リンスで白髪が染まる!すごく簡単な白髪染めカラーリンス

資生堂のカラーリンス

たったの5分でお風呂のシャンプー後のリンス使って白髪がキレイに染まっちゃう♪なんてうれしすぎですね。これさえあれば、もう美容院で白髪染めは一生考えないで済みそう、って思いました^^ 

 

このカラーリンスは、、なんと安くて1382円(税抜)で、5分で白髪が染まってしまうカラーリンスなんです。新しいもの好きな私は早速試したくなりました・・・。

 

すぐに安全で白髪染めできるカラートリートメントを知りたい人はこちら

カラートリートメントで白髪染めするのも面倒に感じるときあり

 

資生堂のカラーリンス

だって、白髪染め用のヘアカラートリートメントって一般的には、シャンプー後のトリートメントとして使うより、風呂に入る前の乾いた髪に塗って、染め置き時間を15分ほどおいて、その後入浴してシャンプーし、トリートメントは普段使いのものを使う・・・って、結構面倒くさいと思うときありました。

 

しっかり色が髪にはいって染まるまでは毎日使う必要があるけど、染め置き時間が5分となると、湯船に入ってるあいだで十分なので、楽ちん。早速自分の白髪頭でどんな感じに染まるのか検証します。

 

染める前の白髪頭はこんな感じ!白髪が伸び放題

 

資生堂のカラーリンスで染めるまえ

相変わらず、ヘアカラートリートメント使って1週間くらいで最近はすぐに白髪がむき出しです。

 

多分、入浴後に洗い流さないトリートメントをつけてからドライヤーして、毎朝髪のお化粧水、みたいのをふりかけていて、そういうヘアケア製品を沢山使っていると、白髪染めの染料が髪になじみにくい、というのあるみたい。

 

そうはいっても、落ちたら、また白髪染めすればいいんだし、というノリで、相変わらずヘアケア製品は使い続けています。

 

さて、カラーリンスで白髪を染めていきましょうーー

カラーリンスで白髪染め体験!口コミレビュー

資生堂のカラーリンス

お風呂の中で使えるのがいいですよね!

 

しかも期間限定ではじめは、このカラーリンスを買うと1回分のシャンプーがついてくるってあるけど、これ、5回くらい使えそうなたっぷりの量のシャンプーでした(現在は付属にシャンプー付ではないかも)。

 

せっかくなので、このおまけのシャンプーを使ってみたけど、香料が結構キツイ気がする・・・。香水みたいな匂いがした。キツい匂いであたしは好きじゃないので、二回目の使用はないと思います。

 

今回使った量はこのくらいの量でシャンプー後に毛の根元からしっかりと塗りたくり、クシを使って染料を全体に伸ばしました。その後・・・こんな風な染め上がりです。

 

資生堂のカラーリンス

 

あ、リンスだからやはりこんなものね。染まらないな・・・って思って、もう一回翌日染めてみたところ、こんな感じでした。

 

資生堂のカラーリンス

 

白髪がちゃんとうすめの茶色に染まっていました!ほんとうに湯船で5分くらいしかつかっていないのに、こんなに綺麗なしあがりに染まるとは驚きでした。もっと染め置き時間長くしたらもっと色がついているでしょう。・・・しかし!!

ジアミンの使用ないけどほかの刺激成分(色素)に要注意!敏感肌の人には危険?

資生堂のカラーリンス

実は、このリンスを手にとって、髪に塗ったあとのすすぎのお湯が全然濁らなかったのです。絶対浴室が真っ黒になるだろう、って思ったけど全然すすぎのお湯が濁るどころか、透き通っていたくらい。

 

不思議だなあ、何がはいっているんだろう、って成分をよくよくみていました。あまりみないなあ、って思った成分、これはなんでしょうか?

 

全成分一覧(ダークブラウン)

資生堂のカラーリンス

 

今まで使っていた白髪染め用のヘアカラートリートメントはだいたいHC染料でHCのあとに数字がくっついてる成分だったけど、これは、赤227とか黒401や黄4とか・・・これってなんでしょう??

 

タール色素って聞いたことありますか?

 

タール色素とは?

 

タール色素については、あまりいい評判を聞きませんが現在では、すぐにどうこうになるという心配はありません。

 

とりあえず、アレルギー体質ぎみの人や頭皮ダメージがキツイ人とか敏感肌の人が使うと、何かあるかもしれないので、必ず使う前はパッチテストを行ってほしですし、微量なら構いませんが頻繁に使うのは避けたほうがいいでしょう。

 

このカラーリンスには、天然の成分も配合されているので髪に良い効果がたくさんあるように思いますが、ほかに、このタール色素について心配なので用心はしておいたほうがいいでしょう。

 

タール色素には、発がん性の報告もあるし、欧米では使用禁止になっている染料が多いので、簡単に染まるし値段も安いけど、長期間にわたって使い続けるのは、なるべく避けたほうがいいでしょう。

 

口から入る毒物はすぐに反応が出やすいですが、皮膚からじわじわ入る毒物に関しては体が反応するどころか、少しずつ蓄積するので将来的に心配ですね。

 

タール色素の危険性を解説!

