利尻ヘアカラートリートメントの白髪染め成分の安全性を事前にチェック!

利尻ヘアカラートリートメントは、「白髪を染めるトリートメント」で、ヘアマニキュアに近い使い方の白髪染めです。

 

ヘアカラートリートメント

 

ジアミン系のヘアカラーとは違って安全に白髪染めができるしコスパもいいので、最近多くの女性が使うようになってきました。

 

 

市販のヘアカラーや美容院でのカラーリングなどパラフェニレンジアミン等の酸化染料を使用した白髪染めは、使い続けているとアレルギー反応を起こす人が多いので、確実に安全に使えるとは言えません。

 

ヘアカラートリートメントは、基本的に、髪を内側から染めるのではなく、外側から色を付けてコーティングしていくという染め方になり、他のヘアカラートリートメントとしては、ルプルプやレフィーネヘッドスパが代表的でと同じ部類の染毛料としての白髪染めになります。

 

特に、利尻ヘアカラートリートメントの成分には、「無添加」といのが強調されていますが、この意味としては、「ジアミン・タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコーン、香料、鉱物油」を一切使っていないということです。

 

つまり、危険性のある成分はもちろん、刺激が強くてアレルギー反応を起こしやすい成分は一切使っていないという意味です。このような成分はどんな障害があるのでしょうか?

 

よくある危険成分が利尻ヘアカラートリートメントには入っていない

 

刺激の強い成分について紹介します。

利尻ヘアカラートリートメントが入っていない危険成分とは?

 

ヘアカラートリートメントパラベン・・皮膚障害をおこす可能性あり。口から入ると、むかつき・嘔吐があり、発疹・発熱・肝炎などをおこす恐れも。

 

ヘアカラートリートメントエデト酸三ナトリウム・・皮膚・粘膜を刺激し、喘息・発疹などをおこす可能性。口から入ればカルシウム欠乏症を招き、血圧降下・肝臓障害をおこす恐れも。

 

ヘアカラートリートメントパラフィン・・長時間接触していると、皮膚に赤化・湿性湿疹などの恐れが。「パラフィンガン」と呼ばれる皮膚疾患ガンをおこす恐れもあり。

 

ヘアカラートリートメント香料・・影響力のあるアレルゲン(アレルギーを引きおこす抗原物質)で、皮膚・粘膜に反応し、アレルギー反応を引きおこす恐れがあり。

 

ヘアカラートリートメント

よくある刺激の強い成分は以上になりますが、利尻昆布ヘアカラートリートメントにはこの成分は入っていません

 

無添加だから入っていないのは当然と思うかもしれませんが、意外にも入ってるヘアカラートリートメントってすごく多いので、これだけでも入っていないというのはとっても安心ですね。

 

利尻昆布ヘアカラートリートメントは初回限定の特別価格で3000円⇒1000円引きで購入できます

 

利尻カラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント 口コミ

 

利尻ヘアカラートリートメントの全成分

 

さらに、利尻昆布ヘアカラートリートメントの成分について細かく調べてみます。まずは全成分をご紹介します。

 

水(特殊水)、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、BG、イソペンチルジオール、パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、リシリコンブエキス、ローヤルゼリーエキス、アルギン酸Na、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、水添ヤシ油、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ミリスチン酸、ボタンエキス、プラセンタエキス、フユボダイジュ花エキス、パーシック油、ニンニク根エキス、トコフェロール、センブリエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ステアリン酸グリセリル、ゴボウ根エキス、ゲンチアナ根エキス、カワラヨモギ花エキス、カミツレ花エキス、オランダガラシ葉エキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジン根エキス、オクラ果実エキス、エタノール、アルニカ花エキス 、アルテア根エキス、PEG-40水添ヒマシ油、オオウメガサソウ葉エキス、ユズ果実エキス、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、加水分解コンキオリン、ポリクオタニウム-10、AMP、PPG-3カプリリルエーテル、イノシトール、グリチルリチン酸2K、バチルアルコール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリアミノプロピルビグアニド、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、水溶性アナトー、加水分解クチナシエキス、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57
参考:https://www.sastty.com/products/detail/14/

 

成分表を見たところ、天然由来の成分が多く配合されている印象が強いです。細かく成分を見ていきましょう!

