カラートリートメントで白髪染めしても染まらない!ときの原因と対策

 

初めてカラートリートメントで白髪染めをするのはなんとなく緊張するし、白髪がちゃんと染まるのか?というのが一番気になりますよね。白髪染めトリートメントがうまく染まらない原因ってどんなことがあるのでしょうか?

 

染め残し

 

 

美容院やヘアカラーの白髪染めで頭皮がヒリヒリしたとか、髪が激しく傷んだというような口コミをみると、やっぱりなるべく頭皮や髪を傷めたくないでしょう。

 

白髪染め用カラートリートメントは、一般の薬局で売っているような白髪染めとは使い方が違うので、うまく染まらないからと1回で使うのをやめたり、何度か使ってみても仕上がりに満足できなくて結局は、普通の白髪染め用のヘアカラーを使ってしまう人も結構いますがもったいないです。単純なルールだけ守れば、市販のヘアカラーより簡単で楽に染まるコツがありますから、是非ともチャレンジしてみてくださいね。

 

レフィーネヘッドスパ

<画像をクリックするとレフィーネヘッドスパのHPに飛びます>

 

白髪染め用カラートリートメントで白髪がきちんと染まれば、体に良くない刺激成分が入っている白髪染め用のヘアカラーをわざわざ使う必要もありません。

 

また白髪染めトリートメントはその名の通り、トリートメント効果もあるので継続的に使っていけば、髪が健康になってハリやこしのある髪になれます。体にも髪にもよいものを使いたいと思うのなら白髪染めトリートメントがいいですね。でも使い方次第では希望通りの染め上がりにならないこともあります。

普段からシリコン入りシャンプーを使っていると染まりにくい

シリコン入りのシャンプーを使っていると染まりにくいというのは本当です。

 

頭皮によいアミノ酸シャンプー

シャンプーに配合されているシリコンの目的は、髪の毛の手触りや指通りを良くすることです。シリコン剤が髪のキューティクルを覆うことでサラサラの髪になっているのですが髪の表面をコーティングしてしまうことが、染料を弾いてしまって染まりにくい原因になっています。

 

シャンプー以外でも、いろいろな種類のヘアケア剤を使っているのに、きちんとシャンプーで洗い流せていない場合、髪の表面や頭皮にもいろいろな薬剤が残ってしまい、そのためにカラートリートメントが髪に浸透しにくくなってしまうことがあります。出来ればノンシリコンのアミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。

 

市販のシャンプーで値段が安いものは、洗いあがりがスッキリして気持ちいいかもしれないですが、髪には良くない成分を含むものが多いため注意したほうがいいです。シャンプーは髪や頭皮にやさしいものを使い、しっかりとぬるいお湯で洗い流すほうに専念するほうがいいですよ。

 

女性用無添加頭皮ケアシャンプー

カラートリートメントが染まらないのは染料が少ない!生え際しか塗っていない?

染料たっぷり

白髪染め用カラートリートメントを髪につける時は、たっぷりつけてもOKでむしろそうしたほうがいいでしょう。

 

初めて使う時は、特にたっぷりつけた方がいいですね。つけ過ぎると髪が痛むのではという心配はいりません。

 

また白髪は伸びるとどうしても生え際が目立ってくるので、生え際だけに塗るという人もいますが、白髪染めトリートメントはマニキュアタイプなので毎日の洗髪で徐々に落ちていきます。生え際だけを染めていると他の部分との色のバランスが悪くなってくるので、全体につけるようにしましょう

カラートリートメントの染めおき時間が短かったせいで染まりにくい

 

白髪染めは傷むからとつけた後の置き時間が気になるところですが、白髪染めトリートメントは髪が傷む成分は入っていないので、しっかり置き時間をとっても大丈夫です。

 

ルプルプが染まりやすい染め置き時間

 

初めての時は特に長めに置くことをおすすめします。早染めで10分とか15分とかよく説明にありますが、30分くらいなら全然OKで、テレビを見ながら染め置きしても大丈夫なんですよ。

 

いろいろチェックしていると、染め置き時間は10-20分とどのカラートリートメントのHPでも言っていますが、それほど大きな差はないので、どのカラートリートメント使うにしても「20分の染め置き時間」を目安にしてください。

 

しかし・・最近私がよくやるようになったカラートリートメントが染まりやすい簡単白髪染め方法を紹介します。

カラートリートメントが簡単に染まりやすい小技

 

夕方に帰宅後、とりあえず、家事をする前に生え際の白髪とかにペタペタと先にカラートリートメントの染料を塗ってしまうのです。

カラートリートメントが染まりやすい方法

そして、好きなだけ家事に専念してOK.!!それから、掃除機をかけてもいいし、夕ご飯を作ったり洗い物をしたり、洗濯物畳んでもOKです。そんなことやっていたら、2時間くらい経ってしまいますが、そのままいつもの入浴時間のときにお風呂に入ってカラートリートメントの染料を洗い流してシャンプーしてしまうという方法です。これなら、わざわざ白髪染めの時間をとらなくちゃいけない、という感じでないので、いつでも負担なくできますね。

 

しかもこの白髪染め方法が一番染まりやすくて手軽なんですよ。私は最近新しく出た利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンがお気に入り♪です。白髪がメッシュに染まるのがかなりいい感じに染まります。

カラートリートメントは冬など寒い季節は染まりにくいので温めよう!

