ヘアカラーアレルギーの治療!症状別

ヘアカラーアレルギー 症状別

最近よく言われるように、白髪染めなどのヘアカラーはアレルギーを引き起こすので注意が必要です。

 

でもかゆみや頭皮の赤みそのほか抜け毛やブツブツなど、全てがアレルギーのせいとはいえません

 

ヘアカラーを使って白髪染めする場合、過酸化水素やアルカリ剤などが、主に、刺激の原因となりますが、他の成分も刺激になることがあります。

 

原因となった刺激物質がなくなれば、アレルギー性皮膚炎よりも、比較的早くに回復してしまうので、もしかしたら、と思ったら、まずは、肌が単純に刺激を受けているだけか、それともアレルギーを起こしてしまっているのか見極める必要があります。

 

ヘアカラーでかぶれてる(刺激による接触皮膚炎)場合

ヘアカラーアレルギー

刺激となる物質(この刺激物質は人によって違ったりします。)が皮膚についてしまったときに、頭皮や耳や首などの皮膚の細胞(表皮細胞など)が刺激を受けてできる皮膚炎です。

 

皮膚炎の程度は刺激の強さによって変わるので、体質には関係なく誰にでも起こることがありますが、もともと肌が弱く強い成分に敏感な人や、皮膚バリアがうまく機能していないような人にも起こりやすいので注意が必要です。

 

ヘアカラーに含まれる過酸化水素やアルカリ剤などが刺激の主な原因になりがちですが、それ以外の他の成分でも刺激となることがあります。良いところが、その原因となった刺激物質が皮膚から完全になくなれば、割と早く改善するということなのですが、皮膚から体の中に入ってしまっている場合は、時間もかかりますので、頭皮や首などについている場合は、温度の低いぬるま湯などでまずは刺激を与えずに洗い流しておきましょう。

 

症状が静まらずに、炎症の程度が強まるようならすぐに皮膚科で手当てをしてもらいましょう。

ヘアカラーでアレルギー(ジアミンなどによるアレルギー)の場合

ヘアカラーアレルギー

ヘアカラーでアレルギー反応は出てしまう場合は、通常6時間後より症状が悪化し始めて、その後48時間後にピークとなりますので、ピークにならないうちに、病院で手当てをしてもらう必要があります。

 

手当をしても症状が軽くなるということはないので、お仕事を持っている人や常に緊張して何か活動しないといけないような用事がある人は、しばらくお休みが必要になるかもしれないので、準備をしておきましょう。
ヘアカラーアレルギーの症状48時間

 

ヘアカラー剤の染毛料に含まれる物質の中で「パラフェニレンジアミン」は、特にアレルギーを引き起こしやすい物質として報告されています。もしこの物質によってアレルギーが出たら以下のような症状になります。

 

例えば、目の周りや顔全体が腫れたりします。またかゆみや痛みや湿疹が出ることもあります。頭皮がじゅくじゅくしたりもします。こうしたアレルギー症状が見られたら、すぐに皮膚科の診察を受ける必要があります

アレルギー治療で使われるステロイド剤について

ヘアカラーアレルギー治療

ヘアカラー剤によるアレルギー治療としてよく使われるのが「ステロイド」です。ステロイドは「副腎皮質ホルモン」とも呼ばれていて、その役割は主に抗炎症作用と免疫抑制作用です。

 

抗炎症作用は、炎症をやわらげる作用のことです。また免疫抑制作用は、体の免疫系の働きを抑える作用です。免疫系は体を異物から守ってくれるものなのですが、時々アレルゲン物質に対して過敏に反応してしまうあまり、炎症や痛みを引き起こすことがあります。この免疫系の異常な状態がアレルギーなのです。ステロイドを使うとこの免疫系の動きをコントロールしてくれるので、アレルギー症状がおさまるというわけです。

 

病院ではアレルギー症状の程度や部位によって、処方するステロイドの外用剤の強さを判断して使用してくれます。もし症状が重ければ内服タイプのステロイドが使用されることもあります。

 

ステロイドは点滴タイプやローションタイプ、錠剤、クリーム、スプレーなどさまざまなタイプがあります。かゆみが強い時には「抗ヒスタミン剤」や「抗アレルギー剤」の内服薬が処方されます。

