市販のヘアカラーや美容院の毛染めをやめて・・その後

今まで使った白髪染めトリートメント

40代後半に入ったくらいでも全く影響なく、白髪染めはほとんど美容院で済ませていましたけど、突然の頭皮の痛みから、驚き、調べて、白髪染めの染毛剤の危険性を知りました。
ヘアカラーの成分の毒性!どの塩梅で白髪染める?

上の記事を読めばわかると思いますが、普通に口から入った毒物は胃で処理され、毒物はすぐに、排泄されるよう体のいろんな機能が総動員して対処しますが、口以外の肌の毛穴から入った微量な毒物は、動員される機能が少なく、見過ごされ、体の中に少しずつたまり積もっていく傾向があり、それが人によって、突然反応したりするので、ある日、突然のジアミンアレルギー発症がきっかけから、いろんなものに対してのアレルギーを同時発症したりすることにもなります。
軽い症状のうちなら、まだ、対処できるけど、いきなり、重い症状になる場合もあるので、やはり、早い段階でなるべく利用頻度を少なくしておくほうがいいという結論です。
あくまでも、健康を害するほどの量ではないということで、染毛剤は劇薬になりえるけど、微量なので、食品にも使われてもOKと言われている成分です。
白髪染めトリートメント今は、もうなるべく染毛剤を使わない方法で白髪を染めるのがベストと感じているので、ヘアカラートリートメントを主に使って、1年に1-2回だけ、美容院で白髪染めしてもらうようにしています。

ほとんど使っているのが、ルプルプ利尻昆布レフィーネヘッドスパ、そして、ラサーナ♪この4つの使い回しです。
他のトリートメントは、1回から3回までの使用で、白髪がちゃんと染まらなかったり、または、地肌まで染まるくらい、しっかり染まり過ぎたり、まあまあ、染まって合格だけど、値段が高めでお得感がなかったり・・というリスクがあったので、この4つを場面で使い分けています。