白髪染めトリートメントを使う時のまわりの温度も重要です。

 

カラートリートメントが染まりやすい方法

 

お風呂で染めることが多い白髪染めトリートメントですが、塗った後にヘアキャップをかぶると頭部が温まって染料が定着しやすくなります。

 

部屋で使う場合は、室温が20〜30度あった方がいいです。ない場合は、髪に塗ってビニールキャップをかぶって、その上から蒸しタオルを巻くかドライヤーの温風を当てて温めてから毛染め用のアルミキャップを被って30分程度置くとしっかりそまります。初めての時はぜひ実践してほしい方法です。

 

1回目をしっかり染めれば2回目からは置き時間ももう少し短くて済むし、普通のトリートメントと変わらないような使い方で楽に白髪染めができます。

カラートリートメントで染まらない原因と対策記事一覧

なぜ生え際の白髪が染まらないの?私は、5年以上もカラートリートメント(ヘアカラートリートメント)を白髪染めに使って、もうベテランの域ともいえます。おかげで、マニュアルを読まずに染めるのは当然だけど、使い方マニュアルよりも簡単にうまく染められて、生え際もしっかり染まる方法を自分なりに編み出しています♪生え際はもともと染まりにくい性質白髪染めしてもなぜ生え際ばかりうまく染まらないのでしょうか?生え際の...

白髪染めトリートメントはいろんな種類がありますが、選ぶ時のポイントってどんなものがあるのでしょうか。初めてヘアカラートリートメントを使ってみる人にとって、何を重視するべきでしょう?染料の成分が何を使っているのか?チェックしよう色持ちがいいのか?浸透しやすいのか?地肌のケア成分が入っているか?短時間(1回)で染まるか?継続して使いやすそう?返品制度があるかどうか?カラートリートメントは髪の毛の表面を...

「染毛剤」と「染毛料」ってよく似た名前ですが、実はまったく違うものです。2つの製品の違いと、正しい使い分けについて理解して、美容院のカラーリングするときには両者が混ぜあわないように間隔をあけて使うのが大事です。美容院のカラーは染毛剤、カラートリートメントは染毛料・・この違いは?カラートリートメントと合わせて使うと化学反応が起こる危険!前回カラートリートメントで染めてどのくらい経過する?期間空けて美...

白髪染めトリートメントを使ってしっかり染めるには頭部を温めるということが大切です。頭部を温めるのに必要なものシャワーキャップorラップ蒸しタオルドライヤーアルミキャップハケ美容院で白髪染めをすると液を塗ったあとにラップを全体的に被せることが多いですよね。あれもとにかく頭部をより温めるという意味があるのです。カラートリートメントで染めるときも同じ考えで、温かい季節(6-8月くらい)で20度以上常にあ...

ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮にやさしくカラーリングができることでたくさんの人に支持されています。でも苦情がいろいろとあるのも確か。どんな苦情がよく寄せられてるでしょうか?返品は可能なの?そんな疑問も結構多いです。ヘアカラートリートメントの苦情のベスト3 ヘアカラートリートメントでよくある苦情を3つあげるなら、「染まらない」「色持ちが悪い」「コスパが良くない」といったところです。白髪染めなど...

白髪染めトリートメントのパイオニアと言えば利尻ヘアカラートリートメントです。ネット通販やTVCM、新聞広告などで「髪と頭皮にやさしい白髪染め」ということで宣伝されました。この利尻ヘアカラートリートメントがヒットして、次々とトリートメントタイプの白髪染めが発売されましたほどです。でも、この白髪染めトリートメントの苦情やクレームで一番多いのはやっぱり「うまく染まらない」「色持ちが悪い」です。カラートリ...

白髪は女性だけでなく、男性でも職業柄やおしゃれなどで染めたいという人は沢山いますね。男性はホルモンの関係で女性より薄毛になりやすい傾向があるため、手軽に染まる市販のヘアカラーを使うのより、頭皮や髪に優しい白髪染めトリートメントの方が絶対にいいです。⇒夫が男のカラートリートメント白髪染め体験しました!特に男性はハゲていなくても、将来とても薄毛になりやすいので、早めの対策が大事なんです。普通の白髪染め...