 

ヘアカラーとアレルギー反応が出る場合、大切なのはすぐに病院に行くということです。発症するアレルギーには即時型と遅延型があって、遅延型の場合はカラーリングから6から12時間くらいしてから症状が出始め、48時間後くらいにいっきにひどくなるという特徴があります。ですから症状の出始めたら出来るだけ早めに皮膚科を受診しましょう。医師による処置が後回しになると症状が不必要に長引いてしまう可能性があります。また、そもそもかぶれなどのアレルギー症状を未然に防げるように、ヘアカラー使用の前には毎回48時間前にパッチテストをするのが望ましいです。

ヘアカラーアレルギーの治療!症状別関連ページ

毛染めアレルギーが心配?頭皮が健康かどうかセルフチェック方法
毛染めアレルギーが心配な人は、早めに自分の頭皮がどんな状態なのかを知るといいです。健康な髪づくりの土台となるのは健康な頭皮づくりです。この2つの関係と頭皮のセルフチェック方法について
ヘアカラーでアレルギー!その症状とは?
白髪染めがきれいにしっかり染められる、ということで人気のヘアカラーですが、実はこわいアレルギー症状を引き起こす可能性があるって知っていましたか?その危険性について取り上げてみます!
ヘアカラーで頭痛がするのはなぜ?白髪染めで体調悪くなる?
市販のヘアカラーでオシャレに髪色を整えたり白髪染めをしたりするのに便利ですが、こわいのは皮膚炎などのリスクがあるということですがその中でも頭痛を起こす場合もあります、その仕組みと対策について紹介します。
ジアミンアレルギーになる確率ってどのくらい?
ヘアカラーを使った白髪染めは根強い人気がありますよね?でもヘアカラー製品による皮膚炎などのトラブルはたくさん報告されてるんです。よく聞くのが「ジアミンアレルギー」という問題ですが、これってどんなトラブルなんでしょうか!?
アレルギー反応で病院に行くタイミングは?パラ系の染料でアレルギーになる原因とは?
白髪染めのヘアカラーは、市販されているし手軽にカラーリングできるので安全だと思っていませんか?実はヘアカラーに含まれている「パラ系染料」はとてもこわいアレルギー症状を引き起こすことがあるんです。その危険性についてリサーチしてみました!
ヘアカラーのアレルギーのせい?抜け毛が大量でも慌てないで!
ヘアカラーはさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。ヘアカラーによく使われるどんな成分が危険性があるのか、そしてヘアカラーと抜け毛にどんな関係があるかについて調査してきました!
ヘナでアレルギー?!成分に負けやすい人は注意
ヘナは安全性が高い染毛剤として、白髪染めをするのに人気です。でも実はアレルギー反応が起きることもあります。ヘナカラーリングをする時の覚えておきたい注意点をチェックしてみました!
ヘアカラーする前に行うべきパッチテスト方法
自宅でヘアカラーする前や美容院で白髪染めする前にできるだけ行いたいパッチテストの方法を紹介します。自分で白髪染めするときも危険な薬剤があるかもしれないので、是非パッチテストはやりましょう。
体調不良中のヘアカラーはタブー!生理中はアレルギーになりやすい?
市販のヘアカラーや美容院で白髪染め中や直後にアレルギー症状でたらすぐに対策が必要です。頭皮や周辺の皮膚の赤みやかゆみや痛みの症状によって自宅で対処するだけで改善する場合もあり、すぐに病院での治療が必要なくらい深刻なこともあり。症状による見分け方や治療法など、またかぶれない安全な白髪染めについてもご案内します。
ブリーチなしのヘアカラーがオススメ!刺激が少ない永久染毛剤
ヘアカラーは髪や頭皮にダメージがあることで有名ですが、少しでもダメージを避けるためには、ブリーチなしのヘアカラーが良いでしょう!どんな感じになるのかも紹介します。
アレルギー性皮膚炎は治る?ヘアカラーで発症した場合の対処
ヘアカラーが原因のアレルギー症状は決して軽いものではありません。アレルギー性皮膚炎で済む場合もあれば、ジアミンによる影響だと二度と使うことができなくなったりするし、場合によっては命にもかかわる可能性があります。アレルギーがもし発症したらどうしたら良いでしょうか?