度は使用しているものがある程度です。

 

ただ、脱色をしないで染料を塗っているので、1週間程度で色が落ちてしまうというデメリットがあるので、定期的に使うのが面倒と思う人は多いでしょう。

 

私のように、完全にやめる必要はないけど、半年に一回くらい美容院で染めて、その間はヘアカラートリートメントで染める、というように、頻度を少なくするだけでも頭皮の健康には大きく変わってきます。

 

カラートリートメントと美容院を併用する方法