薄毛なら紫外線に要注意!頭皮ダメージ減らす頭皮ケア

頭皮ダメージの画像

夏の暑い時期、ぎらぎらと照りつける太陽はほんときついですよね。
でも太陽の光は単純に暑いだけではなく、体にダメージのある物質も含んでいるって知っていますか?
それが「紫外線」です。紫外線は髪や頭皮トラブルのもとにもなるし、薄毛や抜け毛が気になる人にとって、敵です。
顔の肌荒れと違って、頭皮ダメージって目に見えないから、気が付かないことがほどんどだけど、800倍のズームカメラで撮影したら、こんなに頭皮ダメージがあるんですよ。
管理人の髪はそれほど痛みは感じられないのに、頭皮をチェックしたら、毛穴の周りには、黄色く付着した皮脂や赤くなってしまってる危険信号の地肌がわかって、ビックリ・・紫外線に負けない頭皮つくる頭皮ケアについても合わせて紹介するので是非最後までチェックしてくださいね。

紫外線は角質層の保湿力を奪う?って本当?

紫外線はもちろん太陽のある限り1年中地球上に注がれていますが、だいたい5月~9月くらいにかけて一番多く照射されています。特に夏の紫外線対策が必要になってきます。できれば、薄毛や育毛を考えている人は月に1回は美容室のヘッドスパを受けて頭皮の活性化を定期的にしておくのがいいでしょう。

薄毛にはヘッドスパ

頭皮ケアもできる白髪染めトリートメント

夏の時期に日焼け止めを腕や足に使う人は多くいますよね。でも髪や頭皮へのダメージもしっかり意識しないといけません。頭は太陽に向かっていつも向いていますから、紫外線をもろに受けやすい部位なんです。では具体的にどんなダメージが紫外線によってもたらされるんでしょうか?ひとつは角質層の保湿力が奪われてしまうということです。
紫外線を受けると肌を守ろうとして体は防御態勢にはいります。肌の表面は角質層と呼ばれるもので覆われていますが、この角質層を厚くすることで有害な太陽光を少しでも反射しようとします。
でもそうなると肌状態がゴワついたり、肌の内部のスキマが多くなったりします。こうして水分が足りなくなっていき乾燥状態になってしまうのです。ですからきれいな肌を保つのが難しくなります。

頭皮対策でどんな紫外線ケアをしたらいいの?

頭皮ケアには、どんな紫外線対策ができるでしょうか?やはり一番わかりやすい対処策は「紫外線を浴びないようにすること」です。

麦わら帽子は麻がオススメ

例えば帽子をかぶることです。できれば光をよりさえぎる「つば」のついたものは効果的です。
そして通気性が良いものを選びましょう。通気性が悪いと紫外線をカットできても頭皮のムレや雑菌の繁殖をおこしやすくなるからです。
昔ながらの麦ワラ帽子はその点通気性が良くて、適度に日差しをカットして良いですし、麻素材であれば、柔らかく柔軟性もあるので、折りたたんでバッグに入れられるので便利です。
値段も安いものではなく、毎年使えるように1万円くらいするものを選んで、シーズンが終わったら、化粧落とし用のメイク落しで汚れを簡単に拭取って、型崩れしないように詰め物をしてビニールに入れて保管もできていつまでも使えます。

麦わら帽子は麻がオススメ

私は伊勢丹の半額引きバーゲンで5000円くらいで購入したのですが、風で飛ばされないようにゴムひもをつけてくれたのでとっても便利ですね。ゴムひもってあごにかけるものかと思っていたのですが、髪が少し伸びていれば、頭の後ろにして、髪を少しゴムに通しておけば、これだけでゴムがひっかかるので、風がふいても飛ばないんですよね!
他にも日傘を使うのもいいですね。最近では100%UVカットの日傘も販売されています。また100%でなくてもそれに近い高UVカット率のものもあります。「男が日傘はかっこ悪い・・」という人もいるかもしれませんが、最近はいぶし銀カラーなどメンズ用の日傘も販売されているのでメンズも使えるものあり、抵抗がないのです。女性なら、帽子か日傘のどちらかは使うようにするべきでしょう。
薄毛が心配になっている人はなおさら必要です。頭皮が堅くなっている人は地肌が既にダメージを受けている可能性ありますので、毎日の頭皮ケアをするとかなりいいですね。

薄毛や抜け毛対策!毎日5分の頭皮マッサージと月1回のスカルプケア♪

自宅でできる頭皮マッサージ

管理人のように頭皮ダメージが進行している人は、すでに日々のストレスが頭皮に出てしまっています。当然生活改善はすべきで、寝不足や夜更かしは改善するのは必須で、頭皮の血行促進をしていかないといけません。
美容室でヘッドスパをたまに受けるのは効果的なんですが、自宅でも合わせて1日1回、シャンプーする前でもいいので5分程度やってみましょう。
2種類の頭皮マッサージを美容師さんが教えてくれましたので紹介します。まず、頭の上の部分を両手を交差させて、掌の腹の部分で、何度か押すようにします。

自宅でできる頭皮マッサージ

それが終わったら、次は頭の縦のラインを顔の側頭部から後頭部までしっかり指の腹をつかって、押していきます。
1-2周ずつでいいから、これを毎日続けましょう。頭皮の皮膚の部分が堅くなっている人は、血行が悪くなっていますから、この頭皮マッサージを続けてているとだんだんと柔らかい頭皮になってきます。

食生活や生活習慣でも気を付けたいことは?

紫外線のもたらす悪影響のひとつに「活性酸素が増えてしまうこと」もあげられます。
活性酸素そのものはもともとバリア機能を持つ良いもので、体に有害なものが侵入すると増えて対処する仕組みがあります。紫外線も有害なので、あたりすぎると活性酸素が増えます。
でも、適度であればいいのですが、増えすぎると活性酸素はシミやシワや皮膚がんなどの原因となりえます。ですから活性酸素をおさえる工夫をすることが大事で、例えば喫煙をしないことやアルコールをたくさん飲むのを避けるというのも大事。
また適度な運動をすることで血行があがり、代謝がよくなるため、たまった活性酸素を外に出しやすくなります。もちろん、適度な睡眠、偏食を避けるなど良い食生活、生活習慣を心がけるのも大切です。食生活に関してはビタミンCやビタミンEが酸化防止に良いので、新鮮な野菜や果物をとるといいですね
こうした間接的な努力でも、抗酸化力を高めて、紫外線によって増える活性酸素への対策ができるので意識していきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました