LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメントの実力はいかに?

カラートリートメント分析

薄毛対策などのヘアケアやウィッグで知名度の高いアートネイチャーから発売されているヘアカラートリートメントです。

永く、様々な角度から毛髪に関わった会社からリリースされた白髪用のヘアカラートリートメントですから、染めるということ以外にもヘアケアとして期待が持てそうです。

そんなラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントについて調べてみました。

ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントとは?

公式サイトによるとこちらの商品は全3色、各200g入りで税抜き3,000円販売されています。

カラーの色味はナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウンと標準的です。価格は若干高めと言えそうです。

定期コースというものもあり、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月のお届けサイクルの選択が可能で初回購入からずっと20%OFF、送料無料になる特典があります。

サイクルの変更、休止や解約まですべてペナルティーなしでいつでも可能ということでした。

定期コース以外だと、5,000円以下の購入は送料が500円(税込)離島、一部地域は追加送料がかかる場合があります。

ネットショップの大手でも調べてみましたが、本体価格はほぼ変わりませんでした。

商品自体が多少割り引かれていても送料がかかったり、送料無料のショップでは商品価格が正規品と同じ金額といったところが多く、だいたいどこで購入してもほぼ3,000円でした。

単品購入でとりあえず試してみたいという方は公式サイトよりネットショップで購入する方が送料分程度の500円前後お得になるようです。

ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントの成分は?

全成分はこちらです。

水、セテアリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、パルミチン酸セチル、ジメチコン、シスタンチェツブロサ根エキス、加水分解コンキオリン、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液、ダマスクバラ花エキス、シャクヤク根エキス、ローズマリー葉エキス、ザクロ果実エキス、オニイチゴ根エキス、ダマスクバラ花油、ジャスミン油、ティーツリー葉油、ベルガモット果実油、オレンジ果皮油、コリアンダー果実油、ブドウ種子油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、アルガニアスピノサ核油、オレンジラフィー油、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添ナタネ油アルコール、水添レシチン、ポリクオタニウム-6、ジメチコノール、クロルヒドロキシAl、ステアリン酸PEG-25、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、イソプロパノール、フェノキシエタノール、炭酸水素アンモニウム、クエン酸、香料、(+/-)、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄2、HC青2、HC黄4

染料はヘアカラートリートメントとして一般的な塩基性染料、HC染料が配合されています。

健やかな髪は頭皮の健康からという事で、植物由来の保湿成分がふんだんに配合されています。

アルガンオイルやホホバ種子油などのメジャー成分の他に果樹系のエキス、真珠由来エキスなどが含まれているので髪表面を整えるほか、頭皮の殺菌収れん作用など様々な効果が期待できそうです。

染料などの化学物質も含まれていますが、なるべく頭皮を刺激せず髪とともに頭皮もケアできる成分配合になっていました。

ヘアケアで悪とされがちなシリコーン剤である成分、ジメチコンなどのポリマー類も配合されています。

これらは皮膚呼吸を阻害する、毛穴が詰まるなどの危険性がささやかれていますが、ジメチコンはヘアケア製品や化粧品にもよく使われるほどポピュラーなベース剤です。

ジメチコンはストッキング状の網目の形状になっていますから、皮膚呼吸を阻害する事はないでしょう。

したがって危険性、刺激性はないヘアカラートリートメントであると思います。しかしアトピー性皮膚炎など、アレルギーをお持ちの方は一度医師に相談されると良いでしょう。

ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントの特徴は?

ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントの大きな特徴は、「待ち時間3分で染まる」という事でしょう。

最近のヘアカラートリートメントは短時間で染まる事をウリにしている商品が多い中、実際は表記時間の2倍程の時間をかけないとしっかり染まらないと言う口コミが多いです。

しかしラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントは5分以上置いても染まり上がりに大きな差はなく、短時間で染まるという声が実際多く挙げられていました。

これは、アートネイチャー独自の処方という事で、pH調整剤が配合されており一時的にキューティクルを少し開かせ染料を浸透させる力が強いためです。

もちろん他のヘアカラートリートメントにもよく配合されている成分で安全性も確かですが、その配合量は独自処方という事で他製品より短時間で染料が定着します。

ただ、定着するまでの時間が早い分、「色落ちした」と感じやすい製品とも言えるでしょう。

個人の感じ方の問題もありますが、永久染毛剤ではないためしっかり染まれば染料が落ちていくのも目立つものです。

待ち時間は少ないものの、結局こまめにヘアカラートリートメントをしなければならないという問題は他の製品と同じでしょう。

そして植物由来の保湿成分が12種類配合されていることから美髪効果は高く、本来のトリートメントとしての役割もしっかり果たしてくれる商品です。

ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントの口コミを調査

良い口コミ

カラートリートメントにしては良く染まりますし、手についたのも結構簡単に落ちます。使いやすくてとても良いです。

トリートメント効果も高く色持ちのよさと髪のツヤ、傷まない仕上がりがすごく気に入っています。白髪は一度では綺麗に染まりませんが3日ほど連続使用すると綺麗に染まります。

悪い口コミ

白髪の割合は少ないですが、あまり染まりませんでした。塗布している最中に少し頭皮がピリピリするのと、染めてから1週間ほどずっと痒みが続いて使用を停止しました。

口コミまとめ

このような結果でした。その他に多かった意見は価格が少し高いという意見です。良い口コミの中でもしばしば言われていました。

髪質によってはヘアカラートリートメント自体が向かない方もいるので、比較的柔らかく細い方には良く染まると評判でした。

ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントの総評は?

毛髪のプロ、アートネイチャーが開発しただけのことがあるヘアカラートリートメントという印象です。

白髪は日々増え、伸びていくので対策にかかる手間は大変な事でしょう。

染まり上がりの時間が短いというのは毎日のケアではとても重要です。

しかし、レビューの良さから試してみて、染まらなかったとガッカリしている方も少なからずいらっしゃいます。

カラートリートメント自体が不向きな方がいらっしゃるのも事実なので、カットの際に美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか

商品価格が高めなので、白髪の量が多く染まりづらい方にはあまり向かない商品だと感じました。

タイトルとURLをコピーしました