白髪染めで髪の毛がパサパサする!パサパサの原因と対策法は?

白髪染めをどれくらいの頻度で行っていますか?

 

理想は2〜3ヶ月に一度とされていますが、髪の毛は一ヶ月に約1センチ伸びるとされているため、ついつい根元の白髪が気になって頻繁に白髪染めをしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし完璧に染めたはずなのに、ふと気づくと生えているのが白髪。頻繁に染めることを繰り返した結果、髪の毛がパサパサになってしまうということも珍しくありません。

 

ネットでも「白髪染めのせいで髪の毛がパサパサになってしまって悲しい…」「白髪染めをしたら髪の毛が傷んでまとまらない」という声を多数見かけました。

 

白髪が目立つのは勿論嫌ですが、白髪染めのせいで髪の毛のパサつきという新しい悩みを生んでしまうのも困りものですよね。

 

そこで今回はどうして白髪染めで髪の毛がパサパサしてしまうのか?という根本的原因を探るとともに、その対策法もお伝えします。

 

関連記事:女性の薄毛対策は白髪染めに要注意!
関連記事:白髪改善のためにするべき5個のこと!予防と対策で白髪は治る?

白髪染めで髪の毛がパサパサする原因は?

白髪染めで髪の毛がパサパサになる原因は「ヘアカラー」という名目で販売されている白髪染めを使用しているからです。

 

美容院でのヘアカラーでも市販の白髪染めでも「ヘアカラー」と名の付くものは1剤(アルカリ染料)と2剤(脱色剤)を混ぜ合わせ、化学反応を起こすことで髪の毛を染めています。この化学反応こそが、髪の毛がパサパサする原因です。

 

ここからは更に詳しく原因についてお話していきます。

 

ヘアカラーに含まれるアルカリ染料は、アルカリ剤がキューティクルを無理やりこじ開け、髪内部まで染料を導くというものです。キューティクルは髪の毛にツヤを与え、水分を逃がさないようにするという重大な役割を持っています。

 

健康な髪の毛ほどキューティクルは閉じている状態なので、それを無理やりこじ開ければ髪の毛にかなり大きなダメージを与えることは想像に容易いでしょう。

 

 

1度や2度の使用なら何とか持ちこたえてくれるキューティクルも、何度も何度も白髪染めを行うことでダメージは確実に蓄積されていきます。

 

ここで大切なのはダメージを受けたキューティクルは2度と再生しないということです。

 

最終的に弱りきったキューティクルは剥がれ落ちてしまうこともあり、かろうじて髪の毛にとどまったとしてももはや本来の役目を全うすることはできません。

 

こうなると髪の毛内部のタンパク質や水分が流れてしまい、指通りもかなりパサパサ、キシキシしたものになってしまいます。

 

また、2剤の脱色剤は黒い髪の毛の色を変えるため、黒い髪の毛の色素細胞を壊す働きを持っています。脱色剤を使用すると髪の毛内部で空洞化が起こり更にパサパサしやすくなってしまうのです。

 

 

美容院でのカラーでも市販の白髪染めでも化学反応を利用して染める、という部分は同じですが、美容院なら美容師さんが髪の毛の状態に応じてヘアカラーしてくれる場合が多いので、市販の白髪染めよりもダメージは少なく済みます。

 

また「おしゃれ染めよりも白髪染めのほうが髪の毛が傷む」と言われているのを耳にしたことがある方もいるかもしれませんが、一度のヘアカラーで受けるダメージはどちらもそれほど変わりません。

 

おしゃれ染めに比べて白髪染めのほうが染める頻度が高いため、そのように感じる方もいるようですが、実際にはダメージはほとんど変わりません。

 

美容室と市販の白髪染めの違いとは?まだヘアカラーする?