 

コールタールは石炭からコークスをつくるときにできる副生成物ですが、タール色素はこのコールタールを利用してアゾ染料(酸性染料)が合成されてできたためにこの名前がついています。

 

現在では、アゾ染料もコールタールを原料とすることはほとんどなくなっているので安心ですが、完全に安心とも言い切れません。

 

一応日本で食品添加物として認められているタール色素がありますが、食用タール色素として認定されているのが12種類です。ただし、食品用なので、化粧品などとしての認可はまだ別にあります。

 

食用タール色素として認められているもの

 

赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号
黄色4号、黄色5号
緑色3号
青色1号、青色2号

 

日本以外の国でのタール色素への注意喚起

 

イギリスの食品基準庁の見解がwikipediaに掲載されていますので、そこから抜粋して要約しますね!

 

2008年、イギリスの食品基準庁(FSA)は、赤色40号と赤色102号、黄色4号、黄色5号、さらに日本では食用タール色素として認められていないカルモイシンとキノリンイエローを含む全部で6種類のタール色素について、注意欠陥障害の原因になる恐れがあると発表されました。

 

その後、食品メーカー等になるべく使わないようにというような自主規制を行うように勧告したのですが、黄色4号はこの記事で紹介しているカラーリンスに含まれていました。

 

日本の食品添加物として認められているタール色素なのに、イギリスで規制を叫ばれているということから考えると、やっぱり完全に安全とは言えないということになりますね。

 

また、アメリカのFDAでも、赤色2号と赤色102号、赤色106号は、がんやアレルギーを起こす原因となりうるとされ、使用禁止ですが、日本では食品添加物としてOKになっているわけです。

 

アメリカは特に食品添加物や健康被害について厳しい面があり、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が健康を害するということで、2018年までにマーガリンの販売が全面禁止になることが決まっています。

 

何事も危険が表面化する前に心配なものは自助努力で控えておくのが無難だと思います。

 

タール色素が入っていないカラーリンスってあるの?

 

カラートリートメントの成分には、ほとんどHC染料や塩基性染料が入っていますが、これらは分子が小さくキューティクルに定着しやすくなっていて、安全性も高く安心な染料です。利尻カラートリートメントやルプルプカラートリートメント、レフィーネヘッドスパはこれらの染料を使っていますね。

 

利尻カラートリートメントの全成分

 

水(特殊水)、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、BG、イソペンチルジオール、パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、リシリコンブエキス、ローヤルゼリーエキス、アルギン酸Na、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、水添ヤシ油、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ミリスチン酸、ボタンエキス、プラセンタエキス、フユボダイジュ花エキス、パーシック油、ニンニクエキス、トコフェロール、センブリエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ステアリン酸グリセリル、ゴボウ根エキス、ゲンチアナ根エキス、カワラヨモギ花エキス、カミツレ花エキス、オランダガラシ葉エキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジン根エキス、オクラ果実エキス、エタノール、アルニカ花エキス 、アルテア根エキス、PEG-40水添ヒマシ油、オオウメガサソウ葉エキス、ユズ果実エキス、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、加水分解コンキオリン、ポリクオタニウム-10、AMP、PPG-3カプリリルエーテル、イノシトール、グリチルリチン酸2K、バチルアルコール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリアミノプロピルビグアニド、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、水溶性アナトー、加水分解クチナシエキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57

利尻ヘアカラートリートメントの白髪染め体験レビュー

知らないと危険!注意したい白髪が染まるカラーリンスの見分け方関連ページ

ルプルプカラートリートメント(201710月)白髪染めした翌日に友だちに褒められました!
2017年8月ルプルプで白髪染めしたレビュー追加!2016年から白髪染めすると翌日に髪を褒められることが多く、そのビフォーアフターも紹介!白髪がすごく自然な感じに染まっていい色だし、髪が健康そう、と言われたのは今までカラートリートメント使った効果でしょう!頭皮アレルギーの人にも使える安心成分だからオススメできます。
利尻ヘアカラーのナチュラルブラウンで白髪染めした口コミ!白髪目立たないアレンジヘアーに最適!
利尻ヘアカラーのナチュラルブラウンで白髪染めした口コミです(画像あり)。白髪が目立たないメッシュヘアーにアレンジするのが簡単で、白髪ヘアアレンジに最適!利尻ヘアカラートリートメントの色選び迷ったらチェックしましょう。
利尻ヘアカラートリートメントの使い方オススメ方法!効果的に白髪染まる
大人気の白髪染め製品として売れている「利尻ヘアカラートリートメント」は、「染まらない」という声もよく聞きますが、正しい使い方をすれば、かなり綺麗に染まります!染まらないと言われる原因をチェックして上手に染まる方法を教えます!利尻トリートメントが効果的な使い方。