白髪改善のためにするべき5個のこと!予防と対策で白髪は治る?

ふとした瞬間や、髪をかき上げた時などに目に付く白髪。白髪染めで一時的に黒くすれば手っ取り早いですが、染めてもまたすぐ出てきてしまったり、ヘアカラーで髪や頭皮にダメージを負わせてしまったりと、白髪染めが新たな悩みを生むことも。

 

そんな時「白髪を減らせたら」「これ以上白髪が増えなければ」という「白髪そのものを改善したい!」という考えが頭に浮かんだことがあるという人も多いのではないでしょうか?

 

白髪発生の原因は遺伝や体質などが影響する場合もありますが、加齢やストレスが原因で発生する白髪は正しい予防や対策を行えば現状を改善させることが可能です。

 

そこで今回は白髪の改善方法について、詳しくまとめてみましたので是非ご覧ください。

白髪は何故生える?白髪発生の原因について

まずは、そもそもどうして白髪が生えるのかについてお話します。白髪は、髪を黒く見せているメラニン色素が欠乏することで発生します。

 

もう少し詳しく言うと、メラニン色素を作っているメラノサイトという色素形成細胞が、何らかの原因により活動しなくなることで、メラニン色素が入っていない白髪が発生するというわけです。

 

メラノサイトの活動が鈍る原因は老化のほか、不規則な生活習慣やストレス、遺伝など人によって様々で、このメラノサイトを再び活動的にできるかどうかが、白髪改善のカギとなります。

今日から出来る 白髪改善のためにやるべきこと5つ

さてここからは本題である白髪改善に効果のある方法を5つお伝えします。

 

できるだけ手軽にできそうなものを厳選してみたので、ご自身のライフスタイルの中で無理なくできるものから是非チャレンジしてみてくださいね。

寝る前はリラックスできる時間を作って良質な睡眠をとる

睡眠している間に出る成長ホルモンにはメラノサイトの老化を防ぐ効果があるため、良質な睡眠をとることは白髪の改善にとってとても大切です。

 

成長ホルモンは眠りについてから30分の間に多く分泌されるため、ベッドに入ったらすぐにぐっすり眠れる状態が理想的。そのためにも、寝る2時間くらい前からスマホやパソコンの使用は控えるようにしましょう。

 

スマホなどのブルーライトは、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制する効果があるため、寝るギリギリまでスマホなどを使用することで目が冴えて中々寝付けず、睡眠の質を低下させてしまいます。

 

寝る前はのんびりと読書をしたり温かい飲み物を飲んだりと、脳や神経をリラックスさせるようにしてください。

食事には山椒を取り入れよう

これまで白髪改善に効果的な食べ物といえば海藻類や大豆・乳製品・黒ゴマなどが一般的でしたが、東洋医学では白髪改善に山椒が効果的という考えがあり、その考えに近年日本でも注目が集まっています。

 

山椒の辛味の元となるサンショオールという成分は、人体の新陳代謝を活発にし、メラノサイトの活動を促進させる効果があることが分かっています。血行促進効果もあるため、これも白髪改善を手助けしてくれますよ。

 

薬味である山椒を普段の食事にどう取り入れたらいいかわからないという方は、胡椒の代わりに山椒を使うと無理なく食事に取り入れることができるのでオススメです。

 

また、それでも難しい場合は山椒をカプセルに閉じ込めたサプリメントが販売されているので、そちらを利用してみて下さい。

頭皮マッサージをする

健康的な生活に取り組み内側から身体を変えることも大切ですが、外側からマッサージで刺激を与えることも白髪改善には効果があります。

 

ポイントは指の腹を使って、爪を立てないよう気を付けながらゆっくりじんわり刺激すること、特定の場所をピンポイントで刺激するのではなく、頭皮全体を動かすように揉みほぐすことです。

 

また、わざわざマッサージをするのが面倒だと感じる方は、シャンプー時にヘッドマッサージブラシを使うだけでもマッサージ効果を得ることができます。

 

しかしどちらもやりすぎは厳禁!やりすぎは逆に頭皮を傷つけてしまうことに繋がります。1回5分くらいを目安に「痛気持ちいい」くらいの力でマッサージしましょう。

頭皮の日焼け対策を怠らない

頭皮のUVケアをするだけで白髪改善に繋がることをご存知ですか?頭皮も肌の一部のため、他の部位の皮膚と同じように日焼けをすればダメージを負うのは当たり前ですよね。

 

日焼けでダメージを受けた頭皮は活性酵素という身体を守るための物質が分泌されますが、この物質は皮膚の新陳代謝を遅らせる作用を持っています。

 

新陳代謝が遅れた頭皮は乾燥しがちになり、そこから血行不良、メラノサイトの活動低下という負の連鎖が起こって白髪を増やすことへと繋がってしまいます。

 

対策法としては帽子や日傘を活用するほか、最近では髪にも頭皮にも使えるUVスプレーなども販売されているので、自分にとって使いやすい商品をチョイスして継続的な日焼け対策を行って下さい。

ストレスを溜めないよう上手く解消してあげることも大切

どんなに身体のためになることをしても、強大なストレスの力には勝てません。

 