白髪染めによるパサパサ髪の毛の対策法

ヘアカラータイプの白髪染めが髪の毛をパサパサにさせるということが分かったところで、既にお気づきの方もいるかもしれません。

 

ヘアカラー以外の白髪染めを使えばパサつきや傷みをなくすことができるんじゃないの?」と。

 

その考え、まさに大正解です!ですが、「白髪染め=ヘアカラータイプ」という図式が出来上がっているのも事実。

 

そこでここからはパサパサにならない、ヘアカラー以外の白髪染めをメリット・デメリット両方交えてご紹介します。

白髪隠し

白髪隠しは気になる白髪部分に塗って白髪を目立ちにくくする商品で、シャンプーをすると色は全て落ちてしまいます。

 

スプレー・ファンデーション・マスカラなど一口で白髪隠しと言っても様々なタイプがあり、自分に合った商品を選択することができます。

 

どの商品も髪の毛の表面に色を付けるだけなので、髪の毛へのダメージはありません。

 

使いたい日だけ使うことができるという手軽な使用感はメリットですが、毎回お出かけ前の手間が1つ増えてしまう点、汗をかくような場面や雨の場面では使いづらい点がデメリットです。

ヘアマニキュア


ヘアマニキュアは髪の毛内部に色を入れ込むヘアカラーとは異なり、髪の毛の表面にカラー剤をコーティングして色を付ける商品です。

 

傷んだ髪の毛もコーティングされるため、パサパサな髪の毛のツヤや指通りも改善されますよ。また、カラー剤を頭皮に直接つけないため、頭皮へのダメージが少ないというメリットがあります。

 

しかし、セルフケアを行う方にとっては染める前の準備が面倒なところ、頭皮に付かないよう気を配りながら綺麗に染めるにはテクニックが必要なところがデメリットです。

 

関連記事:何が違うの?ヘアカラートリートメントとヘアマニキュアを比較解説!

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは普段のリンスの代わりに使用し、徐々に髪の毛に色を付けていくという商品です。

 

天然由来のトリートメント成分や染料から作られているため髪の毛のパサパサを改善しつつ、白髪染めができます。

 

素手で扱うことが出来るほど肌に優しい成分でできているため、髪や頭皮へのダメージはほとんどありません。美容院に行かず毎日の入浴の中で気軽に使うことができる手軽さと、配合成分に安心感があるのがメリットです。

 

しかし、一度の使用だけでは綺麗に染まらないこと、ヘアカラーやヘアマニキュアに比べて使用頻度が高いことがデメリットとされています。

 

 

関連記事:2018年利尻ヘアカラートリートメントの口コミと写真付きレビュー

オススメはヘアカラートリートメント

ヘアマスカラやヘアマニキュアを使って白髪を隠すことももちろん1つの手段ですが、パサパサになってしまった髪の毛にはヘアカラートリートメントの使用がおすすめです。

 

そもそも髪の毛がパサパサするのはヘアカラータイプの白髪染めでキューティクルが開き、そこから水分が逃げてしまっているからでしたよね。言うなれば乾燥状態が続いたせいで髪の毛はパサパサになっているのです。

 

ヘアカラートリートメントには保水効果の高い成分が多く含まれているため、水分不足の髪の毛に潤いを与えてくれます。水分量が整うと自然なハリやツヤを取り戻すことにも繋がるのです。

 

また、利用者の中には「白髪染めを使うたびにパサパサになる」という白髪染めの恐怖から解放されたことを喜ぶ方も沢山いらっしゃいました。髪の毛や頭皮にダメージを与えることなく、白髪染めをしてくれるヘアカラートリートメントはまさに白髪染めの救世主のような存在ですね。

 

関連記事:ヘアカラーによるアレルギーに注意!ある日突然発症する毛染めアレルギーは薬剤が原因?

まとめ

白髪染めで髪の毛がパサパサする原因と、対策法となる商品をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

ヘアカラータイプの白髪染めは化学反応を起こして髪の毛を染めると同時に髪の毛に大打撃を与えます。そんな髪の毛の状態を改善させることは可能でも、完全に元に戻すことはできません。

 

だからこそ、「髪の毛にダメージが少ない白髪染め」を選ぶことが大切です。

 

パサパサな髪の毛の修復も、白髪染めもどちらもしたい!という方は是非ヘアカラートリートメントを活用して、綺麗な髪の毛を取り戻しつつヘアカラーを楽しんで下さい。

 

関連記事:白髪染めトリートメントランキング!全部体験した辛口の口コミ付き
関連記事:【最新版】カラートリートメントランキング!白髪染め比較の口コミ&辛口評価