 

深みのある自然な色合いへ染める働きのHC染料成分

 

利尻ヘアカラートリートメント 成分

利尻ヘアカラートリートメントのカラー成分は天然由来の染料が多く配合されています。ベニノキ由来のアナトー、クチナシ、ウコン、シコンは天然由来で食品にも使われる成分です。

 

天然由来の染料は「色モチが悪い」という欠点があるので、それを補うために髪の毛のマイナスイオンに結合するHC染料・塩基性染料がプラスされています。

 

髪にハリ・コシを与える成分

 

利尻ヘアカラートリートメント 成分

利尻ヘアカラートリートメントの一番の特徴である「利尻昆布エキス」は、豊富なミネラルが髪の毛を健やかに保ち、ネバネバ成分であるフコイダンやアルギン酸が頭皮と髪の毛に潤いを与えてくれます。

 

他にも髪の毛のタンパク質成分であるケラチンや、髪の毛のハリを強化するシルク、アンチエイジング効果の高いローヤルゼリーなど髪の毛にハリ・コシを与えてくれる成分が豊富に含まれています。

 

髪の毛の保護成分

 

トリートメントを謳うからには、髪の毛の保護成分も気になるところですよね。

 

利尻ヘアカラートリートメントは保湿・保護効果の高いミツロウを中心に、ヒアルロン酸やパーシック油、ステアリン酸グリセリルなどのキューティクル保護成分がしっかり配合されています。

 

頭皮環境を考えた育毛成分

 

利尻ヘアカラートリートメント 成分

キューティクルを保護するだけでなく、育毛や頭皮に優しい成分も配合されている利尻ヘアカラートリートメント。

 

血行を促進し、抜け毛を防ぐセンブリエキスや毛母細胞に働きかけ、育毛効果の高いプラセンタエキスは髪の毛の「痩せ」に悩む女性に嬉しい成分です。

 

他にも頭皮トラブルを鎮静化する天然由来の成分(カミツレエキス・オタネニンジンエキスなど)が配合されているので、季節の変わり目や環境の変化で頭皮が荒れがちな人でも安心して使うことができます。

かぶれは大丈夫?利尻ヘアカラートリートメントに危険な成分は?

利尻カラートリートメントの成分

アレルギー反応を起こしやすい「ジアミン」「パラベン」は不使用なので、頭皮に優しいと言われている利尻ヘアカラートリートメントです。

 

とはいえ、万人に合う訳ではありません。

 

人によっては体質に合わない場合があるので、次の成分にアレルギーがある人はパッチテストを行うなど注意しましょう。

 

ジアミンと似た構造の成分

 

染料に深みを出す効果があり、多くのヘアカラートリートメントに配合されている4-ヒドロキシプロピロアミノは、ルプルプにもレフィーネヘッドスパにも入っています。

 

ただ、ジアミンと似た構造を持ち、ごくまれにアレルギー反応を起こす可能性があります。

 

特に、他のヘアカラートリートメントで頭皮トラブルを起こしたことがある方は4-ヒドロキシプロピロアミノがアレルゲンとなっている可能性があるので注意しましょう。

 

カチオン系界面活性剤

 

油分と水分を安定させる効果のある界面活性剤は、白髪染めを始め多くの化粧品に欠かせない成分です。

 

利尻ヘアカラートリートメントではステアラミドプロピルジメチルアミルと塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプンが界面活性剤で、ルプルプにも入っています。

 

界面活性剤の中でも比較的刺激が弱いと言われている「カチオン系活性剤」のこの2種類は、吸着性が高く、皮膚に残りやすいのが特徴です。

 

静電気を抑えて手触りが良くなる効果がありますが、人によっては経皮吸収されることで皮膚トラブルになる事があるでしょう。

 

敏感肌の人はパッチテストを行ってから使用する

 

ほかにも人によっては合わない可能性がある成分がいくつかあります。

 

利尻カラートリートメントの成分

 

防腐剤の一種であるフェノキシエタノール、乳化安定剤のPVP・セテアリルグルコシド、アミノ酸系界面活性剤のPEG-40 は肌荒れを引き起こす可能性があります。

 

多くのヘアカラートリートメント、ヘアケア商品に使用されているので安全性は問題ないですが、敏感肌・乾燥肌などのお肌が弱い人はパッチテストを行ってから使用するほうが良いでしょう。

 

ジアミン系の酸化染毛剤は全く使っていないため、ジアミンアレルギーの人や過酸化水素などの刺激に弱くなっている人の頭皮でも、ほぼ安心して使えるのですが、まだ炎症が残っている状態の場合や、体調が悪いとき(生理2日目など)は普段反応しない成分でも、過敏に反応しやすいものです。

 

今まで使ったことがあるものならまだしも、初めて利尻カラートリートメントを使うときは、なるべく体調が良いときを選び、敏感肌の人は、使う前にパッチテストを行ってから反応を見てからにしましょう。

 

⇒パッチテストの方法

 

天然成分でもアレルギー反応を起こすことも

 

また、化学成分だけでなく天然由来の成分もアレルギー体質の方に反応する恐れがあります。

 

髪の毛のタンパク質であるケラチンは羊毛由来、保湿効果のあるポリ-y-グルタミン酸Naは大豆由来の成分なので、それぞれアレルギーがある人は使用を避けましょう。

利尻ヘアカラートリートメント・白髪染めの効果をあげるには

利尻カラートリートメントの使い方

利尻ヘアカラートリートメントの使用方法もチェックしましょう!

