ヘアカラー中や白髪染め後に頭痛がしてきたら?アレルギーがでたの?

ヘアカラー 頭痛

髪を明るく発色よく染めたい人はヘアカラーを選ぶと良いですが、残念ながらヘアカラーにはデメリットがあります。それは体調不良を起こす可能性が少なくないということです。ヘアカラーを使って頭痛になったという話もありますが、その原因は何でしょうか・・?

 

ヘアカラーで頭痛や体調不良になる人たちの口コミ

 

ヘアカラー 頭痛

ヘアカラーが原因で頭痛などの諸症状を訴える人は少なくありません。

 

例えばある40代の女性は「頭皮にやさしい」という商品でも頭痛を2,3日感じると報告しています。

 

別の40代の人もやはり目が赤くなったり重くなったりすると訴えていて、その結果ヘアマニキュアに変えています。

 

「肌が強い」という女性も突然ヘアカラーができない体質になったということです。顔中に湿疹が出てひどくなっていたという例もあります。こうしてみるとかなり多くの人がヘアカラーによる問題を抱えていることが分かります。

 

ヘアカラーで頭痛が起こる原因は?

 

ではどうしてヘアカラーは頭痛を引き起こすことがあるんでしょうか?

 

その原因は「ジアミン系物質」です。代表的なのは「パラフェニレンジアミン」という物質です。この物質は刺激性があり皮膚にダメージを与えます。

 

そうすると血が集まってきて炎症になります。この時体の血流が乱れることで頭痛につながります。また体のだるさなどを覚えることもあります。

 

放置しておくとどんなことになるの?

 

ジアミンアレルギーは以前からよく指摘されている問題で、かゆみ程度のものですまされる症状ではありません。

 

最初はかゆみや赤みやかぶれでおさまるかもしれませんが、もしヘアカラーを使い続けてしまったらアレルギー症状がさらにひどくなってしまう場合があります。呼吸困難や全身のじんましんに加え、もし目に入りでもしたら最悪失明にもつながります。

 

もし体調不良が起きるのに気付いたらすぐにヘアカラーの使用は控えるのが賢明です。もちろんその日がたまたま体調が悪かったのでそういう症状が起きた、アレルギー性の皮膚炎ではないということもありえます。

 

ただヘアカラーのアレルギーは誰にでも起きうるものですから、いつも注意して使用するよう心がけましょう。もし頭痛やその他の症状を感じたら皮膚科に念のためいくと良いでしょう。

 

ヘアカラーで頭痛が起こる人の対策

 

アレルギー症状というわけでなく、単純に頭痛を起こしやすいという場合は、自分でカラーリングするかわりにプロの美容師にやってもらうというのも手です。

 

プロのほうが頭を直視しながらできるし技術もあります。不用意に頭皮に成分が付着しないように心がけてくれます。また評判の良い美容院を選ぶのも良いです。

 

もし美容師にヘアカラーしてもらっても問題が解決しないなら、ヘアカラーの使用は控えてヘアカラートリートメントなどの刺激が弱い商品に変えるのも大事です。ヘアカラーのようにな鮮明な発色はしないけど、安全を考えれば満足して染められるので、いいと思います。

ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?関連ページ

毛染めアレルギーが心配?頭皮が健康かどうかセルフチェック方法
毛染めアレルギーが心配な人は、早めに自分の頭皮がどんな状態なのかを知るといいです。健康な髪づくりの土台となるのは健康な頭皮づくりです。この2つの関係と頭皮のセルフチェック方法について
ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーアレルギーの治療!症状別
ヘアカラーアレルギーは、突然だれにでも起こりえるアレルギーです。もしあなたにかぶれなどのアレルギー症状が起きたら、どんな治療が必要でしょうか!?よく使われる薬について調べてみました!
ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?
ヘアカラーを使った白髪染めは根強い人気がありますよね?でもヘアカラー製品による皮膚炎などのトラブルはたくさん報告されてるんです。よく聞くのが「ジアミンアレルギー」という問題ですが、これってどんなトラブルなんでしょうか!?
アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?
白髪染めのヘアカラーは、市販されているし手軽にカラーリングできるので安全だと思っていませんか?実はヘアカラーに含まれている「パラ系染料」はとてもこわいアレルギー症状を引き起こすことがあるんです。その危険性についてリサーチしてみました!
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法
自宅でヘアカラーする前や美容院で白髪染めする前にできるだけ行いたいパッチテストの方法を紹介します。自分で白髪染めするときも危険な薬剤があるかもしれないので、是非パッチテストはやりましょう。
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
市販のヘアカラーや美容院で白髪染め中や直後にアレルギー症状でたらすぐに対策が必要です。頭皮や周辺の皮膚の赤みやかゆみや痛みの症状によって自宅で対処するだけで改善する場合もあり、すぐに病院での治療が必要なくらい深刻なこともあり。症状による見分け方や治療法など、またかぶれない安全な白髪染めについてもご案内します。