LPLPヘアカラートリートメントの成分解析!人気の理由を徹底調査!

ルプルプヘアカラートリートメントは大手通販サイトで1位を獲得したこともある今大注目の白髪ケア用トリートメントです。

 

誰でも簡単に使用できるという理由から脚光を浴びているカラートリートメント市場ですが、数多く販売されている商品の中でもルプルプヘアカラートリートメントは利用者からかなり高い評価を得ており、女優の武田久美子さんも愛用しているという一品です。

 

そう聞くと「かなり効果が期待できるの?」「他の商品と何が違うの?」と興味がわいてきますよね。また、興味だけじゃなく色持ち、成分など疑問や不安なども浮かぶかもしれません。

 

今回はそんなルプルプ ヘアカラートリートメントの成分や効果を徹底解析してみます!

 

ルプルプヘアカラートリートメントって?

 

まず、ルプルプヘアカラートリートメントの使用方法ですが、こちらの商品は乾いた髪に使用します。

 

推奨放置時間は1回の使用につき10分程度とのことなので、放置時間も長すぎるということはなく手軽に使用できます。

 

では更に詳しくルプルプヘアカラートリートメントの基本情報を見ていきましょう。

 

商品名 ルプルプヘアカラートリートメント
価格 【通常価格】3.240円(税込)

【キャンペーン価格】1.980円(税込)
※公式サイトから購入した場合のみ

内容量 200g
カラーバリエーション ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラック
推奨使用頻度 1週間に1〜2回

 

通常価格は他社商品の価格より少しお高めの印象を受けますが、内容量200gというのは髪全体にたっぷり塗ってショートの方で約6回分、セミロングの方で約4回分の内容量です。

 

また、推奨使用頻度が週に1〜2回でOKとのことなので、他社商品と比べてもコストパフォーマンスは良いといえますね。トリートメント成分配合のヘアカラーが1か月で3000円程度というのはかなりお得だと思います。

 

関連記事:ルプルプモカブラウンの口コミ!何色かで迷ったら「色別で比較した写真」チェック

 

ルプルプカラートリートメント 口コミ


ルプルプがよく染まると言われる理由を成分からチェック

 

では次に成分を見ていきましょう。

 

よく染まるだけでなく使用後の髪の状態がよくなったという口コミがたくさんあるルプルプヘアカラートリートメントの成分を分析します!

 

内容成分

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキスベニバナ赤クチナシ果実エキスアイ葉/茎エキスヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール


ではここからいくつか気になる成分をピックアップして説明したいと思います。

 

髪にハリ・コシを与え育毛効果も期待できる!ガゴメエキス

 

ガゴメとは北海道函館に生息している希少な昆布の一種です。籠の目のような凸凹が葉一面にあることからこの名前になったとされる少し風変わりな見た目をしています。

 

昆布にはフコダインという成分が含まれており、海藻の傷を補修してくれる作用があるのですが、ガゴメ昆布のフコダイン含有量は真昆布の約2倍と大変豊富です。そんなガゴメ昆布から抽出されるエキスを使用することで髪の痛みを補修し、髪にハリ・コシを与えてくれます

 

また、このフコダインは髪を作る毛母細胞を活性化する作用があるため、これから生えてくる髪の状態まで良くしてくれる効果が期待できます。

 

肌だけじゃなく髪にも効果あり!?ヒアルロン酸Na

 

ヒアルロン酸と聞くと化粧水などに多く含まれている成分というイメージですが、お肌もカサカサしているよりもふっくら潤っているほうが美しいのと同じで、美しい髪にも「潤い」は必要不可欠です。

 

保湿力の高いヒアルロン酸を髪に取り入れることで乾燥しづらくなり、パサつきを抑えたツヤのある髪に仕上げてくれます。

 

しかしヒアルロン酸は水に流れやすく、日々シャンプーをしているだけでも流れ出てしまうという性質を持っているので、トリートメントで定期的に補給してあげることで美しい髪の状態をキープすることができます。

 

天然成分の他に化学物質も含まれているカラー成分

 

ルプルプヘアカラートリートメントには古くから染料として使用されているベニバナ赤、クチナシ果実エキスといった天然染料が使用されています。天然成分から作られた染料なので人体に優しく、アレルギーが起こりにくいという点はポイントが高いですよね。

