美容室と市販の白髪染めの違い

レフィーネ白髪染め体験レビュー

 

白髪染めって、市販の白髪染めと美容院を比較するとどちらがいいのでしょうか?

 

白髪染めをしている人なら、一番気になりますよね?本当はどちらも頭皮ダメージを考えるとおすすめできず、なるべく代用としてヘアカラートリートメントを多く使うようにしてほしいのですが・・・。

 

美容院で白髪染めの話になったときに、美容師さんは、「市販の白髪染め剤は髪が傷むから使わないほうがいい。」と言っていました!

 

特に、泡タイプの傷みは尋常じゃないそうで、絶対に使わないほうがいいそうです

 

・・・では、美容院の白髪染めと比較した場合、どう違いますか?

 

市販の白髪染めのメリット

  • 価格が安い
  • 自宅で染められる
  • 好きな色を選べる

 

市販の白髪染めのデメリット

  • 頭の後ろが見えないから染め残しをしやすい
  • 周りに液が飛び散って部屋や服をを汚しやすい
  • においがキツく、肌につくと危険、髪や頭皮へダメージ激しい

 

ヘアカラートリートメントの危険

市販のヘアカラーは、永久染毛剤で、成分に強い刺激のある薬剤が使用されています。(美容院も使用している成分は基本的に同じ

 

特にジアミン系の染料や、脱色するときの過酸化水素が入り、どちらも発癌性があると言われ、肌に直接つく場合の炎症の危険もあります。

 

メーカーや商品それぞれにより分量は様々ですが、この毒性のある成分が、市販の白髪染めはとても高い傾向があります。

 

気になる人は、なるべく頻繁に使わないほうが賢明です

 

ヘアカラートリートメント人気ヘアカラーの成分の毒性

 

それでは、美容室での白髪染めはどうでしょうか?

 

美容室の白髪染めのメリット

  • まんべんなくキレイに染まる
  • 髪質に合わせて薬剤を選ぶので、市販のより刺激は抑え目
  • 保護するトリートメントたっぷり使い頭皮を労わっている。

 

美容室の白髪染めのデメリット

  • 美容師さんの技術が高いほど費用が高い。
  • 予約したり行くのが面倒くさい。
  • ジアミン系染料や過酸化水素を使用するので、ダメージがないといえない。

ヘアカラートリートメントの危険

総合的に、まとめると、市販のヘアカラーも美容院で行う毛染めも、使っている薬剤の成分はあまり変わりはありません

 

ただ、危険な成分の量に関しては、市販のほうが多い可能性が高く、美容院は、その人の頭皮状態や髪質を見て選び、なるべく染まりやすく、さらにダメージの少ない薬剤を選んでいるということになります。

 

同じ美容院でも、実際にお手入れしてくれる美容師さんの技術の高さによっても全然変わってきます。


過酸化水素の毒性

ルプルプ 白髪染め 効果

特に、過酸化水素には、発がん性もあり、直接触れるのにも負担があるような成分なので、できるだけ使わないほうがいいですし、使うのなら、なるべく遅く、そして、頻繁には使わないことをお勧めします。

 

そこで・・・・最近、染めるときに、頭皮がヒリヒリしてきた、とか分け目がなんとなく気になるとか感じる人は、すぐに白髪染めをトリートメントタイプに変えるのがいいですよ!

 

頭皮が痛い」や「頭皮がヒリヒリ」としてきたら、既に頭皮のダメージが進んでいる状態です。ほかに頭皮の赤みやかゆみなどがないか、もチェックしておきましょう。

 

ヘアカラートリートメントは、ジアミン系の薬剤も過酸化水素もその類も一切使っていません!体に安心な成分ばかり♪

 

  • 染め残しに注意!(手鏡とハケがあると便利)
  • 染料を残さないように。(すすぎしっかり!

ルプルプ 定期購入

白髪染めトリートメントで染めるときの心配な点は、染め残しがないようにすること!ここだけ注意してくださいね。

 

せっかく頭皮や体にやさしいものを使っているのに、すすぎが甘くて染料が残っていると、頭皮の皮膚呼吸に邪魔になります。ここだけ注意してくれればOKです!

 

はじめて使う白髪染めトリートメントは、こちらがおすすめ!

白髪染めヘアカラートリートメント

 

そして、色にこだわりがある人は、こちらなら混ぜて使えるのでバッチリ!

白髪染めヘアカラートリートメント

 

抜け毛や薄毛心配な人や肌が荒れ気味ならこちらから!

白髪染めヘアカラートリートメント


みんなが読んでる人気ページ