ストレスは血行不良や睡眠の質の低下を引き起こす白髪の大敵なのです。ストレスとの付き合い方を心得ることが白髪改善のポイントと言っても過言ではないかもしれません。

 

ストレスを受けないに越したことはありませんが、受けてしまったストレスをこまめに解消してあげることも大切。

 

ストレスを解消するには何かに「集中する」ことが有効とされていますが、運動が苦にならない人であれば1回20分程度の運動がオススメです。

 

適度な運動は体も心もほぐしてくれるためリラックス効果が高いだけでなく、血行促進や成長ホルモン分泌の効果もあるので、ストレス解消・白髪改善にはまさにうってつけの方法とされています。

 

関連記事:白髪の原因とは?ストレスと白髪の関係

白髪改善に悪影響 やってはいけないこと3つ

やるべきことを学んだあとはやってはいけないことも押さえておきましょう。よかれと思っての行為も、もしかしたら本当は避けるべき行為かもしれません。

朝シャン・湯シャン

まずは入浴時間や入浴方法についてです。

 

朝にシャンプーをすること自体は悪いことではないのですが、忙しい朝にシャンプーをするとどうしても「早く終わらせなきゃ」という気持ちから力任せにシャンプーをしたり、シャンプーのすすぎが甘くなってしまったりする場合があります。

 

朝シャンをする際は時間に余裕をもって行うようにしましょう。

 

また、お湯のみで髪を洗う湯シャンも「過度なシャンプーは頭皮にダメージを与える」という事実に尾ひれが着いて「シャンプーを使わない方がいい」に変化したと思われますが、湯シャンをすることで皮脂が洗い流されず頭皮の炎症を引き起こす可能性が高くなるためオススメできません。

白髪を抜く

白髪が少ないうちは目につく度についつい抜いてしまいがち。手っ取り早く視界から消すことが出来るので誰でも一度はやってしまったことがあると思います。

 

しかし白髪を抜くのは絶対にNG!無理に髪を引き抜くことで頭皮にある毛穴を傷つけてしまう可能性がありますし、頭皮そのものにダメージを与えればメラノサイトの活動を弱めて白髪を増やしてしまいます。

 

また、最悪の場合は毛根が再起不能になってしまうこともあり、そうなれば今度は髪が生えてこなくなって薄毛になってしまうという恐ろしい可能性も!白髪は短くカットしたり白髪染めをしたりと、できるだけ抜かずに対処することが今後のためです。

 

関連記事:【美容師が解説】白髪を抜くのは問題ない?抜く以外の対策方法とデメリットは?

刺激の強いカラー剤で白髪染めを繰り返す

白髪が増えるとこまめに白髪染めを使用したくなっちゃいますよね。

 

しかし、市販の白髪染めでよく販売されている2つのカラー剤を混ぜて色を作る2剤式白髪染めは、髪に相当なダメージを与えるだけでなく、頭皮の炎症やアレルギーを発症させる可能性があるため使用は控えたほうがいいでしょう。

 

何度も説明しているのでお分かりだと思いますが、白髪と頭皮は密接に関係しているので、頭皮を傷める=白髪を増やすことに繋がってしまいます。

 

下でも説明していますが、白髪を染める場合はできるだけ髪や頭皮に優しい成分の商品を使用することが白髪改善に繋がっていきます。

 

関連記事:ヘアカラーによるアレルギーに注意!ある日突然発症する毛染めアレルギーは薬剤が原因?

染める場合はヘアカラートリートメントを使う

生えてきてしまった白髪への対処法として、白髪を染めることを選択する人がほとんどだと思いますが、白髪を改善したければヘアカラートリートメントで白髪を染めることをオススメします。

 

白髪染めは商品選択を間違えれば髪や頭皮にダメージを与え、白髪を増やしてしまう可能性もあるため、「どんな商品を使用するか」ということは非常に重要なポイント。

 

ヘアカラートリートメントは他の白髪染めに比べて染色力が弱いという一面がありますが、天然由来の成分が多く配合されており、髪や頭皮へのダメージがほとんどないという最大の強みがあります。

 

また、白髪改善には育毛効果も期待できるヘアカラートリートメントを選ぶと、細胞活動や血行を促進してくれる成分が含まれているためオススメです。

 

関連記事:2018年利尻ヘアカラートリートメントの口コミと写真付きレビュー

まとめ

いかがでしたか?改善のためにやるべきこととやってはいけないこと両方お伝えしましたが、効果や結果が出るまでにかかる期間には個人差があります。

 

なかなか改善しない白髪を諦めることは簡単ですが、手軽に出来る改善法もあるので諦めずに挑戦してもらえると嬉しいです。

 

また、白髪改善への取り組みは早ければ早いほど後の結果が変わってくるので「今はまだ大丈夫」と安心せず、是非早いうちから予防も兼ねて対策をしてくださいね。

 

しかし、あまり根を詰めてやるとそれがストレスに繋がることもあるので、生えてきてしまった白髪にはヘアカラートリートメントで対処しつつ、出来る範囲で気長に継続させることが重要です。

 

関連記事:【最新版】カラートリートメントランキング!白髪染め比較の口コミ&辛口評価