 

また、天然染料だけでなく塩基性青99、HC青2などといった化学物質の染料も含まれていますが、これらは他社商品の多くにも含まれている非常にポピュラーな成分であり、大きな化学反応は起こしません。科学染料を配合することで染色した色の定着力を高め、退色を防ぐ効果があります。

 

また、アレルギー原因物質であるジアミンや、発がん性があるとされているタール色素が一切含まれておらず、非常に安全なカラー成分であるといえます。

 

ちょっと気になる!合成界面活性剤etc

使用後すぐに何か影響が出るとは思えませんが、ルプルプヘアカラートリートメントには多少の刺激がある成分である合成界面活性剤や防腐剤と呼ばれる成分が含まれています。

 

配合量はかなり少なく最低限の量に抑えられてはいますが、皮膚が弱い方や敏感肌の方は注意が必要です。

 

成分全体の特徴まとめ

 

 

ルプルプ ヘアカラートリートメントは天然成分と化学物質をうまく取り入れ、市販のカラートリートメントの中では珍しい微アルカリ性を実現しています。アルカリ性が強ければ強いほど染色力はアップしますが、その分髪は痛んでしまいます。

 

染色力の強さとphの設定は難しい問題ですが、ルプルプカラートリートメントは微アルカリ性を維持するおとで染色力を落とすことなく、髪に優しいトリートメントになっているといえます。

 

関連記事:【最新版】ルプルプカラートリートメント白髪染め効果写真でチェック

 

ルプルプカラートリートメント 口コミ

ルプルプはどんな人が使用に向いている?向いていない人の条件も紹介!

ルプルプに向いている人

 

・髪や頭皮をいたわり、低刺激の商品を探している人
ルプルプヘアカラートリートメントは美容成分が94%も配合されています。天然成分も多く配合されておりヘアカラーによる髪へのダメージを最小限に抑えてくれます。

 

アレルギー原因物質とされる染料を一切使用していないところも人体に優しいトリートメントといえるでしょう。

 

・カラー剤でお風呂場が汚れるのを防ぎたい人
セルフヘアカラーを躊躇してしまう原因の一つであるお風呂場が染まってしまう問題ですが(笑) 、ルプルプヘアカラートリートメントは万が一お風呂場に付いてしまっても、お湯で簡単に洗い流すことができます。

 

しかしやはり付着してから長時間放置してしまうと落ちにくくなる可能性は充分に考えられるので、使用後は水またはお湯をお風呂場全体にかけておくと汚れ残りを防ぐことができます。

 

ルプルプに向いていない人

 

・最初の手間を面倒だと感じてしまう人
どのヘアカラートリートメントにも共通していることかもしれませんが、1回目の使用から抜群の染色効果が得られるわけではありません。メーカーは使用し始めの頃は何日か連続で使用することを推奨しており、放置時間も2〜30分程度放置することでしっかり染まると説明しています。

 

しかしカラー前の準備やその後のシャンプー時間などを考えると手間がかかるのは事実なので、この最初の手間を疎ましく感じてしまう方は向いていないかもしれません。

 

・どこでも気軽に購入したい人
ルプルプヘアカラートリートメントの販売方法ですが現時点ではネット通販が主で、実店舗はロフト・東急ハンズでのみ販売されている状態です。

 

都市部にお住まいの方はともかく、地方にお住まいの方だと気軽にドラッグストアやスーパーで買えないのはネックになるかもしれません。

 

ちなみに公式サイトでのネット通販での購入が最安なのでネット通販に慣れていない人であってもこの際にネット通販デビューをするもの良いと思います!

 

関連記事:カラートリートメントの継続効果で色が抜けにくくなった

 

まとめ

 

ルプルプヘアカラートリートメントは安心できる成分が多く、口コミの評価が高いのも納得できるトリートメントでした。また初回はキャンペーン価格にて購入することができ、使用後の返品・返金制度も設けられています。

 

ルプルプヘアカラートリートメントを使ったことがない人でも気軽に試すことが出来るよう配慮してくれるなんて、成分だけでなくメーカーの心遣いにも優しさを感じられる商品です。

 

ルプルプカラートリートメント 口コミ