 

基本の使い方はシャンプー後、タオルドライした髪の毛に馴染ませて5分〜10分置いて洗い流すだけ。本当にトリートメント感覚ですよね。

 

利尻ヘアカラートリートメントの白髪染め効果を高めるために、気を付けたいポイントをまとめました。

 

乾いた髪に使えば、しっかりと染まる

 

利尻カラートリートメントの使い方

基本はシャンプー後、タオルドライしてから使用する利尻ヘアカラートリートメントですが、乾いた髪の毛に使用すると色がより定着してくれます。

 

どうしても先にシャンプーしてしまうと染料が薄まるため色が定着しずらくなります。

 

もし、ヘアケア剤をたくさん使っている人は、シャンプーで一度、皮脂汚れを落とした後、ドライヤーでしっかり髪の毛を乾かします。

 

そのあとに染料を塗って染め置きするという方法にしてみると効果的に染まります。

 

利尻ヘアカラー 成分

 

時間を置いている間はヘアキャップをかぶって入浴するか、ドライヤーで染料を塗った髪を温めるとより色が入りやすくなります。

 

適度に保温・保湿を行うと更に効果的に色が定着します。

 

ノンシリコン・ノンポリマーシャンプーを使う

 

利尻カラートリートメントの成分

発色や色もちを良くするために、普段使用するヘアケア商品をノンシリコン・ノンポリマーのものにするとより美しく仕上がるでしょう。

 

シリコンは手触りを良くするメリットがありますが、髪の毛の表面がコーティングされてしまうので染料が定着しにくくなってしまいます。

 

特にトリートメント直前に使用するシャンプーはノンシリコンのものを使用すると、しっかり色付いてくれますよ。

 

利尻ヘアカラートリートメントは総合的に安心して使える白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント 成分

利尻カラートリートメントは、白髪を染めるのに、多少アレルギー反応が出るかもしれない成分はありましたが、明らかに美容院の白髪染めや市販のヘアカラーの薬剤とは違ってジアミンや過酸化水素は入っていません。

 

また、とくに刺激の強い成分として、「タール系色素」「パラベン」「酸化剤」「シリコン」「鉱物油」などの添加剤も含んでいないので、アレルギー肌の人で、化学成分などに弱い人もほぼ安心して使えると思います。

 

天然由来の28種類の潤い成分を含んでいるので、頭皮にやさしい仕上がりになっていて、香料もなく、完全な無臭で、男性でも女性でも抵抗なく使えます。

 

白髪を染めながら育毛効果や髪に潤いを与えるので、美容院のカラーリングや市販のヘアカラーをしばらくお休みにしていることで、ダメージを受けた頭皮も改善していく可能性が高くなると思います。

 

利尻昆布へアカラートリートメンが発売されて間もないころは、1回では白髪が染まらず、「段々染めていく」というヘアカラートリートメントでしたが、今はちゃんと染まりとても使いやすくなりました。

 

2015年から成分の改良化があり、今では、群を抜いて染まりやすくなったのでアレルギー肌でない人でも、将来の安心のために使っている人が多くなりました。

利尻ヘアカラートリートメントに含まれる天然由来成分

利尻ヘアカラートリートメント 成分

利尻ヘアカラートリートメントのメインとも言える利尻昆布エキスですが、ミネラルを豊富に含んだ潤い成分なので、頭皮の乾燥防止に役立ちます。

 

また、「オタネニンジンエキス」ですが、これは高麗ニンジン由来のエキスです。このエキスには肌の保湿効果があります。また皮膚のアンチエージングにも有効です。

 

他に「カミツレエキス」も入っていて、これにも保湿効果が期待でき、頭皮の痒みやフケの予防に効果がありますし、天然成分なので敏感肌の人にも安心です。

 

また、「プラセンタエキス」といって、これは要は胎盤からの抽出物で、アミノ酸を豊富に含んでいます。白髪増殖の理由の1つは女性ホルモンの減少と言われていますが、プラセンタはこのホルモンバランスの崩れを整える効果があり、白髪予防をサポートしてくれます。

 

他にも天然由来成分はたくさん配合していて、白髪染めだけでなく美髪効果も望めるトリートメントです。このように「利尻昆布ヘアカラートリートメント」は天然由来成分をたくさん配合していて、余計な添加剤を省いているので、アレルギーを過度に気にすることなく白髪染めができます。

 

利尻カラートリートメントの買い方

利尻昆布ヘアカラートリートメントは現在キャンペーン中で3000円⇒1000円引きで購入できます!

 

初回限定の特別割引になるので、今まで使ったことがない人は、一番安く購入できるので利用したほうがいいでしょう。

 

定期購入で申込すると送料無料で2か月に1回というシステムで買えます。(もし肌に合わない場合は未使用のもので7日以内は返品可能)

 

利尻カラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ!写真付きレビュー